スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダースロー論(渡辺俊介)を読みました!!

アンダースロー論 (光文社新書)アンダースロー論 (光文社新書)
(2006/09/15)
渡辺 俊介

商品詳細を見る


現在、千葉ロッテで活躍している渡辺俊介投手の本を読みました。
この本は2006年に発売された本で、ちょうど第1回WBCで活躍した直後に出された本なので僕も興味津々でした。
日本にもほとんどいないアンダースロー投手の秘密が詳細に書かれています。

そもそも渡辺俊介は今でこそ千葉ロッテの先発投手として活躍していますが、そこにたどり着くまでは相当の苦労があったようです。
大学時代ぐらいまでは本人も書いていますが

運動能力がない、バネがない、足も遅い

さらにピッチャーとしても

ボールは遅い、コントロールは悪い、変化球は曲がらない

とまったくいい選手ではなかったそうです。
大学時代までですよ?
そこまでやってダメなら普通は、諦めて他の職業につきますよね。

渡辺俊介が他の人と違うこと、長所と言えるポイントは

アンダースローであること

これだけです。
お父さんに薦めれられて変更したらしいのですが、本人もオーバースローだったらプロにはなれなかったと語っています。
さらにプロに入ってもアンダースローながら速球派を目指したがまったくダメで、ともかく野球選手でいるためだけに遅いボールを使うようになったとか。

今でこそ芸術的なスローボールですが、苦難の末に身についた球なんですね。

そういう経験もあってか、ともかく頭をものすごく使っています。
あえて大きく変化球を曲げないとか、フォームを調節するのは当たり前かも知れませんが、プレート版の位置から、本当に些細なことまで注意を払って投げているようです。

アンダースロー投手ってバッターから見れば少ないから攻略しにくそうですけど、逆に渡辺俊介から見るとオーバースローのピッチャーでのデータはあまり役にたたないらしいのでデータがなくて困るってのは、なるほどな~って思いました。

最近、成績が振るっていませんが、ともかくこの本を見ると逆に考えすぎなんじゃないか?って思っちゃいます。
里崎も「考えすぎる癖がある」と言っています。
ともかくストイック過ぎて、慎重になり過ぎているのでは?とさえ思わせるぐらいのストイックさです。

それは普段の生活からそうですが、先発3日前からは指の感覚がおかしくなるからゲームはしない、目が疲れると困るからテレビもほとんど見ない。
さらに、もちろん酒は飲まない。外に出ると飲みたくなるから外にも出ない。
なんだそうです。
ともかく、3日間は練習以外は家に引きこもっているようで・・・

野球選手ってもっと毎日六本木を飲み歩いているようなイメージがありますが、渡辺俊介だけで言えばまったく正反対の生活ですよね。
自分の感覚ってのはすごく大事だと思いますが、あまりにストイックで
「いや、私生活ぐらい適当に過ごす瞬間があってもいいんじゃない?」
ってぐらいですよ。

いや~プロで生きていくってのはこういう事なんですね。
ともかく相手も渡辺俊介が結果を出すようになるにつれて、分析されるようになってきて、結果が出ないという流れになっているようにも見えますので、ぜひその上を行って結果を出して欲しいですね。

本としてはすごく楽しかったです。
あっさり読めましたし、アンダースローの方には特にお薦めです!(ってどんだけいるんだ?)

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。