スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権について

このブログでは当初、個人で作った小さなものだったのであまり意識せず、ニュースサイトの画像などを使っていました。
しかし、それなりにアクセスも増えてきたため「これではいかん!」という事で著作権法に沿った形で、画像使用や文章の引用を行っていきます。

過去の記事も見直して、修正していきます。


<画像についての方針>
・自分で写真を撮り、写真内に著作権を侵害するようなものが写っていないもの
・アマゾンや楽天のアフィリエイトを利用した画像
・「Flickr」という画像共有サイトの画像
 
<文章についての方針>
・引用していることをわかるような形にする
・引用元がわかるようにする

<動画についての方針>
・YouTubeの動画を使用
・自分で録画した動画を使用

上記のような形で、限りなく著作権には注意しています。
しかし、もし著作権を侵害しているものが残っていましたら、ご連絡頂ければ即座に対応いたします。
キャッシュなどで残ってしまっている画像などがあるかもしれませんが、これはどうしようもないのでご了承ください。

それと、YouTubeの動画なのですが、これはYouTubeに著作権に反する内容をアップするのは違反ですが、現状はそのような動画がたくさんあります。
その動画をこのブログに貼り付けるのは、正直調べたのですが曖昧な部分のようです。
なので、YouTubeの動画は使いますが、もしその動画に関係する方で問題があると思われたら連絡をもらって対応するようにします。

<修正履歴>
2010年5月28日 この日以前の記事を見直し開始(こりゃ大変だ)
2010年5月29日 2010年5月分の見直し終了
2010年5月31日 2010年4月分の見直し終了
2010年6月1日 2010年3月分の見直し終了
2010年6月2日 2010年2月分の見直し終了
2010年6月7日 2010年1月、2009年12月分の見直し終了
2010年6月8日 2009年11月、2009年10月、2009年9月、2009年8月の見直し終了

修正終了!!

このブログの著作権についても一応書いておきます。
パクリなどを防ぐために、たぶんはっきりさせておいた方がいいんだと思います。
通常の著作権法に沿った形で、引用のみ可能とさせておくことにします。

ア 既に公表されている著作物であること
イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」 であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

引用元:ウィキペディア「引用」



僕も詳しくないので細かく判断できないのですが、とりあえず引用する場合は

・引用されている事がわかること
・引用元としてリンクが貼られていること

を、特に気をつけてください。
ただ、あまり気にしていないので、引用自体はどんどんやってください。
むしろ嬉しいです。

あまりにひどいのが出てきたらその時考えます。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。