スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜VSヤクルト戦を見に行ってきました!!

ある意味、ハラハラドキドキの試合でした!!

というわけで、4月に入り新社会人が新しい道を進み、学生さんは受験勉強を戦い抜いて新しい学校に入学し、まさに人生の第一歩の時期。
土曜日にはスッカと晴れて、桜満開。
近くの新宿御苑には花見の人で溢れかえって、やっと春を迎えた今日この頃。
僕も新生横浜ベイスターズの様子を見に、神宮へ横浜VSヤクルトを見に行ってきました!!

神宮球場はドームではないので、ポカポカ陽気の中、ビール片手にお花見気分で野球観戦のはずが、

激さみ~~!!!

どんより曇った空に、時よりポツポツと桜の代わりに雨が降ってくる。
やっぱりドームの方がいいわ!!とかビールじゃなくて熱燗よこせ!!とかいうような寒さ。
まさにベイスターズの試合を想像するかのような、忍耐力と折れない気持ちだけが鍛えられるある意味選手とともに別のところでファンも戦っていた試合でした。

スポーツ観戦ってこんなに辛いものだったっけ?

僕はかれこれ横浜ファン歴20年ぐらいになるでしょうか。
野球少年だった僕は、親父がON世代と言う事で当たり前のように巨人ファンって言うか、親父はナベツネ率いる某新聞社に勤めていたのでより巨人ファンであり、洗脳という名の教育で巨人を応援させられました。
なので別に今でも巨人が嫌いなわけではないのですが、子供心に「これでいいのか?」「逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!」と反骨精神で兄貴と相談。
やっぱり弱いチームを応援しようと言う事になり、当時弱かった大洋ホエールズ(現ベイスターズ)を僕が、ヤクルトを兄貴が応援するようになりました。

なのにヤクルトは古田を筆頭に池山、広澤などを最強時代を築き、いつの間にやらあっち側へ。
ただ、横浜も一瞬だけ瞬間沸騰し、投手陣は盛田(その後脳腫瘍に掛かるも復活)、大魔神佐々木(現インチキ解説者)の勝利の方程式を谷繁(現中日)が巧みにリードし、7回まで勝っていたら間違いなく勝てるという神話を作り、横浜駅には「ハマの大魔神社」が出現し、大魔神の他にヒゲ魔人まで登場。
打線は有名なマシンガン打線で、石井(現広島)や駒田(満塁男)、ローズ(現知らない)などの活躍で、5点差までなら何とかなる、またもや9回大逆転と見ていて楽しくなるようなゲームばかりでした。

そして、大矢監督を引き継いだ権藤監督の下で38年ぶりに優勝。
どこにいたんだとばかりににわか横浜ファンが増え、いちいち「僕は大洋時代からファンだからね!」と説明しなければいけないような嬉しい悲鳴を上げたものです。

そして、佐々木は大リーグへ渡り、谷繁が中日に行くとともに一気にチーム力は低下し、巨人のクルーン、元中日のウッズなど横浜を踏み台にしていく輩のおかげで外国人も固定せず。
横浜戦で勝ち星を増やしたい投手や横浜で取りこぼせないといったある意味逆プレッシャーまでかけられる、ここ十数年では見当たらないぐらいの1弱時代を作り上げています。

「強い時だけ応援するなんて真のファンじゃない!」と言われれば返す言葉もないのですが、さすがにこうも弱いと野球自体から段々と疎遠になり、速報を見るどころか今日の試合が勝ったか負けたかも確認しなくなっていきます。
そうすると選手もよく知らなくなってきて、昨年全部で5試合ぐらい野球の試合を見に行った中で横浜戦も2~3試合は見たと思うのですが、知らない選手ばかりという状態に。
負けるという事に慣れてくるのは怖いもので、別に1勝したって何も変わらないと無関心になってきます。

スポーツというものはやっぱり「期待、希望」がなければ応援するモチベーションが出てきません。
どんな小さな目標でもいいからそれがあれば何とかなりますが、野球で言えばせめてクライマックスシリーズ出場の可能性が最低限の目標ではないでしょうか?
オールスター前に3位に入る可能性すら消滅していれば、どこに期待をこめればいいのでしょう。

サッカー協会!期待がなくなると無関心になるんだぞ!!

これが一番怖いことなんだぞ!!


と、ま~グチグチ言っているわけですが、横浜ベイスターズのファンになったのは自己責任ですし、今年はリセットして応援しようと思っています。
そんで試合に戻りますが、現在ヤクルトは絶好調。
チームが強いときは接戦に強いですね。
横浜はこの3連戦で2戦とも1点差試合で競り負けています。

初戦はいつになったら開花するのか未完の大器こと寺原のめずらしい好投もあったのに1点も取れずに1対0の完封負け。
2戦目は速報見たら8対8だったので「後は抑えががんばれば!」と思っていたら、まだ3回だったという大乱打戦の末、お約束の守護神山口がサヨナラ逆転ホームランでヒット22本打ちながら負け。
それにしてもこのブログでは守護神山口を「2回に1回打たれる男」って呼んでいるのですが、「3回に2回打たれる男」になってきました。

ただ、接戦まで持ち込んでいるのは間違いなく、不調のカープさんのおかげで何とか5位を死守していますが、順位ほど内容は悪くないのです。
とりあえず、3連敗はまずいという事で僕も気合を入れて、ワンセグで競馬中継を挟んだり、柏レイソルの結果を携帯で必死に確認しながら、熱い声援を送りました。

