スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新天地で活躍する選手達&背番号2と共に!!

藤本のインタビューが泣けた・・・

今日はJリーグの残り試合が行われました。
僕が応援している柏レイソルや同じ千葉県のジェフ千葉。
J2初登場のギラヴァンツ北九州、ゴン中山が移籍したコンサドーレ札幌、経営難に陥っている大分トリニータなどJ2も注目名カードが満載です。

J1
神戸2-0京都
大宮3-0C大阪

J2
柏2-1大分
岐阜2-1富山
鳥栖1-1札幌

熊本1-1千葉
横浜FC2-0北九州
愛媛0-1岡山

まずは我がレイソル。
昨年一緒に降格し、経営難になっている大分と初戦。

フランサ2ゴールで勝利です!!

大分トリニータとは一緒に降格したので勝手に親近感が沸いていて、複雑な心境だったのですがとりあえずよかった。

ブンデスリーガアシスト王のフランサや、代表候補に入ったこともある菅野。
韓国代表にも入っていたパクドンヒョク、ペルーリーグMVPの澤、未来の日本代表大津など。
明らかにJ2では反則メンバーのレイソルですが、J2での戦いの厳しさは経験済みなので気を引き締めて!!

同じくメンバーがほとんど移籍しなかったジェフ千葉ですが、熊本にロスタイムで痛恨の引き分けですね。
相手のロアッソ熊本にはレイソルにいた南がいますのでなんかうれしいです。
こうやってブログを書くことで少しずつJ2を覚えて行こうと思います。

J1では神戸と京都戦でこちらも去年までレイソルにいたポポが2ゴール。

え~と。お前レイソルにいる時に決めろや!!

韓国リーグ得点王って話だったから期待してたのによ~

そして、J1のもう1試合は大宮アルディージャVSセレッソ大阪。
ちょうどBSでやっていたので見ました。
この試合を振り返りましょう。

会場は大宮のホームであるNACK5スタジアム。
僕が昨年レイソル降格を目の前でみたスタジアムなので、なかなか複雑な心境です・・・
微妙に雨が降る中、試合は3対0で大宮の圧勝でした。

おっ、こんな選手がいつの間にかにこんなところに!!

と思うような選手が両チームにいて、かなりの実力者が新しいチームでの活躍に掛けていました。
J1に復帰したセレッソ大阪には移籍が大きく報道された播戸がいるのは知っていましたが、いつの間にかに茂庭がいてびっくり。
FC東京では出番が減っていたのかな?

さらにサブには家長も。でも、サブなんだな~いい選手だと思うんだけど。

セレッソ大阪といえばJ1でも優勝争いしたことあるチームですが、J1復帰は4年ぶりということで強い思いを感じます。
新加入のアドリアーノはインテルナシオナルやバスコダガマと言った僕でも知っているようなブラジルの強豪チームから移籍してきました。

そのアドリアーノをトップにして、J2でも大爆発した香川と乾が左右に開く強力な3トップ。
どんな攻撃を見られるのかと思っていましたが、まったく合っておらず・・・

特にアドリアーノが。

アドリアーノはわかりやすくイライラしており、ほとんど決定的なシーンは作れず。
セレッソ大阪は結構上位に予想したのですが、しばらく時間が掛かりそうな雰囲気ですね。

ただ、今日はJ1の思い以上に大宮の思いが勝っていましたね。
大宮にとってこの試合はただの開幕戦ではなく、背番号2に対する強い思いがありました。
背番号2とは先日「右大腿骨骨肉腫」という骨に出来るガンを発表した塚本泰史選手の背番号です。
塚本選手は27日に会見を開き、自分が病気にかかっている事を告白しました。
治療には人工骨に置き換えなければならず、医者からは現役復帰は無理だと言われています。

そんな塚本選手が手術前に来れる最後の試合とのことで、サポーター席には背番号2のユニフォームが掲げられ、「共に戦おう」と大きく書かれています。
試合前には試合に出ない選手が塚本選手への募金活動をしてバックアップ。
サポーターの掲げるフラッグにも「アイツのためにも勝ち点3」などの文字もあり、塚本選手の前で気持ちを見せて勝ち点3を取らなければいけない試合でした。
塚本選手は試合前にロッカー前で全員とハグをして送り出したそうです。

2点目のゴール後は、背番号2にかけて集まってVサイン。
3点目の後は、決めたラファエルが背番号2のユニフォームに一直線で駆け寄ります。

それにしてもやっぱり大宮は外国人のラファエルが強力で、身長も高いのに足元がとてもうまく、ポストプレーからすストライカーまで万能選手ですね。
さらにこれまたいつの間にかに移籍していた、川崎にいた村上和弘が左サイドから怒涛の上がりを何度も見せると、右サイドの杉山新もこれまた上がりまくり。
村上が上げたクロスを逆サイドから走りこんできた杉山がシュートを打つなんて場面もありました。

大宮の方が運動量や攻撃性でセレッソを圧倒し、結果3点差の快勝です。
う~ん。これは万年降格争いのレッテルはそろそろなくなるかもな~
試合後のインタビューでは、ミスター大宮になりつつある藤本がインタビューアーに塚本選手への思いを聞かれ

いつも2番と一緒なんでね(涙)

と涙を流しながら話していたのに胸がグッときました。
塚本選手も試合後にはグラウンドに下りてきて、一緒にサポーターへ笑顔で挨拶をします。
笑顔が見れて本当によかった。

もちろん医者に言われたって、現役復帰をあきらめたわけではないでしょうから、手術&リハビリをがんばって今度は降格争いじゃなくて、レイソルと優勝争いで戦いましょう。

最後に、セレッソの播戸も元気に半そでで出場し、元気な姿が見れたのでぜひレギュラーでがんばって欲しいな~


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。