スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回東京マラソンの応援に行くの巻

東京マラソンを忘れちゃいないかい?


てことで、日本全国いや世界がバンクーバーオリンピックに熱狂する中、ひっそりと第4回東京マラソンが明日開催されます。



スポーツをひたすら語りつくすブログ


いや、注目度低くね?


ただ、心配はしていません。
毎年、当日まではたいした盛り上がりを見せない東京マラソンですが、当日になるとバンバンテレビ中継されるため
あっ、今日だったのか?
と、突然思い出す視聴者が増え、なんだかんだで大成功!!と丸く収まるのです。


ちなみにえらそうに東京マラソンについて書いていますが、もちろん走りません!!(笑)
僕のように興味本位で応募する奴がいるため、東京マラソンはスポーツイベントにも関わらず、某アイドルのコンサートチケットを入手するより、はたまたおみくじで大吉を出すよりも出走資格を得るのは難しい。
一般の部は完全抽選制であるため、実力や性別や年齢はまったく関係ありません。
なのに、よくわからん芸能人やらアナウンサーやらは出れちゃうので、まじめに取り組んでいるランナーはやってられんでしょう。


今年の東京マラソンの倍率は

合計 311,441人(前年比+19%)
マラソン 8.5倍(申込272,134人/定員32,000人)
10㎞ 13.1倍(申込39,307人/定員3,000人)


よーく見てくださいよ。マラソンも10kmも桁が1つ違いますから。
定員3万人のところ27万人も応募があるわけですよ!!
ちなみに僕は42kmも走れないので、10kmに応募しておりますが、定員3000人じゃこりゃ無理だ。


人の集まるところにビジネスがありという事で、出走権が超高額でヤフオクに出る始末。
ちゃんと言っておきますが、人の変更は出来ませんので、要は当たった人として走るってことです。
記録も自分の名前では残りませんし、何より何かあった時に大変なので購入するのはやめましょうね。


年々、応募者も増えているのですが、東京のど真ん中を走れるので気持ちはわかります。
銀座の中央通りや浅草、レインボーブリッジなどはこの日じゃないと堂々と走ることは不可能でしょう。
ちなみにコースは。


都庁前スタート→四谷→飯田橋→皇居→日比谷交差点→品川折り返し→日比谷交差点→銀座四丁目交差点


→日本橋交差点→駒形橋西詰→浅草寺雷門前→吾妻橋西詰→駒形橋西詰→日本橋交差点


→銀座四丁目交差点→築地→豊洲→東雲一丁目→東京ビッグサイトゴール


10kmの場合だと日比谷までしかいかないそうなので、楽しいスポットは通らないんだよな~
でも、42kmも無理だしな・・・と当たってもいないのに想像するだけで楽しいわけです。


ただ、某テレビ局ではアナウンサーを走らせて、内輪で勝手に感動を演出。
東京マラソンは途中棄権の人がとても少ないレースな上、みんな同じ距離走ってるんだから別に完走したぐらいで感動せんわ。
他にも多くの芸能人が走ることで、いろんな雑誌では「スポーツイベントをバラエティ化するな!!」とまっとうな指摘も巻き起こっています。
注目を集めるには手っ取り早い方法ですけど、やり方が露骨過ぎて・・・


昨年に至っては、バウバウでお馴染みってもうお馴染みじゃないですけど、松村邦洋(41)が意識不明になって死にそうになるという体を張りすぎの事故が勃発。
出川でもここまではできんだろ。


デブタレントを走らせてお涙頂戴のはずが、シャレにならないことになりました。
せめて、走らせるならなかやまきんに君とかワッキーとか、「これで君もパーフェクトボディ」ケインコスギとかにして欲しい。
あっ、これじゃタレント走らせる意味ないか。お前ら跳び箱飛んでろ!!


まぁ、テレビ局も必死ということで、これも1つの祭りとして考えましょう。
某東京都知事の脂ぎった顔で、「成功は俺のおかげだ」とばかりにデヘデヘしているのはちょっとイラつきますが、僕も東京都民なので成功してくれるに越したことはないですね。
成功したら住民税下げろや!!


ランナーが3万人走る裏では、ボランティアの数も1万人といわれております。
ボランティアの人かわかりませんが、僕の家の近くの大通りでは仮設トイレを設置するなど準備が始まっていました。
毎年応援に行こうと思っているのですが、鬼のように寒かったり、雨が降っていたり、めんどくさかったりで行っていません。
てか、いつも天気悪いイメージだな。今年も雨っぽいし。


ただ、今年は可能な限り行くつもりです。
あまり詳しく言うと家がばれるのでいえませんが、少し歩けばすぐにコースなのでスタートをテレビで見てから急いでコースを見に行く計画。


おっと、ちょうどいい。
サッカーの日韓戦でもらった日本国旗を振りまわそう。



スポーツをひたすら語りつくすブログ


コース脇でミニ国旗を振りまわしている人がテレビに映ったら、そっと見守ってやってください。


東京マラソンを走る幸運なランナーの皆さん、全力でがんばってくださいね!!


☆最新のスポーツ情報はブログランキングへ☆
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。