スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田大毅、王座返上か?そうなのか~

おいおいおいおいおい!!!そりゃねーよ。


というわけで、先ほど衝撃のニュースがデイリースポーツから発信されました。
なんと、先日WBA世界フライ級チャンピオンになった亀田大毅がフライ級の王者を返上する可能性が出てきました。
記事によると試合後の体調不良で倒れ、原因は厳しい減量の影響らしい。
今後、Sフライ級へ変更して2階級制覇にチャレンジするかもだそうです。

7キロの減量をして、試合中も腹痛を訴えた。
試合後のインタビューからの記憶がなく、記憶も途切れ途切れだったという。
結局、病院には行かず体調は回復したそうで。

誰もが突っ込みたいところを代表して突っ込まさせて頂きます。

あんた、熱唱してる場合かよ!!!

よく熱唱場面は見ていないのですが、自分でピアノだかキーボードだか引いてませんでした?
何が「みんなへ」だ、ふざけろ!!
それに、YouTubeで確認しましたが、試合後に体調が悪そうにはまったく見えませんが。
世界戦戦ってるだから体調が悪くなるのなんて当たり前だろ。
結局、病院にも行ってないのに、ただ減量がきついだけだろ。

ふ~俺、落ち着け。
まぁ、ルール違反ではないので階級を変えるのは自由です。
ただ、兄貴もそうでしたがベルト取ったらすぐに返上。
なんかこう、チャンピオンの重みというか、ベルトの重みというか。
デンカオーセンにも失礼ですよね。

長谷川のように同じ階級で何度も防衛する人もいます。
今の階級でチャンピオンとして最強であることをまず証明すべき。
デンカオーセンをとやかく言うつもりもないですけど、あのクリンチチャンピオンに勝って1番と言えるのか?

やっと少しまともなボクシングが出来るようになったなって思ってたのに、やっぱり亀田家は変わりませんね。
そもそも、デンカオーセンと戦うはずだったのは坂田選手だって話もあるじゃないですか。
デンカオーセンは坂田選手へ対戦を打診して契約寸前までいっていたのに、よくわからない理由で承認見送りされたそうで。
強引に亀田家はデンカオーセンへの再挑戦を決めました。

当たり前ですが、その流れで言えば坂田選手が亀田大毅と戦うのが筋。
なのに、その筋すら通さず王者返上ですか?
坂田選手をなめきっているとしか思えませんね。

現在のWBA世界Sフライ級は名城信男選手らしいので、もし本当に階級を上げるならぜひボコボコにして欲しいと切に願います。
日本全国が名城選手の味方です!!

どう見ても、全然元気だろ!!



☆最新のスポーツ情報はブログランキングへ☆


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。