スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩を越える勇気を読みました。

登山家である栗城史多さんの本


一歩を越える勇気

を読みました!!




栗城さんについては以前ご紹介しましたが、ネットを使って動画配信しながら世界7大陸の最高峰「7サミット」にチャレンジしている登山家です。
以前の記事
http://ameblo.jp/hyaku-yamanobori/entry-10426753816.html

僕はアマゾンで購入したのですが、売り切れでして購入してからしばらくたってから送られてきました。
それでちょっとだけ読もうかな~っと思って開いたら、2時間ぐらい掛けて一気に全部読んでしまいました。

実際の遠征について書かれていたり、スポンサー探しについて書かれていたり、登山を始めるまでの人生もあり栗城さんについてこの一冊ですごくよくわかります。
そして、彼の魅力がたっぷり書かれています。

なんて言ったらいいですかね。
ともかく栗城さんはスポーツ選手にありがちな理屈っぽさもないし、すごくシンプルなんですよ。
好きだから山に登る。人生楽しんでチャレンジする!!

誰もがそうしたいと思っていてもいろいろなしがらみや勇気がなくて出来ない事を、ただただシンプルに実行してしまう。
まだ、若いということもあるかもしれませんが、自分のやりたいことに命を掛ける。
すごいことです。
スポンサー探しも飛び込み営業みたいな感じでやっているらしく、アポなしで訪問して企画の素晴らしさを熱くプレゼンする。

それを楽しんでできるところが彼のすごいところでしょうか。
常々思っているのですが、普通の営業マンも自分が営業する商品やサービスに本当に自信を持っていれば、大変な営業活動も自信を持って楽しくできるのかもしれません。
この本で一番印象に残っている言葉は

苦しみにありがとう

栗城さんは登山でつらい時にこのように本気で思うらしいのです。

苦しみを受け入れ、感謝する。「ありがとう」
生きることに感謝し、極限状態に立ち向かうことで普通に生きることの素晴らしさを感じる。

すごいことです。
普通に生きる事は確かに素晴らしい。だけど、やっぱりもっといい生活をしたくなるし、今の自分に悩む人も多いと思います。
経済的に見れば日本は他の国より恵まれていると言われても、「生きている」と思える場面がなければ生きている事の素晴らしさはわかりません。
今の僕は心のそこから、

生きていることに「ありがとう」と言えるだろうか?




苦しみに「ありがとう」と言えるだろうか?

正直、今は言えないかもしれません。
いろいろうまくいかないことばかりだし。
ただ、そう言えるように前向きに生きることが大切なんだと考えさせられました。

ぜひ、登山をやっていない方でも読んでみてください。
素晴らしい本です。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。