スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋尚成はメジャーで通用するのだろうか?

今年も数人メジャーに挑戦する人がいますが、一番注目されているのが巨人の高橋尚成でしょう。
でも、普通に考えると高橋尚成がメジャーで活躍できるのか?って疑問です。

本人の意思なので挑戦ととやかく言う必要もないですけど、せっかく巨人でローテーションまわしてもらっているのにちょっともったいない。
高橋尚成の昨年の成績は

10勝6敗 防御率2.94

防御率はそこまで悪くないけど、圧倒的な強さで優勝した巨人にいて10勝は物足りない。
それ以前の成績は

2008年 8勝5敗 防御率4.13
2007年 14勝4敗 防御率2.75


2007年の14勝は結構すごいですが、この年の成績が1999年に入団してから一番いい成績です。
2006年以前は1度10勝を上げたのみで、他はすべて一桁勝利で防御率も決してほめられた数字ではありません。

こうやって成績だけ見てみると、昨年上原、黒田、川上、松坂など日本一流ピッチャーでも全然勝てなかったのに、日本で二桁やっとのピッチャーがメジャー挑戦は無謀だと言われても仕方ないですよね。
日本でそこそこしか活躍できなくてメジャーに行って、いい意味で予想を裏切って活躍できているのは斎藤隆と岡島だけだと思います。
斎藤は横浜でエースでしたけど、年を取ってからはあまり活躍できなくて、メジャーにいったら復活しました。
岡島は巨人、日本ハムの抑えとしてかなり活躍してましたが、さすがにメジャーで通用するとは誰も思わなかった。

逆に井川とか薮田とか小林など、若干日本の活躍が怪しい面々はほとんどメジャーで通用しませんでした。
やっぱり、メジャーで活躍するには日本でもちゃんと数字としての成績を残せる選手じゃないとつらいってのがわかります。

ただ、高橋尚成には複数の球団が接触しているようでそこまで評価は低くないのかな?
ある球団は中継ぎならば・・・と言っているようですが、僕も中継ぎならばもしかしたら活躍できるんじゃないかと思っています。

高橋尚成は球速はないけど、コントロールはいい。
緩い球と速い球を使い分けていくタイプです。
これってメジャーに今いる日本人で考えると岡島が一番近いような気がしていて、岡島はストレートとチェンジアップで勝負していますが、高橋尚成は岡島のチェンジアップに近いシンカーを投げられるのであの球は武器になりそうです。
岡島よりも球速はないけど、コントロールはあるってタイプなので、1~2回ならばしっかり抑えられるのではないでしょうか?
逆に9回投げると考えると、丁寧に抑えても一発に沈むって事になりそうで、力のある球が投げられない分打者はすぐに慣れてしまいそうです。

ただ、本人はちょっと勘違いしているようですが先発じゃないと嫌みたいです。
自分の成績をちゃんと見てから言いなさい。
別に高橋尚成は嫌いじゃないのですが、巨人というチームにいるからか、自分の力量を2倍ぐらいに見ている気がしてなりません。

そして、絶対にダメだと思うのがヤクルトの五十嵐。
こっちは高橋尚成なんかより全然活躍できていなくて、ヤクルトファンの友達と神宮球場に見に行っても、五十嵐が出てくるとファンですら「やばい」って思うようなレベル。

五十嵐といえば150kmを超える速球が武器ですけど、コントロールがめちゃくちゃ悪い。
メジャーで活躍するにはコントロールは絶対だと思っていて、球速だけ見たらそこらへんのピッチャーだって150kmぐらいならば簡単に出しちゃう世界ですから。
たぶん本人は速球で挑戦したいと思っていると思いますが、ただ速いだけではね・・・
メジャー挑戦するって話が出てから音沙汰がないのですが、欲しいと言ってくれる球団ははてあるのだろうか?
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。