スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオ判定導入は来年からにして欲しかった横浜VSロッテ戦。

ビデオ判定のバカヤローーー!!!

昨日行われた横浜ベイスターズVSロッテマリーンズ。
ロッテ戦という事で、千葉テレビにて中継をやっていたのでテレビ観戦しました。
(なぜかtorneで見ると東京なのに千葉テレビが入った)

試合はシーソーゲームで、ロッテが先制したが横浜が逆転し、またロッテが追いつくという展開。
ロッテ先発の唐川がピッチャーゴロを受けて2回で降板した事で、ロッテは早々と次のピッチャーを出さなければいけなくなってバタバタします。

ベイスターズの先発はメジャー帰りの大家。
大家はそんなに悪くはないものの、チョコチョコ点を取られてリードを守りきれず3対3の同点に追いつかれた5回表にお役ごめん。
ただ、5回裏に村田の犠牲フライで4対3になったので、このまま勝てば大家に勝ち投手の権利が舞い込んできました。

そして、問題は6回表。
ベイスターズのピッチャーはなぜか真田。
巨人から移籍してきてから中継ぎでフル稼働し、豪快に打たれまくる姿には感動すら覚えます。
ツイッター上のベイファンからは「サナダ虫」と呼ばれ、打たれても「真田だから仕方ない」と違う意味での信頼を勝ち得ています。

まー僕から見ると昨日は真田が悪い言うより、ロッテが1位にいるのがわかるような回でした。
真田のきわどいボールはことごとく見極められて、自らカウントを悪くしヒットを打たれたり、四球を出したりと無言のプレッシャーを掛けられていました。
あれだけしっかりボールを見られると投げるところなくなるよ。
ロッテ打線が好調な理由がわかりました。

予定通り?満塁となり、代打は福浦。
何球目だかは忘れましたが、確か追い込んだ後、真田はキャッチャーのサインに2度クビを振ります。

おっ?これは何か秘策があるのか?

とベイファンが思った後に投げた球は、クソみたいなフォーク。
見事に打者の上からど真ん中に入ってくる、「打ってください!」と言わんばかりの球でした。
てか、あれフォークなんか?

福浦がバットに乗せたような打ち方で完璧に捉えた打球は、ライトポール際のスタンドに・・・
満塁ホームランと確信した福浦が走ろうとすると、1塁塁審がファールの判定!!

あぶねーーー!!!!!!

ガクッとする福浦。グローブを叩いて笑顔を見せた真田。
ただ、ロッテの西村監督はすぐに飛び出し抗議します。
飛距離は十分でしたが、テレビの角度だとよくわかりませんでしたね~

ここで今年から導入されていたビデオ判定になりました。

うービデオ判定なんかなければファールなのに・・・

結構、長い時間やってましたね~5分ぐらいでしょうか。
解説の方も「ファールっぽいですかね?」と言ったり、ツイッター上でも現地の方からは

ポール際で実際に見ていますがファールでしたよ。

完全にファールだよ。寒いから早くしろ!


などのツイートがあったので、僕もファールなんだな!なんて思っていたら、なんと判定は

ファール取り消しで満塁ホームラン!!!

予想外の判定に僕も唖然・・・

まじかーーー!!!!

おわたーーーー!!!!

いや、ファールと満塁ホームランじゃ天と地ですから!!!

ちなみにウィキペディアによると、ビデオ判定で判定が覆ったのは2回?

ヤクルトのガイエルの二塁打がホームランに変更。
中日の和田のホームランがファールへ変更。

阪神の金本も「ホームラン→二塁打に訂正→ビデオ判定でホームラン」ってのがあったようですね。

ファールがホームランになったのは初めじゃないですか?おまけに満塁ホームラン。
こんな劇的な場面をやる方じゃなくて、やられる方になるのがいかにもベイスターズらしい。

試合後に福浦は以下のようにコメント。

「絶対に入っていると思っていたし、ファウルと言われてガクッときた。ビデオ判定があって良かったです。頼むぞって気持ちで待っていたし、本当に良かった。あれがファウルになるのとではえらい違いですから」

あんたの言うとおり、えらい違いだったわ!!!

あんたのバッティング最高だったわ!!!

やっとリードした場面で、5分近く待たされた挙句にファールを満塁ホームランにされたベイスターズは、この後堰(せき)を切ったようにフルボッコになり、結局14対6の大敗。
出てくるピッチャーがことごとく打たれて、ロッテの強さを感じると共に昨年までのベイスターズに戻ってしまったようでした。

まあね。
あれがファールでも真田があの回を0点に抑えられたとは思っていませんけどね・・・
それにしても、今後に響く負け方でした。

ビデオ判定ですが、公平性を保つためにはすごくいい動きだと思います。
ただ、やられた方とすると「判定したビデオ見せろや!!」って気持ちになりました(汗)
ビデオ判定で使われたビデオは流さないことになっているらしく、僕らは見れません。

いちいち見せてられないってのもわかりますが、見せて欲しかったな~っといった感想です。

競馬なんかだとパトロールビデオってのがあって、進路を妨害したりして審議になると、審議結果に関わらず必ずその時のビデオを流すんですよね。
それでみんな「あーあれは邪魔したな~」とか「降着は厳しいな~」なんて言い合います。

こんな感じでその時のビデオを見せてくれるとすごく納得できるんですけどね~

(まー独り言です)

たぶん、このビデオ技術もどんどん進化して、数センチとかのきわどい判定もファンに見せられるぐらいはっきりとした画像で判断できるようになるんじゃないか?と思っています。
ちなみにNumberWebでもビデオ判定についてアンケートが取られており、支持が67.9%と高い支持率を得ていますし、今回は悔しいですがビデオ判定導入自体は僕も支持します。

http://number.bunshun.jp/articles/-/21984

それにしてもロッテは強かった。
もともとの選手の能力も高いのに、井口とキムテギュンの加入は大きいですね!!
やってみて、首位争いをしている理由がはっきりとわかりました。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。