スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテに移籍した今岡選手が活躍できるか勝手に心配してみる

今岡さん!!よかったね!!!


つ~わけで、人殴って晴れ晴れしながら引退する人がいれば、何が何でも現役にこだわる人もいます。
元阪神でロッテの入団テストを受けていた今岡選手がロッテに入団することになりました。

日本テレビだかフジテレビだかTBSだかの「クビを宣告された男達」で大物ゲストとして飛び入り出演されたわけですが、これでとりあえずもう1度出演可能となりました。
僕なんかのイメージだとすごく打っていた記憶があって、ここ最近聞かなくなっていたので怪我でもしてたのかな?って思っていました。
そんで、阪神ファンの友達と飲んでいた時に「今岡は怪我でもしてるの?」って聞いたら、「ただ、だめなだけ」と一蹴です。

せっかくロッテに入団した今岡選手ですが、ちゃんと活躍できるのでしょうか?

実際、成績を見ていると2001年~2005年ぐらいまでの成績はすごくて、首位打者1回、打点王1回と阪神優勝にも貢献しています。
それからちょっとした怪我はあったようですが、確かにガクンと成績が上がらなくなっており、出場機会も減っています。
球団からするとこういうタイプは一番困る。

選手会長までやった阪神一筋の男をあまり無下に扱えないし、高額年俸もネック。
35歳という微妙な年齢で、自分から身を引いてくれればいいんだけど、本人はやる気満々。
移籍に出したくてもとってくれる球団はいない。

何より問題なのは守備がヘタって事なんですよね。
ショート、セカンド、サードって感じで基本内野手なんですが、外国人選手ならまだしも内野手で守備がヘタってのは致命的ですよね。
さらに足も遅いらしいです。
う~ん、こう見るとまったくいいところがないっていうか・・・

パリーグにはDHがあるので、守備がヘタでも生きてはいけます。
ただ、当たり前ですがDHなんだから1.5倍ぐらい打たなきゃいけないわけですよ。
阪神時代の最後の方なんかだと、2割にすらいけない打率だったようで10回打席に立って2回ヒットが打てないって事でして。

なんで首位打者取った人がここまで打てなくなっちゃうのかは本人のみぞ知るわけですが、その原因がちゃんとわかっていればいいんですけどね。
巨人にいる大道なんかが今岡に取ってはとってもいいお手本だと思いますよ。
代打要員で長打は打てないけど、バットを短く持って、超超超大事な場面でも必ず内野の間を抜いていく。
当初去年で戦力外だったはずなのに、あれだけ活躍されては巨人もクビに出来なくて来年の契約を逆転で掴み取ったわけですから。

守れなくても、走れなくても、ここぞという勝負強さを持って欲しい。
っというか、持っていたはず。
今岡選手の生きる道はともかく打つしかないので、それだけに集中して活躍して欲しいですね。
そうじゃないと、また今年の年末にテレビ出演することになっちゃいますよ。


どうしたイムチャンヨン!!

今日もいい日になったね~


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。