スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーリング世界選手権で予選敗退!残念!!

カーリングの火を消してはいけない!!

4年に1度だけ急激に人気の出るカーリング。
何せ見にいこうにも北の地でしかやらないわけで、生での観戦は難しい。
1試合の時間も長く、1日に2試合やることも多いため、テレビ中継には向かないスポーツです。

だって、カーリングチャンネルでも作らないと1日のかなりの時間をカーリング中継だけに費やさないと無理ですから。
そんな中、BSNHKでダイジェスト版ながら今やっている世界選手権の放送を結構流してくれているので4試合ほど見ました。

見た試合は全敗。何度もコンシード(途中で負けを認めること)している姿を見ました。
勝った試合を見れないのは当たり前で、現在の時点で1勝7敗で予選敗退決定。
初戦のラトビア戦に7-4で勝った以降、7連敗中です。


  ∧ ∧
 (  ̄ー ̄)
 (    )
 | | |
 (__)_)


バンクーバーオリンピックでも奇跡の逆転勝ちをした3戦目のロシア戦ぐらいまでは接戦を繰り広げていたのですが、その後は完敗続き。
実際にオリンピックと比較してみると、オリンピックが出来すぎていたのか?今が悪すぎるのか?

オリンピックでも結果的には9位に沈みましたが、それぞれの試合内容は悪くなく、
「もう少し力をつければ十分世界のトップと戦えるぐらいの実力はあるんだな~」って思った覚えがあります。

ただ、この世界選手権で見た数試合はその思いが吹き飛ぶような内容でした。
ともかくミスが多い。
オリンピックでもミスはありましたが、こんなに多くはなかったよな。
ストーンが当たらないでそのまま通過しちゃって3点献上とか、自分達でガードのために置いたストーンを自分達ではじいちゃったり。
真ん中に置いて1点をちゃんと取らないといけない場面で、そのまま円を出ちゃったり。

今回は男子の代表の方が解説をやっていたのですが、この方が「こうしたいですね~」という発言通りにストーンを全然置けない。
それにプラスしてそのミスを相手チームは見逃さず正確に投げてくるので、まさに自滅といった感じで負けてしまいます。

当初のメンバーはオリンピックと同じで、石崎さん、マリリン、おーみやちゃん、目黒さんの順番。
ただ、目黒さんの調子がいま一つっていうかいま三つぐらい。
最後のスローが決まらず失点する場面が多かったので、僕も調子がよさそうだったマリリンが最後になったらどうかな~なんて素人ながらに思っていました。

3連敗したスコットランド戦は7エンドでコンシード。11-2の大敗。
この試合の目黒さんのショットの正確率?は40%台しかなく、その日の2試合目のスウェーデン戦に日本は動きます。
オリンピックでも流れを変えた山浦さんが入り、おーみやちゃん、山浦さん、目黒さん、マリリンの順に。
ただ、こうなると不思議なもんでマリリンのショット率が下がってきちゃうんですよね。

やっぱり最後の人には大きなプレッシャーと正確性が求められるので難しいポジションなんですね。
オリンピックでの目黒さんはすごかったと今になって思います。
多少試合の内容改善されたものの、強豪を撃破するまでには至らず、歯車がかみ合うことはありませんでした。

現在BSでやっているカナダ戦では、再度メンバーチェンジ。

石崎さん、おーみやちゃん、マリリン、目黒さんで挑みますが、早いエンドで差がつく完敗。

7連敗して予選敗退が決定しました。

まだ、試合は全部終わっていないので逆に開き直ってがんばって欲しい。

どうも今回は技術がどうこうって言うより、気持ちの問題に見えました。
4年間オリンピックを目標にやってきて、それが終わった直後の試合。
あれからまだ1ヶ月も経っていない中で、ずっと高いモチベーションを保つのはいくら一流選手でも難しいですよね。
WBC優勝の後に、シリーズで結果が出ない野球選手がわんさか出たのと似ている。

他の国はオリンピックと丸ごと違うチームが出場していたり、メンバーが変わっていたりしている国もちらほら見受けられましたが、日本のカーリング事情を考えれば簡単に他のチームを出したり、新しいメンバーを入れるのは難しそう。
4人のチームワークが異常に重要なスポーツなので、気軽にちょろっとお休みしますわ~なんてわけにもいかないだろうし。
確かチーム青森のライバルだったと思うチーム長野を出すってのはありかもしれませんけど。

まぁ、結果的には振るわなかったですけど、マリリンに萌えるもよし、おーみやちゃんのブログを見るのもよし、他国の美人選手を見るもよし。
ロシアチームには2人も美人がいて、「う~ん、どっちでもいいな~」と勝手な妄想をするもよし。(体験談)

やっぱり見ていて楽しかったし、ミスできない緊張感とか、細かい戦術とか見所はたくさんありますね。
他のスポーツにはない、試合中の生の声がマイクで拾われているところもいいですね。

あと少ししたら、また世間はカーリングを忘れ去ること間違いなしですが、僕はカーリングの火を消さないように選手のブログをストーカーのようにチェックしたり、カーリング協会のホームページを徘徊したりで情報収集に励むつもりです。
そして、ソチオリンピックでまた盛り上がってきた時には「あ~あの2011年の世界選手権の時は・・・」とかウンチクをかまして、ミーハーファンじゃないことを必死にアピールしようと思います!!

ちなみに突然ウンチクです!!

おーみちゃんはハーフタイム中にバナナを毎回食べている!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。