スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバーオリンピック開幕直前スペシャル!

日の丸飛行隊、出陣!!


って事で、ついに12日にバンクーバーオリンピックが開催されます。
トリノオリンピックでは、あの荒川静香さんの逆転金メダル1つというちょっと寂しい結果でしたのでバンクーバーではぜひ

ジャパニーズ、ゴールドラッシュや~~!!!

と騒げるような結果を期待したいと思います。
いや~テンション上がりますね!!オリンピック万歳!!

実際に今回のオリンピックでは元々期待できるフィギアスケートや女子モーグル、男女スピードスケート、ジャンプなどの他にも復活したノルディック複合、マリリン率いるカーリング、佐々木・皆川のアルペンコンビなど注目競技が満載です。
もちろん残りの競技も注目ですよ!
出来ることなら全部見たいのですが、開催地はカナダバンクーバー。
競技の開始時間を見ると・・・、大体朝の3時ぐらいから次の日の昼にかけて・・・
なかなか厳しい時間帯です(涙)
サラリーマンの僕はコソコソ速報を見るしかないのか~

ともかく効率的にテレビ観戦するために、まずは日程を予習しようと思います。
とりあえず、12日から14日の週末に行われる競技と時間です。

第1日目(12日)

【日本時間 翌11:00~翌14:00】 開会式
【日本時間 翌03:00~】 ジャンプ ノーマルヒル予選

第2日目(13日)

【日本時間 翌02:45~】ジャンプ ノーマルヒル決勝
【日本時間 翌04:45~】アルペン 男子滑降
【日本時間 翌05:00~】スピードスケート 男子5000m
【日本時間 翌06:00~】バイアスロン 女子スプリント7.5km
【日本時間 翌09:30~】フリースタイル 女子モーグル予選
【日本時間 翌10:00~】リュージュ 男子1人乗り前半
【日本時間 翌10:00~】ショートトラック 男子1500m予選
【日本時間 翌10:45~】ショートトラック 女子500m予選
【日本時間 翌11:24~】ショートトラック 男子1500m準決勝
【日本時間 翌11:49~】ショートトラック 女子3000mリレー予選
【日本時間 翌12:23~】ショートトラック 男子1500m決勝
【日本時間 翌12:30~】フリースタイル 女子モーグル決勝

第3日目(14日)

【日本時間 翌03:00~】アルペン 女子複合(滑降/回転)
【日本時間 翌03:00~】ノルディック複合 ノーマルヒル前半
【日本時間 翌04:15~】バイアスロン 男子スプリント10km
【日本時間 翌06:00~】スピードスケート 女子3000m
【日本時間 翌06:00~】リュージュ 男子1人乗り後半
【日本時間 翌06:45~】ノルディック複合 ノーマルヒル後半
【日本時間 翌07:30~】フリースタイル 男子モーグル予選
【日本時間 翌09:30~】フィギュア ペア
【日本時間 翌10:30~】フリースタイル 男子モーグル決勝


開会式は長そうなのでちょろっと見れればいいかな~って感じですが、まずは日の丸飛行隊ことジャンプノーマルヒルからスタートです。
岡部、葛西のベテランコンビニ加えて、若い伊藤大貴に期待が掛かります。
これはいきなりメダルか?って思ったのですが、個人では最近の成績を見る限りメダルはなかなか厳しそうです。

日本は平均的に強いので、団体戦では結果を残していますが、個人戦ではなかなかトップ10入りするのは大変なのでしょうか?
とは言っても、幾度となく不利なルール改正がされてきましたが、それでもトップ争いに入っていたツワモノ達ですから、奇跡の大ジャンプが期待できるでしょう!!

そして2日目には、メダルに限りなく近い上村愛子の登場です。
これまでオリンピックでは長野7位、リレハンメル6位、トリノ5位と成績を残せずにいますが、2007年~2008年シーズンではワールドカップの総合優勝するという快挙。
今年に入ってからは優勝はなくて不安視されていますが、本番がよければ問題なし!!
あの長野での可愛らしい笑顔だった高校生も今では30歳。
アルペンスキーの皆川選手と結婚し、ダブルメダルを目指します。
はっきり言って、メダル獲得って言うより、メダルの色は何色?って思っていますよ。

さらに忘れちゃいけないのが里谷多英。
いろいろあって苦労しましたが、長野金メダル、リレハンメル銅メダルの意地を見せます。
上村愛子のワールドカップ総合優勝を決めた報告を聞いて、引退会見をキャンセルして現役続行。
かつての日本チームコーチで、現在のカナダのコーチは「里谷多英が60%の力を出せれば金メダルもある」というほどの才能。
あの時のように一発逆転して、これまでの苦労を吹っ飛ばして欲しいと思います。

常に高みを目指す上村愛子に対して、才能は溢れているが精神力が弱い里谷多英。
この2人がいいライバルであり、お互いに足りない部分を持っているため学びあう。
2人が揃ってメダルの可能性だってあるわけで、両方とも期待大ですよ!!

3日目注目は復活したノルディック複合(個人)。
荻原兄が日本の旗を振りながらゴールしたあの金メダルは忘れられません。
「日本人のジャンプが飛びすぎる」というわけのわからん理由で何度も日本不利のルール改正がされたこの競技ですが、2009年のチェコで行われた世界選手権で日本チームが久々の金メダルを獲得して復活の狼煙を上げました。

日本舐めんなよ!!

まずは個人戦からですが期待十分です!!

その他、ショートトラックとかいろいろ競技があるのですが、勉強不足でよく状況を知りません。
もしかしたら、メダルを獲得できる競技があるかもしれませんので要注意。
メダル、メダルと書きましたが、メダルが取れなくても選手のがんばりを見るだけでも十分価値があると思います。
4年に1度のお祭りなので、選手は真剣勝負ですが、我々応援側も真剣に応援しましょう。

がんばれ!!日本!!(バレーボールの時のジャニーズ風)

2009年ノルディック複合 日本7大会ぶりの金メダル!!

なんとタイム差なしの大激戦!!





関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。