スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某サッカー評論家の釣り記事に釣られチャリティーについて考える

最近Numberでも見かけなくなり、おとなしいと思っていましたが、サッカー評論家、サッカーと韓国好きの普通のおじさんS山さんがチャリティーマッチにイチャモンつけるというまた高度な「釣り」作戦を実行しています。

チャリティーマッチをわかってない(キリッ)とか、カズのゴールは完璧な芝居だ(キリッ)とか、カズはスポーツ界No.1の変態だ(キリッ)とか。

アホみたいな内容が踊っているので、それはこちらで確認してもらうとして、イチャモンつけるならば「本当のチャリティーマッチ」とやらをちゃんと説明して欲しかったな。
最後に韓国最高!と自分の売れない本の宣伝をぶち込んで来る辺り、チャリティーマッチなのに選手に採点をつける辺りは、ある意味そのブレない姿勢は尊敬すらしますね。(まあ嘘ですけど)

じゃあ、結局チャリティーマッチって何なんだ?ってところだと思うのですけど、僕なりに考えてみなした。
そもそもチャリティーとはウィキペディアによると

「慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動・行為もしくはそれを行う組織のこと」

なんだか定義が難しいのですが、要は何かしらをして助け合う事を言うのだと思います。
行動面ではボランティア、金銭面では募金などがパッと浮かびますね。

そして、今回の東日本大震災のチャリティーマッチ。
一応、ニュージーランド戦の代わりという事もあり、強化試合になっていますが、本質は東日本大震災のための試合だと思います。

精神的な面(勇気を与える、元気を与える)などは何度も書いていますが、受ける側の取り方次第だし、ここはS山さんと話が合っているのが悲しいのですが、サッカーする側が与えようと思って与えられるものではないと思うので、精神的な面はあくまで付加価値として考えます。

被災地に直接行った小笠原などは例外としても、ボランティアとして被災地に行って何かをしたり、物資を送ったりする訳ではない事を考えると、このチャリティーマッチの最大の目的は「義援金を集める事」なんじゃないかと思います。

>>続きを読む

スポンサーサイト

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。