スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相撲】高見盛が引退でまた1人相撲の人気者がいなくなった件

高見盛引退

大相撲の元小結で東十両12枚目の人気力士、高見盛(36)=本名加藤精彦、青森県出身、東関部屋=が初場所千秋楽の27日、現役を引退した。

引用元>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20130127-00000048-jij-spo

大相撲初場所、日馬富士が白鵬を倒して全勝優勝をしたこの日、また1人人気力士が引退を決めた。
高見盛は5勝10敗と負け越し幕下への転落が決定。
古傷の右ひざに加え、初場所中は右肩も痛め、腰や首も疲弊していたようだ。

笑いの中の引退会見

高見盛の引退会見は約30分行われた。
日刊スポーツによるとこんな感じだったそうだ。

高見盛「相撲界をもっと盛り上げて、若い力士をガンガン増やしたい」

親方「早く嫁さんをもらって!」

高見盛「それは、なるようにしかならないと思いますが…」

親方「いい嫁がいれば…。(故郷の)青森(出身)はいいよ。都会はダメよ」

高見盛「そういうしばりをするとややこしくなるので…」

親方「グラマーな子がいいよ」

高見盛「とにかく、いろんな所に足を延ばして出て行って、知り合いを増やして。そこからできれば…ということです」

相撲を知らない人でも知っている人気者

高見盛はバラエティ番組などにもたまに出ていて数少ない相撲界での有名人だ。
正直、最近見なくなってしまった相撲だが、知っているのは白鵬と日馬富士の両横綱ぐらいで日本人力士は高見盛ぐらいしか知らない。
逆を言えば日本人力士の次世代のスターが出てきていない証拠で、強いでもいいし、キャラクターでもいいし、相撲をもう1度見直そうと考えるような力士が出てきて欲しいと思っているのは僕だけではないだろう。
高見盛は実力よりキャラクター先行だったが相撲界を支えてきた重要な1人である事は間違いないであろう。
今後は(よくわからんが)部屋付き親方の年寄「振分」という立場になって親方を目指す?のかな?のようなのでぜひとも高見盛2世を輩出して欲しいな。

スポンサーサイト

大相撲よりガチ相撲トーナメントの方が面白そうな件

皆さん。相撲ってご存知ですか??

円形で砂に覆われているドヒョウというとこで、大きな人たちが裸で押し合ったり投げあったりするんですが。
ヨコヅナとかオオゼキとかランクがあって、勝つと少しずつ上にいけるというルールらしいのですが。
たまにインチキとかギャンブルとか暴力とかが絡んでくるらしいのですが、これはどういう事でしょうか??

今日、台風だったので会社が早く終わって家に16時ぐらいに着きました。
テレビをつけると見た事あるようなないような相撲という奴がやっておりました。

人間界ではよくこういう風に言われます。

怒られているうちが華だと。(花田勝氏は関係ありません)

要は怒られているのは期待があるためであり、一番やばいのは関心がなくなった時だと。

現在、秋場所の11日目らしく優勝争い真っ只中なのですが、僕が開いた3つのスポーツニュースで相撲の記事は、

スポニチ 0個
サンスポ 1個
日刊スポーツ 1個

かろうじて1つあってよかったね!という状況なのですが、今現在の勝ち負けを知っている人はどのくらいいるのでしょうか?
白鵬が11連勝で負けなしだという事を知っている人はどのくらいいるのでしょうか?

ちなみに僕も何とか相撲をやっている事は知っていましたが、それは客が入ってないというニュースとなぜかよく見ている「The Japan Times Online」という日本の事を外国人が書いているニュースサイトでよく記事になっているからです。

一言で言うと日本では悪いことしかニュースにならず、日本人より外国人の方が多少興味を持っているという事です。

>>続きを読む

尾上親方に「飲んだら乗るな 乗るなら飲むな」と誰か教えてあげて!

もうなんだか怒りをまず通り越し、呆れを通り越し、笑えてきました。
チョーカッコいいっすよ。ここまでキキカンないのは。
飲まなきゃやってられないんでしょうね。

尾上親方が飲酒運転で捕まっていたそうです。
その捕まった状況がまたすごい。
片道3車線もあるドデカい道路の真ん中で車を止めたまま寝ちゃったんだそうです・・・

そして、「道の真ん中に車が止まっている」と通報されてジ・エンド。
親方の今後と共にいろいろ終わっちゃいました。

ただ、弟子が八百長していたので処分されたばかり。
温情とかで「年寄」に10年据え置き処分となったようです。

日本相撲協会は20日、両国国技館で臨時理事会を開き、酒気帯び運転で警視庁に摘発された尾上親方(元小結浜ノ嶋)に対して年寄据え置き10年の処分を決めた。同時に今後同等の不祥事を起こした場合は部屋を閉鎖されても異存はない旨の誓約書を取り、名古屋場所千秋楽まで謹慎とした。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000032-dal-fight


この処分が重いんだかよくわからないのですが、なんていうかあまりに常識的な内容ですからね・・・

尾上親方の説明がまた面白い。
・酒は飲むつもりはなかった
・若衆らと新橋で飲んだ
・ビール3杯、焼酎の水割りを4杯飲んだ
・3時間ほど休憩したから大丈夫だと思った
・(道路の真ん中にいたのは)信号待ちをしていたら半分寝ていた