まず、神宮球場についてビックリしたのが、ガラガラだったこと。
マイナーな2球団の試合とは言え、首都圏同士の戦いだし、日曜のデーゲームでここまで空いているのか・・・と唖然。
応援団は少ないのをカバーするように1点に集中し、僕らは2席を悠々と1人で使って観戦です。
3割ぐらいしか埋まっていないバックネット裏に向かって、試合前に笑顔で応援するチアの女の子達が可哀想でした。

携帯電話で応募すると500名に試合後球場に入れる権利をもらえる誰でもわかるクイズがあったのですが、まじでこれなら当たるよ。倍率低すぎだから。
逆に人がいなさ過ぎて風の通りがよく、異様に寒いという短所もありましたが、そんなこんなで試合開始です。

横浜のピッチャーは加賀君。(って知らん。)
ヤクルトのピッチャーは村中投手。

てっきり、清水が投げるのかと思っていたのでテンションダウン。

後から知ったのですが、加賀君は新人らしい。
ただ、意外にも加賀君が好投します。
毎回ランナーを出すもののノラリクラリとガイエルの一発のみの1点で切り抜ける。

しかし、もっとよかったのがヤクルトの村中投手。
フォアボールが少しあったので完璧って感じではなかったですが、気づけば6回2アウトまで無安打ピッチング。
結果的に痛かった内川へのフォアボール。
村田にこの日初ヒットとなる2塁打を打たれ同点。
そんで、打率2割ちょっとしかないスレッジにタイムリーヒットで逆転。

結果的にこの2失点が響いて村中投手は、不運な負け投手になってしまうのですが、敵ながらアッパレな内容でしたよ!!
それにしても不運だ・・・

どうでもいいけど、スレッジの評価が友達の中ですごくいいんですが、全然打たないんですけど。。。
もちろん昨年のクライマックスシリーズでの大逆転ホームランは知っていますが、打率2割ちょっとのホームランが巨人戦のサヨナラ1本だけ。
いいところで打っているからあまり目立たないんですが、5番打者なんだからもう少し打ってもらわないと困ります。

そして、ここからは何度となくヤクルトにチャンスが訪れます。
せっかく横浜が5分ぐらいの省エネ攻撃をしてくれているのに、ヤクルトの攻撃が異様に長くて試合時間が延びる延びる。
他会場のゲームは全部終わっているのに、2対1の神宮が一番終わるの遅い。

ともかく横浜のピッチャーが勝手にフォアボールでピンチを背負います。
合計8四球。
満塁のチャンスも4~5回。
ただ、なぜかピンチになると急に好投し始めるわけで、最初からやれや!!という気持ちで一杯です。

そして、最後は3回に2回打たれる男こと守護神山口登場。
守護神と言えばセリーグでもイムチャンヨン、岩瀬、藤川、クルーンと、普通はもう終わった雰囲気になるはずなのに、なぜか僕が一番緊張。
まさに昔巨人の守護神をやっていた石毛を思い出します。

さすがの山口さん。
絶好調の青木には確実にヒットを打たれ、いつも通りノーアウトでランナーを出します。
続くデントナには球場全体が「終わった~」と思わせるポールギリギリの大ファールを打たれたものの2試合連続のサヨナラホームランだけは回避。
しかし、なんだかんだできっちりと満塁のピンチまでもっていきます。

クリーンアップの山を越えたこともあるのですが、ここから突然気迫のピッチングでドキドキハラハラながら2人を抑えて何とか勝ちました。
え~と勝つのってこんなに大変だったっけ?

この日、横浜が放った安打はたった3本。
ヤクルトは9安打8四死球ながら16残塁で、ヘタすりゃ10対2ぐらいでもおかしくないようなゲームを取りました。
正直、勝った気がまったくしなかったのですが、結果がすべてと言う事で前向きに捉えようと思います。

まぁ~その前のゲームをプレゼントしたみたいなものなので、1勝ぐらい貰ってもいいでしょう。

そして、この試合で最もよかったのは日本ハムから来た江尻投手がめちゃくちゃよかったところです。
突然のトレードで涙ながらに日本ハムを出てきたようですが、さっそく8回に登場。
「横浜なんかでごめんなさい」という気持ちも僕の中にありつつも、明らかに格の違う投球でした。
サイドスローから投げる力強い速球に、切れのある変化球。
サイドスローにしたのは2009年からなんですね。

実績はあるものの怪我で苦しんだ苦労人のようですが、僕の友達の評価もすごい高いので期待しています!!
あっさり3人で討ち取った後は、横浜ベンチでみんなに祝福されていたのを見て、ホッとしました。

本人もブログで横浜での初登板を喜んでくれているので、ファンとしてもすごく嬉しいです。
http://ameblo.jp/ejiri-shintaro/entry-10500084725.html

1試合しか見ていませんが、

守護神江尻にするべき!!!

もうぐっさんでは僕のハートが持ちません!!

なんだかんだで勝利という新しい必殺技と新しい守護神という希望を身につけたベイスターズを今年は追っかけようと思います。

球場の外を試合中にフラフラ歩く燕太郎を発見!!

スポーツをひたすら語りつくすブログ


☆最新のスポーツ情報はブログランキングへ☆
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。