スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐美貴史に日本サッカーの未来を見た気がした件!!

日本サッカーを救ってくれ~

昨日から?ACLの決勝トーナメントが行われ、BSを見たらガンバ大阪VS城南一和(韓国)がやっていたのでテレビ観戦しました。
4チーム出場していた日本勢ですが、川崎フロンターレとサンフレッチェ広島は予選敗退で、決勝トーナメントに残ったのはガンバ大阪と鹿島アントラーズのみ。

少し前にはベスト8に日本チームが3チームぐらい残っていて、準々決勝とか準決勝で日本チームが当たっちゃうなんて贅沢な悩みを抱えた時もあります。
ただ、年々他国のクラブチームも力をつけてきて、日本勢が予選を突破するのも厳しくなってきています。
(単純に日本の力が落ちたのかもしれませんが・・・)

ガンバ大阪も予選リーグは2位で通過。
ルール上、1位で突破したチームがホームで行えるため、ガンバは城南一和のホームである韓国での試合となりました。

アウェーで城南一和かよ・・・厳しいな~

韓国のチームなんてほとんど知らないわけですが、城南一和(そんなむいるは)と前回優勝の浦項スティーラースだけは知っています。
城南一和は韓国では鹿島アントラーズみたいなポジションってイメージです。

試合は0対3でガンバ大阪の負け。
後半途中までは0対0だったのですが、後半29分に明神がPKを献上し、そのPKから一気に守備が崩れ3点を取られてしまいました。
明神はファール直後も猛抗議、試合後は西野監督も含めて審判への不満を漏らしました。

うーん。まー審判の判定が全体的に城南一和よりだったことは認めます。
ただ、明神のPKは冷静に見て、PKを取られなくてもいいし取られてもいいようなプレーでした。
ボールに行っているようには見えますが、敵より後から入っているのも事実。
このプレーだけで言えばPKでも仕方ないというのが僕の見解です。

それより何より、審判が城南一和よりだったのは明白だったわけですし、アウェーでやっているわけだから、こういう判定があると思ってプレーする必要がありましたね。
韓国チームなんですからなおさら・・・
それが嫌なら1位で通過しなければいけなかったってところに繋がっちゃいます。

ただ、試合全体で見ればガンバらしい攻撃的なサッカーは出来たのではないでしょうか?
アウェーだと守備から入るとか、しっかり守るだとかが定石であるような気がしますが、そんなの関係ねー!!って感じでいつも通りの攻撃サッカー。
前半の途中からは城南一和に押されていたのにも関わらず、後半開始からFW平井を投入するとこら辺はさすがは西野監督!って思いました。

結果的には決めるところ決めないとこうなっちゃうんだよな~といったところ。
試合開始早々にあった、宇佐美とルーカスの2つ決定的な場面を決め切れなかったのが痛かった。。。
後半にも平井がキーパーと1対1の場面もありました。
特に宇佐美のはほぼゴールに合わせるだけのヘッドでしたからね。

全体的な内容は不満の残るものだったかもしれませんが、今のガンバの状態を考えるといたしかたない。
悔しいけど負けは負けです。

でも、宇佐美にはすごく可能性を感じました。
負けたら終わりのこの試合で先発出場すると言う事は、西野監督も実力を認めているということ。
リーグ戦でも点を決めるようになってきましたし、何かやっと日本サッカーの希望の光を見た気がします。

宇佐美はまだ18歳。
U-13日本代表の一員として世界大会でブラジルやらフランスやらを倒しまくって優勝し、この世代はプラチナ世代と呼ばれるようになりました。
U-17ワールドカップでは期待されながらも予選3連敗で、宇佐美もあまり活躍できませんでしたがプラチナ世代の中心選手であることは間違いありません。

身長も178cmとそれなりある上にスピードもあり、FWでもMFでも出来る技術、何よりこの試合でも見せたゴールへの執念は目を見張ります。
年代別代表の経験も豊富ですし、今回のACLなどの厳しい戦いも経験し、間違いなく将来の日本代表を背負って立つ男でしょう。

そしてこちらも間違いなく将来の日本代表を背負って立つ男、鹿島アントラーズの大迫勇也と強力FWになる日は近いような気がします
ブラジルW杯はこの2人に掛かっている。

まだまだ日本も捨てたもんじゃないさ~

僕の中ではブラジルW杯の前線だけは決定しています。
こんな感じ。

    大迫

大津 本田 宇佐美

名づけて、

本田さんを囲むフレッシュマンフェア!!!

(by 洋服の青山!!意味はありません)

水沼宏太も入れたいのですが、無理やりレイソルの大津を押します!!(笑)
誰?っていう方は、後1年半待ってください!!

問題はDFの育成ですね。
U-17ワールドカップではDF,GKが崩壊したのが3連敗の原因ですし、中澤&トゥーリオの下がいない。
困ったな。。。

と、まー僕が困っても何の影響力もないわけですので、妄想はここまでにして宇佐美の活躍に期待しましょう。
今日は鹿島アントラーズがACLの決勝トーナメント1回戦を戦っていますので、もう1人のフレッシュマンフェア?の大迫に注目して見ております!!

<追記>
今、鹿島アントラーズが浦項スティーラースに0対1で負けて、日本勢はACL全滅(涙)
両チームとも韓国チームに負けるという屈辱的な結果です。
アントラーズは見たことないぐらいにひどくて、あれでは勝てない。
パスミス、シュートの精度、クロスの精度、ディフェンス。
なぜ、あんなに普段どおり出来ないんだろうな~
昨年の経験がまったく生きない悔しい結果となってしまいました。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。