スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代にサムライが出現か?ハラキリ発言で開星高校が大揺れ。

もう野球をやめたい。死にたい。腹を切りたい。

おいおい。どうでもいいけど落ち込みすぎだろ。
選抜高校野球で開星高校が大炎上しております。

事の発端は、開星高校(島根県)VS向陽高校(和歌山県)との一戦。
中国王者の開星高校に対して、21世紀枠での出場である向陽高校との対戦。
実力では上回る開星高校の方が間違いなくあるのでしょうが、実力通りの結果にならないのがスポーツ。

開星の白根投手から結果的に3安打しか出来なかった向陽打線ですが、まさにワンチャンスを生かして2点を奪取。
向陽の藤田投手は開星打線を1点に封じて、2対1で向陽高校の勝利。
まさに弱者が強者を食っちゃう典型的パターンとなりました。

そして、問題はこの後の開星高校監督である野々村直通監督のインタビュー。
インタビュアーの問いにもしばらく口を開くことが出来なかった野々村監督ですが、沈黙した後の発言がこれです。

もう野球をやめたい。
死にたい。
腹を切りたい。
こんな試合にしかならないのは監督の力が足りないということ。


21世紀枠に負けたのは末代までの恥。
全国に恥をかいた。
こんな恥をかくことは二度としたくない。


      ∧,,,∧
     (・ω・` ) スマンカッタ・・・
     / y/ ヽ
 ━(m)二フ⊂[_ノ
     (ノノノ l l l )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


勝負に負けて腹を切るなんてお前はサムライか!!という突っ込みはさておき、やっぱり後半の発言はまずいよね。
自分が野球やめようが、死のうが、腹を切ろうが知ったこっちゃないって言うか、死にもしないだろうし、腹も切らないんだと思いますけど、相手チームである向陽高校をここまで侮辱する事はスポーツに関わる人間や先生という立場以前の問題というか・・・

確かにいろいろな期待を裏切った事や、中国王者としてのプライド、試合直後の興奮状態が思わず口に出ちゃったのだと思いますが、テレビの前で言っちゃったら取り返しはつきません。
いろんな思いがあるのでしょうが、口に出していい事と悪い事があります。
21世紀枠に・・・ってのはどうも本心っぽいですし、そういう気持ちがある時こそ番狂わせってのは起きるんですよね。
まぁ、選手が同じ思いだったとは思えませんけど。

それに、20対0ぐらいで負けたのなら恥かいたってのもわかるんですが、2対1ですからね。
白根投手は3安打しか打たれていないわけで、よく言う「負けて強し」。
夏の甲子園もあるわけで、選手はがんばって欲しい。
(ここまで話が大きくなると監督の続投は難しいかな・・・)

これだけで済めばよかったのですが、開星高校ではサッカー部の顧問が盗撮疑惑で逮捕。
って、どんだけタイミング悪いんだ!!
こうなってくると野球部、サッカー部の部員だけじゃなく、全校生徒が不幸ですね。

建造物侵入容疑で逮捕されたのは河合宣和容疑者。
女子トイレでカメラが見つかっており、本人は女子トイレに入ったのは事実だがカメラを設置するためではないと否認。
でも、そのカメラには角度を調節している姿がばっちり映っていたとか。

同じ男として思うのですが、本当にこういう事する気持ちはわからない。
どっかいかれているのは間違いないので普通の考えで判断するのは難しいですが、こんなリスキーな事をよく出来ますよね。
見つかれば解雇は間違いないし、変態野郎として一生過ごしていかないといけないわけです。
誰でもわかるそういう事実を制御できずに、カメラをそれも自分の職場に設置するってもう異常者過ぎて理解不能です。
とりあえず、こいつに先に腹切ってもらいましょう。



      ∧__∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∩゜Д゜)< 迷わず逝けよ、逝けばわかるさ!
□………(つ  |  \___________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.   いのきの電話 |
                |

学校関係者は今大変なことになっているのは容易に推測できますが、責任のまったくない他の生徒さんに影響が出ないといいんですけどね。
(無理でしょうけど)

お~ちょっと調べたらテニスの王子様こと錦織圭は開星高校出身なのか。
愛ちゃんとはうまくいっているのかな?

野々村監督は本日、本部へ行って謝罪。
インタビューでは

興奮して負けた現実を受けとめられなかった。
悔しくて情けなくて、ああいう発言になったが、向陽の戦いぶりには敬意を表しております。
可能性があればもう一度頑張ってみたい。


と涙ながらに語ったそうです。
サッカー部の顧問が最悪過ぎて、こちらがまだましに見えちゃうのが怖いですが、現実的にはこのまま継続していくのは厳しいでしょうね。

もし、ちゃんと生徒側との関係が出来ていて、生徒が辞めさせないで欲しいというような意見が出るならば僕は続けてもいいと思いますけど。
ただ、「恥かいた」とか「野球やめたい」まで言われた生徒がそう思うのかは疑問です。

とりあえず、ここは経過を見守りましょう。
それと向陽高校の次からの試合を応援しましょう。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。