いろいろ突っ込みどころ満載ですよ。

>>続きを読む

大相撲の八百長問題は大量解雇で幕引きか

地震の影響ですでにエリカ様や小向美奈子ばりに忘れ去れていた相撲の八百長問題。
日本のこの状況を考えると、正直八百長とかどうでもいいっちゃいいんですけど・・・一応、チェックしてきたので。

ニュースでは「特別調査委員会」が20人以上の力士もしくは親方が関与していたと決定し、解雇以上の処分を下す事になりそうです。
とりあえず、幕内の上の方の人は出ていないみたいですが、20人っていったら結構な数だし、これだけいれば周りも見て見ぬ振りと言ったところでしょうね。
「注意しなかった人も同罪!!」という小学生のいじめ論理もありますが、こればかりは証明が難しそうなので仕方ないか。
これで今後の相撲人気どうこうは置いておくとして、八百長問題単体としては幕引きになりそうです。

ただ、何となく今後も相当揉めそう。
今後、解雇になった力士や親方が発表されるでしょう。そしたら対象の人たちが裁判等を起こしたり、やけくそになって処分されていない力士について暴露したりと始まってドロ試合にでもなりそうな予感。
力士だけじゃなく、普通の人だって「人には知られたくない事」の1つや2つはあるでしょうし、日本の政治家みたいに足の引っ張り合いとかありえ~る。

まあ、どっちにしても「相撲はオワタ」

前にも書いたような気がするのですが、八百長の件については詳しければ詳しい人ほど「何を今さら」「相撲ってそういうもんだろ」という論調が多いのですが、そういう方は今後も応援してあげてください。
見方は人それぞれだし、スポーツじゃなくて伝統芸能として見ればよし。
そういう人は、僕と何時間議論しても意見がまとまりそうにないので、自分の赴くままに応援するなり支援するなりしてください。
別に今回の事件がなくたって、すでに若い人のファンはほとんどいない訳ですし、遅かれ早かれ・・・

キーマンはNHKでしょうか?
もし、NHKが放送をしないような事になった場合は、ファン激減間違いなし。

放送しなければ多くの苦情が入ると思いますが、放送してもきっと苦情は入るので、板ばさみのNHKは不運ですね。
酒飲んで暴力事件起こしたり、弟子を体罰で死なせたり、ドラッグをやってみたり、暴力団と一緒に賭博をやったり、そして八百長。

はっきり言ってNHKに文句を言うのはお門違いで、ここ10年ぐらいの間にこれだけやっていれば自業自得であるのは明白です。
そして、コアな相撲ファンの「何をいまさら」という言葉が示すとおり、マスコミに出ているのはあくまで氷山の一角であり、僕が好きだったあの力士やあの力士やあの力士まで同類だと思うともうガッカリ。

なんか若貴兄弟のお兄ちゃんや曙が親方にならなかった理由が透けて見えますね。
「ちゃんこダイニング若」が経営破たんする前にちゃっかり経営から手を引いていたお兄ちゃんが一番の勝ち組?

大相撲もNFL見たいに法廷で戦えばいいんじゃないの?

携帯電話の解析で1ヶ月以上とかなんだかんだ結構立っていますが、何十人も関与しているか?みたいな憶測しか出てきていない状況です。
そんな中、アメリカのNFLでもちょうど八百長の裁判についてニュースがありました。

20110310.jpg

「ニューイングランドパトリオッツの2007年に起きた「Spygate」スキャンダルに関する訴訟を棄却した決定について再考しない」と最高裁判所は月曜日に話しました。

高等裁判所は、ニューヨークジェッツのファンが起こした最大のライバルの監督である「Bill Belichick」に対する訴訟を検討することを拒否しました。

プリンストンの弁護士である「Carl Mayer」は、ジェッツのシーズンチケットを持っているニュージャージの政治家に対して、法的処置を実施したことで知られている。彼は監督の"ゲーム中のサイン"が映されたビデオテープで観客を騙していたとパトリオッズやBelichickから数百万ドルを求めた。彼の訴えは、ファンが八百長ゲームを見るために多くのお金を使っているという主張です。

その要求内容は「パトリオッズは7年の間、毎年2回行われる対決の際にでジェッツのサインを録画していた」という主張です。そして、1チケット100ドルの大まかな平均に基づいて、ジェッツファンのために3倍の損害賠償を求めました。。マイヤーは、単独でジェッツファンのために損害賠償で1億8500万ドルを求めました。

パトリオッズは、ジャイアンツスタジアムで行われたジェッズの2007年のホーム開幕戦、ニューイングランドが38対14で勝ったゲームにてサインを録画している事を見つけました。

NFLコミッショナー「Roger Goodell」は「Belichick」に50万ドル、チームに25万ドルの罰金と、ドラフトにおける1周目の選択権を剥奪しました。
裁判所の判断は、その訴訟を棄却するというものでした。メイヤーはそれが法律に違反していることを証明できませんでした。



>>続きを読む

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。