スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連夜の大勝利で盛り上がりまくりの世界卓球2010!!

もうすでにヘトヘトです!!!

世界卓球2010が死ぬほど盛り上がっています。
僕も月曜日にサッカー日韓戦を現地で観戦してから毎日毎日

会社→卓球→会社→卓球→会社→卓球

それも、気の抜ける試合は1つもなく、別に選手でもないのにグッタリしてきています(*´д`*)
たぶん、10年分のガッツポーズを家でかまし、10年分のよっしゃーーー!を叫んだのではないでしょうか?

あっ!世界卓球は毎年やるから来年もやるんだ。
その前に来月南アフリカでやる予定だった・・・
てか、来月はガッツポーズが一度でも出来るのだろうか?

そして、昨日。
男女とも準々決勝に挑み、3位決定戦がないため、勝てばメダル確定!負ければメダルなしの大一番です。

まずは男子。この試合は見れてなかったのでニュースで確認しました。
結果は香港に3対0で圧勝です!

吉田はフルセットまでもつれ込みましたが、水谷、岸川は3対0で圧倒。
エース水谷にの勝ち星は最初から計算に入っているわけですが、岸川が勝てるようになったのが心強い。

まさに最強の日本チームといっても間違いではありませんね。


男子のトーナメント表


tt2.jpg

そして、テレビ観戦をした女子。
相手は世界卓球2008広州であの涙の勝利を飾り、北京オリンピックでは2回も負けてメダルを阻まれてしまった宿敵韓国。
予選で韓国が勝手につまずいたおかげで、準々決勝からやるはめになってしまいました。

この試合。
まさに激闘死闘!
21時半から始まったのに終わったのは今日の2時半とかそれぐらい。細かい時間を見る余裕なしだったので大体です。。。

1試合目は卓球の鬼こと平野。
相手は最強カットマンで1ポイント1ポイントがものすごく長い。
ただ、平野もカットマンを苦手にしておらず、猛練習してきたようなので一進一退の攻防。

そして、僕は初めて見たのですが、途中で促進ルールになりました!
促進ルールとは試合の進行がある基準より遅いと適応されるらしく、13ラリーすると自動的にレシーブ側に得点が入ります。
これにより、ラリーの回数も気にしなければいけなくて、韓国側もカットをしながらどこかで攻めないといけなくなりました。

フルセットに持ち込む大熱戦!
1時間以上掛かった試合は平野の粘り強さが上回り勝利です。

2試合目は愛ちゃん登場!
相手は世界最強のカットマン。ってまたカットマンかよ!!!
勘弁してよ。。。

1試合目のカットマンよりも強打の割合が多く、攻めのカットマンってところでしょうか。
愛ちゃんはまたもやよく知らなかった、ツッツキ作戦で応戦します。

この相手になんと愛ちゃんは9連敗中らしく、今まで勝ったことがないらしい苦手の相手。
そのため、何人ものカットマンと合宿で戦って準備してきました。

そして2試合連続のフルセットにもつれ込みましたが、愛ちゃんが力尽き落としてしまいます。

次は二代目天才少女こと石川かすみん登場。
今度は相手も強打の選手で、突然展開が早くなります。

てか、僕も見た瞬間思ったのですが、ツイッター上では相手選手が社民党の福島みずほにそっくりなんですよwww
あまりにタイムリーな話題に笑えました。

しかし、みずほが強い。。。
一気に2ゲーム取られてかすみんは大ピンチに。

でもね。ここからが卓球界の未来を見た気がしました。
かすみんはまだ17歳。
まだ、少女の顔が変わっていくのが画面上からもわかりました。

集中していくというか、ゾーンに入っていくというか。
時間が経つに連れて、気持ちの面でかすみんがみずほを凌駕していくのがわかり、僕も興奮というより、圧倒されてしまいました。

なんかこう。努力だけでは身につかない天性の才能というか、神の子降臨というか、覚醒というか。。。

気持ちで負けたみずほは一気に失速し、大逆転で試合を取りました。
スゴスギ!

4試合目は再度平野。
愛ちゃんを倒したカットマンが相手です。

本日4回目のフルセット。
もう時間は12時半をまわっています。
そしたら、ひたすら放送延長したテレビ東京がギブアップ。
1時までの放送になり、ツイッター上も大混乱。

個人的にはテレビ東京はがんばったと思いますよ。責められない。

しかし、インターネットの世界はすごい!
スカパーの人はそっちに流れたのですが、スカパーに入っていない人のためにいろんな人が中継しているサイトを探してきてくれてツイッターで教えてくれます。
僕も韓国のサイトなのかな?よくわからんサイトに行って見事続きをパソコンで見ることができました!

ただ、試合は最後までもつれるものの平野の負け。
2対2に持ち込まれてしまいます。

最後は福原愛!
もう勝つしかない!ここまできて負けたらショックが大きすぎる!

だが、蓋を開けてみたら根負けしたのは韓国の方でした。
今日の試合で初めて安心して見れるゲームで、劇的勝利!

宿敵韓国に勝っただけではなく、メダルも確定!

解説の方も途中話していたのですが、これまでの歴史にもないような大激戦で、歴史的な試合となりました。
そんな歴史的な試合に僕も加われて本当によかった。


女子のトーナメント表

tt3.jpg

そして今日。
男女ともに最強中国との戦いです。
出来れば決勝にやりたかったわけですが、いつかは越えなければ行けない壁。

もしかした、今日は日本卓球界の歴史が変わる日かもしれません。
これを書いている今ですすら、何だかわかりませんが涙が出そうです。

男女ともにあの中国に勝つのは難しいかもしれませんが、どちから一方でいいから大きな試練を乗り越えて欲しい。

がんばれ!しか言えませんが、今の日本チームならきっと出来る!
出来るはず!

皆さんも一緒にパワーを送りましょう。
大きな元気玉をモスクワに届けましょう!
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。