スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋尚成さんが初先発で大活躍した件!!

なんかウダウダ言ってすんませんでした!!

今年からニューヨークメッツに移籍した高橋尚成が、今日ヤンキース戦に初先発しました!!
僕もメジャー挑戦を表明していて、獲ってくれる球団がいない時期にメジャーで通用するのか?と考察しています。

以前の記事
http://netfanfan.blog73.fc2.com/blog-entry-107.html

その時の結論は、

中継ぎなら大丈夫だが先発は無理だ!!


正直、日本にいてそれも巨人に在籍しながら、そこまで勝ち星を上げられない高橋尚成がメジャーで勝てるとは思っていませんでした。
礼儀として、最初に声を大にして言っておきます!!

尚成兄さん、すいませんでした!!!

メジャー挑戦した際は「先発じゃないと嫌だ!」と予想外の強気コメントをしたおかげか、メジャー契約してくれるチームはおらず、マイナー契約という形でメッツに入団しました。
開幕メジャーも危ぶまれる中、オープン戦で結果を残し、1年目からメジャーでのスタート。
ただ、希望していた先発投手とまではいかずに中継ぎで登板していました。

昨日までの成績は
15試合 3勝1敗 防御率3.12

予想以上の素晴らしい成績です。
メッツの投手事情があるにせよ、首脳陣にはすごく高い評価を受けており、普段から2回~3回当たり前のロングリリーフ当たり前の大車輪で登板しております。
この1敗もメジャー初登板の試合でして、それ以外に黒星はついていません。

一番最近の試合では、先発ピッチャーが3回にバント処理した際に足を痛めて降板。
まったく準備をしてなかった高橋尚成に出番が。
「あの場面でいくのは僕しかない」
とかっこいいコメントを試合後に残しながらも、いきなりの2塁、3塁のピンチで3失点。
5回にメジャー初被弾と結果は残せませんでした。
しかし、このような献身的なプレーが報われてついに先発の座を掴み取りました。

今日の試合は、ニューヨークに本拠地を置く2チームの戦いで「サブウェイリーグ」と呼ばれる、サッカーでいうところのダービーです。
サッカーでもそうですが、ダービーってのは普段の試合よりファンも熱が入るもので、「絶対に負けられない戦いがそこにはある!」って事で、ともかく結果が求められます。

それも相手はニューヨークヤンキース。
説明不要だと思いますが、巨人がかわいく見えるぐらいのスター選手揃いで、超強力打線です!!
先日、松坂さんも1回からフルボッコになり1アウトも取れないまま5失点しています。
はっきり言って、初先発でヤンキースとはちょっとかわいそうって気もしていましたが、逆にチャンスでもありますよね

もちろん本人も初先発に緊張しているかと思いきや、高橋尚成公式ブログで

初先発が決まったよ(^o^)
ヤンキース戦に投げる事になったよ!
サブウェイシリーズって言ってニューヨークでは、超~!盛り上がるらしいよ(^o^)
そんな時に先発が出来るなんて光栄だね!!
思いっきり楽しんで投げて来ま~す。


高橋尚成公式ブログ
http://hisanori.exblog.jp/13754536/



おもくそ軽いんですけどwww

さすがお祭り男!!


そして、肝心の試合。
現在試合は、7回でしてまだ試合は終わっていません。
ただ、先ほど高橋尚成は降板しましたのでこの記事をアップです。


6回5安打無失点

誰が見ても大活躍です!!

尚成△!!


Yahooスポーツ速報とBSで行われているエンジェルス戦の間にあるダイジェストで試合を追っていました。
ピンチは多少ありながらも、後続をしっかり抑えて1点も与えませんでした。

特にピンチだったのは3回、4回。
両方とも2塁、3塁のピンチを背負いながらも後続を討ち取ります。

3回のピンチではジーターを内角ズバッとで三振。ガードナーをセンターフライ。
4回のピンチでもスウィシャーを外のシンカーで三振。サーベリも討ち取ります。

5回にはジーターを今度は外のシンカーで2打席連続の三振。
6回にはA・ロッドに2塁打を打たれますが、カノを三振。

6回裏の攻撃で打席がまわってきたので代打を出されて交代となりました。
残念ながらヤンキースの先発バスケスからメッツは1安打とまったく打てず、0対0のまま降板なので勝ち星はつきませんでした。

ただ、防御率も2.53まで下がり、これでローテーション入りは間違いないでしょう。
はっきり言って前評判は高くなかったものの、自分の力で勝ち取った先発。
うーん。ちょっと感動します。

これではっきりしましたが、日本人ピッチャーがメジャーで活躍するにはコントロールが絶対に必須であるということ。
BSの解説の方も言っていたのですが、「コントロールがあるか、フォークがあるか」がこれまでの活躍している選手の特徴だそうです。

高橋尚成はそのコントロールに加えて、緩急が素晴らしい。
シンカーもそうですが、90km台のカーブなんかもうまく使っている。
ものすごい剛速球があるわけではないのに、三振が多いのが物語っています。

この試合前までの投球回数26回に対して、三振数は33個。
この試合でも6回で5三振。
大体ですが、1回に1つ以上の三振が取れていることになります。

今日もヤンキースのキーマンであるジーターから2三振。
内角も攻められるコントロールと外へのシンカーをうまく使っての三振でした。
野球は力じゃないんだな~と思わせる頭脳的なピッチング。

いや~やる男だと僕も思っていましたよ!!(すいません・・・)

今、メジャーにいる日本選手が結構ピンチです。
活躍できているのは、イチロー、福留、黒田の3人だけ。
松井稼頭央は戦力外になっちゃいましたし、岩村も1割台で全然打てません。
日本の頂点であるゴジラもダメだし、松坂もピリッとしません。

そんな中、今日の高橋尚成のピッチングは明るい話題ですよね!!!

尚成兄さん次回も期待しています!!

他の日本人もがんばれやー!!

ちなみに試合は、尚成兄さんから変わったピッチャーが早速ヤンキースに2点取られてメッツピンチです(汗)

(追記)
先ほど試合は終わりました。
結局、尚成兄さんが変わった直後の2点が重くのしかかり、2対1でヤンキースの勝ちです。
もうちっと、メッツの打線が打ってくれればな~

<関連ニュース>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100522-00000119-sph-base
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100522-00000508-sanspo-base
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。