スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜ベイスターズが4位に浮上して逆に動揺している件

今年は期待していいのですか?いやまだ早い。

何ですか?この目から出てくる水のようなものは。
次から次から大量に出てきて止まりません。
水のせいで世界が歪んで見えます。
少ししょっぱく、そのしょっぱさがなぜか甘くすら感じます。

夢、希望、期待、愛、恋、幸福・・・

そうか!!!

これは

感動の涙か!!!

これが涙というものか!!!

人は悲しい時だけ涙を流すものではないのだ!!!

涙の数だけ強くなれるのだ!!!

なーみーだの数だけ~強く~な~れーるよーアスファルトに咲くは~な~の~ように。

中国が岡本真夜さんの歌をパクるのもわかるさ。
TOMORROWもいい歌だぜ。

み~るものすべて~におび~えない~で、あしたはくるよ!君のためっに~~!!

来たぜ!明日が!!

横浜ベイスターズ4位浮上!!!

(ってちっさ!!)


わかってるさ、わかってるさ。
首位独走中の巨人ファン辺りから見れば、4位がどうした!下位チームの順位に興味なし!!って感じかもしれません。
ヤクルトや広島から見れば、どうせ一瞬だけだろ、すぐに定位置に戻るよっと思っているかもしれません。

わからんだろうな~この気持ちが。
毎年この時期には早々に最下位独走しているベイスターズが4位に浮上した、この気持ちが。

日本ハムファンの皆さん。
今は苦しいと思いますが、その思いを忘れてはダメですよ。

ベイファンは毎年その苦しさ味わってますから~~!!


というわけで、27日からの最下位直接対決である広島カープとの3連戦。
何が何でも負けられない、これぞ絶対に負けられない戦いがある!!って感じでYahooスポーツの速報とツイッターを駆使して観戦しました。
(スカパーに入っていないもので・・・)

第1戦。
ランドルフ対マエケン(前田健)の投手戦。
ズラリと並んだ0点の文字。

まさに速報で見ていても緊迫した展開で、ツイッター上でも7回ぐらいから緊張で腹が痛くなる人続出。
マエケンをまったく打てそうにないベイ打線ですが、ともかくランちゃんがよかったので1点を取って逃げ切りたい。
そう思っていた8回裏。

ランナー1,2塁のピンチでバッター東出。
速報がパッと更新したら東出3塁打。広島に2点が。

僕のつぶやき。

うわああああああああああああああああ!!!また最下位逆戻り!! #baystars

僕以外にも

おわたあああああああああああ!!!!

ぎゃーーーーーーー!!!


と、叫び声のツイートが連発。
まさに地獄絵図とかした#baystarsの住民の皆様。

そして、9回をピシャリと守護神シュルツに抑えられて終了。
これで単独最下位の定位置へ逆戻り。


第2戦。
万年エース候補こと寺原が先発。
相手は斉藤投手。

寺原はともかくコントロールが悪いらしく、フォアボールを連発。
さらに、完全にモーションを盗まれこの日だけで6盗塁を許すダメダメなピッチング。

ただ、これぞ最下位対決ってことで、まったく抑えている気がしないが気がつけば5回まで0対0。
5回の表に石川が2点タイムリーで横浜先制!!

ただ、点を取った直後に取られちゃいけないという当然の常識をあっさり覆して5回裏に1点献上。

その後も、ベイスターズの攻撃は一瞬で終わり、カープの攻撃はめちゃくちゃ長い。
何度も満塁のピンチを背負いながらも、高宮、江尻、牛田と繋いでいきます。
後、5,6点取られてもおかしくないような場面が毎回続き、またもや#baystars住人で腹が痛くなる人続出。

そして、2回に1回打たれる守護神こと山口登場。
ツイッター上では、「どすこい山口」という呼び名が定着してきており僕のつぶやきも

どすこい!!どすこい!!! #baystars

どすこい!どすこい!!×1000。ほんっとお願いします!! #baystars


#baystars住人の皆様も、どすこい!!!を連発。

ただ、最近すごく安定してきた「どすこい山口」があっさり抑えて勝利!!
広島の14残塁に助けられた形でまたもや同率最下位に並びます。

勝利後のつぶやき。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお勝ったたたたたたあたた!!!! #baystars


第3戦。
この試合は出かけちゃったので携帯で速報を確認するレベルでしたので、ツイッター中継は出来ませんでした。
結果は清水が好投。
打球を食らっちゃって完封こそ逃しましたが、終わってみれば8対0の圧勝。

ただ、6回までは2対0の点差だったので結果ほど安心して見れる展開ではなかったと思います。

そして、僕は

うおー最下位脱出だ!!

と思っていたのですが、朝結果を見たら

ヤクルトまで抜いて4位になっとる!!!

もう、すぐ上しか見る余裕がなくて、ヤクルトがここまで落ちてきていることに気づいていませんでした。

ふふ。でも安心しちゃいけないのです。
ベイファンの心を長年の積み重ねでひねくれてきているのです。
ここで喜ばせておいて、すぐにまた最下位転落だろっという思いが頭の70%を締めているのです。
振られて傷つきたくない最近の草食男子と一緒なのです。
期待して傷つきたくないの。僕は。

正直僕だけひねくれているのかと思いましたが、最近ツイッターで#baystarsで検索しながら見ているとこれは僕だけではないことがわかりました。
負けに慣れたベイファンの諦めの速さとマイナス思考はすごいものです。

第1戦で8回裏に3点取られて、まだ9回の攻撃を残すも#baystars住人の9割はすでに白旗でした。
まったく打てない村田&吉村コンビが打席に立つと「ふーただで相手に1アウトあげたな」と1アウト前提で試合を組み立て始めます。
サナダムシこと真田投手が出てくると、すでに1点は取られる覚悟が出来ているのです。

何よりも勝っていても「どすこい山口」の登場で、ツイッター上に緊張が走るのです。
守護神=抑えるという方程式はベイスターズには通用しません。
最後の最後までハラハラドキドキさせてくれるのです。

ただ、何気に中継ぎ以降が踏ん張っているので、少しずつ安心できるようになってきました。
ともかく日ハムから来た江尻投手に関しては、ものすごい安定感で彼の好投が全体の雰囲気をよくしているのではないかと思います。
それと牛くんこと牛田投手もかなりがんばっている。

先発もランドルフ、清水がいいし、打者ではソフトバンクから来た井出さんやスレッジもいい。
新人の加賀投手もめちゃがんばっている。

って、ほとんど移籍組じゃねーか。

うっちーはそれなりに打っているが、ともかく村田&吉村コンビがまったく打てない。
すでにツイッター上では、デブ&もんちっちと呼ばれ散々な書かれようです。
村田さんが普通に、人並みに打ってくれれば、相当ピッチャー陣が楽になると思うので、ともかくちゃんとボール見て落ち着いてやって欲しい。
クソボールに手を出しすぎだろ。

そんなベイスターズですが、相変わらず不安定ですけど内容は明らかに去年までとは違うので、何だか期待しちゃいます。
もしかしたら、クライマックスしり・・・いや、まだ早い。早すぎる。

まずはヤクルトとの下位直接対決があるので、3連勝・・・いや2勝1敗で乗り切って欲しいです。

スポンサーサイト

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。