スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1モナコGP。みんながルール知らないってどういうこと?

なんだかしっちゃかめっちゃかでしたね。

昨日行われたF1モナコGP。
モナコGPは伝統のあるレースであり、モナコGPで勝つことは年間王者に匹敵するぐらいの称号です。
唯一、公道(普通の道)を走るサーキットであり、道がとても狭いことから抜きづらいコースとなっています。

モナコGPの話題はレース前もレース後もシューマッハ。
モナコをたくさん勝つ人をモナコマイスターと呼ぶのですが、今年復帰したシューマッハは現在モナコGP5勝。
セナが6勝で最多ですが、それに次ぐ勝利数でまさにモナコマイスターの称号を得ています。
マシンや本人の調子も戻ってきており、得意とするコースでセナに並べるのか?とレース前から話題になりました。

予選トップはウェバー(レッドブル)。2番手はクビサ(ルノー)。
アロンソ(フェラーリ)は予選を走れずピットからのスタートです。

まさに波乱のレースがスタートしました。

1週目にトンネルの出口でいきなりヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)がクラッシュし、さっそくのセーフティーカーが入ります。
これはチャンスとピットスタートのアロンソはすぐにピットに戻りタイヤ交換をすることで、交換義務を消化。
さらにバトン(マクラーレン)が突然白煙を上げてストップ(オーマイガー!!)

7周目からレースが再開し、ウェバーがめちゃくちゃ快調で2位に上がっていたベッテル(レッドブル)との差をドンドン広げます。
注目のシューマッハは前にいるバリチェロ(ウィリアムズ)に塞がれて、タイムを伸ばせず。
後方ではアロンソが抜きまくっています。

20周前後で次々にピットイン。
同時にピットインしたシューマッハとバリチェロですが、シューマッハの方がピット時間が短く前に出ます。
十分に2位との差を広げていたウェバーはピットに入ったものの、トップのまま戻ります。

30周目前後で、この日まったく映らなかった小林可夢偉(ザウバー)がストップ(オーマイガー!!)
テレビでストップシーンすら映してもらうことも出来ずに、解説陣もなんで止まったかわからず混乱してました。

さらに32周目にバリチェロがクラッシュ。
本日、2回目のセーフティーカー。

独走状態だったウェバーの差がなくなったことで、またおもしろくなります。
34周目に再開しましたが、やっぱりウェバーは早くまた差を広げていきます。
そして、アロンソがちゃっかり6位に。

43周目に理由不明でまたセーフティーカーが入ります。
クラッシュした車はなく、テレビでも理由が判明しないため「珍しいですね~」を連発。
(今日確認した理由では、排水設備のフタが緩んだとか)

46周目に再開。
ここからしばらくはあまり動きもなく終盤に入っていきます。

そして、残り4周となった問題の74周目。
別にポイント圏内でもないし、どうでもいい順位にいたトゥルーリ(ロータス)とチャンドック(ヒスパニア・レーシング)が派手にクラッシュ。
抜きに行く必要あった?というみんなの疑問はさておき、本日4回目のセーフティーカー。

かなり派手にやったので、なかなか撤去が出来ずにこのままゴールする流れになりました。
ただ、最終ラップでセーフティーカーはいなくなり、2010年からはセーフティカーラインからオーバーテイクが許可されているため、残りほんの数十メートルの間は抜ける区間が出来てセーフティーカーがいなくなったら全車マックススピードでゴールに突っ込みました。

解説の片山右京さんも「最後で抜いてくる車がいるかもしれないから気を抜いちゃだめですよ~」なんて解説していたのですが、何とそれをやったのは7番手にいたシューマッハ。
レースが再開したのと同時に前にいたアロンソに猛然と襲い掛かり抜いちゃいました(汗)

解説陣も苦笑。
きたないって言うか、ポイントへの執念というか・・・
この日はウェバー優勝を見届けて僕も寝ました。

ただね。今日ニュース見たら衝撃の事実が!!

シューマッハ!

レギュレーション違反で12位へ順位ダウン!!


え~~!!!!

反則だったの?あれは?



どうも、2010年からはセーフティカーラインからオーバーテイクが許可されているのですが、レースフィニッシュ時についてはオーバーテイクをしてはならないルールらしい。
シューマッハは、スポーティング・レギュレーションの40条13項違反で20秒のペナルティにより6位から12位へ。
メルセデスGPは納得いかずに控訴です。

何がすごいって、誰もこのルールを知らなかったのがすごい。
メルセデスのロスブラウンがコメントしているように、セーフティーカーが抜けた後に全部の車がトップスピードになった事が誰も知らなかった事を表しています。
抜いちゃいけないなら、ゆっくりゴールまで行けばいいわけでして。

さらに片山右京さんを含めた解説陣も明確に抜いてもいいようなコメントをしていました。
(いや、君達知らないのまずいだろ・・・)

誰もそこに着目した人はおらず、要はルールを知らずに全員がやっていたって事ですよね?
シューマッハが抜いたり、12位に下がったりしたことより、そっちの方がすごいわ!!!

F1のレギュレーションは毎年のように変わるし、細かそうなので確かにすべてを把握するのは大変かもしれません。
だけど、スポーツをやる上でルールを知っているのは大前提ですよね・・・
シューマッハですら知らないとは。
知らなかったっていうか解釈の違いか?

どちらにしても

チームもドライバーもフジテレビも片山右京さんもマッチも

一度全員ルールを見直し!!!


毎年レギュレーション変え過ぎなんだよな。
あんなにコロコロ変わるスポーツって他にないですよね。

いろんな意味でビックリしたモナコGPでした!!

それにしてもザウバーはいけてないですね。。。
デラロサはピットでエンジン掛からずで終了ですし、小林可夢偉もギアボックストラブル。
こういう荒れたレースこそ我慢して完走できればポイントにも近づけるのにな~

        ∧∧
      ⊂(゚д゚ )つ
     ∩ノ ∩ノ
      ヽ,,ω,ノ
      ノ
  ドキャッ   ∧ ∧
    ☆  (・ω・ )二二二/    
  ____  /⌒O__ ヽ-==||_  三=
 (;;;((=二==(;;;◎)--(;;;◎) キキーッ

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。