スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA、ハンドのアンリ処分せず!

FIFAはフランスVSアイルランドで起こったアンリのハンドについて処分しないことを決定したようです。
てか、正直当たり前って言うか、こんなことで個人を処分していたらサッカー選手みんなやってられなくなっちゃいますよね。
よくわからないけど称賛されているマラドーナの神の手ゴールの方がよっぽど故意で悪質ですし、アンリ処分するならマラドーナは追放ですよ。

実際、再試合って可能性はあるかもっと思っていましたが、アンリが直接ゴールを決めたわけじゃないですし、判断は難しいところかもしれません。

それ以上にばっくれる事も可能だったし、認める義務もまったくないのに、アンリは反則を認めていますしえらいですよ。
審判が後から誤審を認めるパターンはありますけど、なかなか本人が認めるのは勇気がいりますよ。

アイルランドではどうかわかりませんが、内容がはっきりしたことで解決も早かったように感じます。
ジダンが頭突した時とか、ベッカムがアルゼンチンのシメオネに蹴りを食らわした時なんかその後が大変でしたからね。

フランスはサルコジ大統領までアイルランド大統領に謝罪しているようで、大統領まで出てきたらなかなかアイルランドも抗議しづらいですわ。
サッカーの試合結果について、大統領が他国に謝罪なんて普通じゃ考えられないですよね。
日本の総理大臣がこういう事を臨機応変に出来るのか?大変疑問です。

ま~映像を見る限りうっかりとはいえ故意にやったのには間違いないでしょうけど、建前上故意にやってないとなっている以上、見逃した審判にも責任があります。

ボクシングなんかが代表ですけど、特に点数制のスポーツは不可解な判定とか偏った判定なんかよくある話だし、審判が全部見切れるわけないので映像を導入するとかの対策が必要なんでしょうか。

日本のJリーグなんか審判のスキル不足が毎回のように指摘されていて、見に行ってもたびたび「おいおい、それはないだろ」って判定もありますよ。
個人的にはフランスはあまり好きじゃないのでロビーキーン率いるアイルランドに出て欲しかったですけど、アンリは好きなので年齢的にも最後かもしれないし、今回の件は忘れてがんばって欲しいと思います。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。