スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤審で完全試合がなくなった?これはアウトだね。。。

MLBで大変なことが起こりました!!

【MLB】世紀の大誤審! 完全試合が土壇場でフイに

デトロイト・タイガースの右腕アルマンド・ガララーガ投手が2日、地元でのクリーブランド・インディアンス戦で、最後の最後に誤審によって完全試合を逃す悲劇に見舞われた。

問題のシーンは9回裏2死走者なしで、インディアンス27人目の打者ジェーソン・ドナルド遊撃手が一、二塁間へのゴロを放った直後。この打球をミゲル・カブレラ一塁手が好捕してベースカバーのガララーガに送球すると、タイミング的には完ぺきにアウトだったにもかかわらず、ジム・ジョイス一塁塁審はセーフをコールした。タイガース側が抗議するも判定は覆らず、この瞬間、タイガース史上初、今季メジャー3人目のパーフェクトゲームの夢は断たれた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000219-ism-base



本日のタイガースVSインディアンス戦。
9回2アウトまで完全試合だったタイガースのピッチャーアルマンド・ガララーガ。
1アウト後にはセンターのジャクソンが超ファインプレーで、もう完璧な完全試合の雰囲気。

最後の最後の打者であるドナルドをファーストゴロに打ち取り、ガララーガが本人が1塁のベースカバーに入って

完全試合達成!!

のはずが、審判の判定はセーフ。
これで完全試合が崩れ去れました。

そんでこれがその肝心のシーン。



こっ、これは、きわどいどころか

どう見てもセーフですね・・・

まず最初に頭を抱えたのは、なんとバッターのドナルド。
これがアウトだってのはドナルド本人が一番感じたのでしょう。

ピッチャーのガララーガは苦笑い。

ボールを処理したファーストのカブレラは頭を抱えます。
ベンチやお偉いさんらしき人も頭を抱えます。

もちろん、監督が出てきて抗議しますが判定は覆らず。
ビデオ判定はホームランが入ったか、入ってないかでしか使われないため、このような場合はビデオ判定は使われません。

ただ、試合後にリプレイを見たジョイス塁審は

私のキャリアで最大のコールだった。若い選手の完全試合を台無しにしてしまった



と誤審を認めました。
これはちょっと考えにくいぐらいの誤審ですね・・・
審判も自信というか、ポリシーを持って判定したのでしょうし、人間だから間違いはあると言っても。

空気を読めなさすぎるのは間違いないです。
きわどければ全部アウトでいい場面だろ。

主審が覆しちゃうとか何とかならなかったのだろうか。
でも、それだと「おっしゃー!!」って感じにはならないですよね。
どっかのニュースでは、偉い人が判定を変えちゃうとか、エラーにしちゃってノーヒットノーランで丸く収めるなんて話もあるようですが、それでもやっぱり「よっしゃーー!!」って気分にはならないよね。

ただ、ガララーガは試合後のインタビューで、「人間には誰にでも間違いはある」とコメント。
ジョイス塁審が涙を浮かべて誤審を認めて、直接謝罪をしたいと言っていたことで、ガララーガもそのようなジョイス塁審の態度に納得していてさっぱりした顔でした。

とりあえず、ガララーガはまたがんばってもう1度チャレンジしてください!!

今日は、他にもマリナーズのケン・グリフィーJrが引退を表明しました。
突然の発表にチームメイトも困惑と悲しみを堪えながら試合に臨みます。

そして、その最後の試合でイチローがサヨナラヒット。
追い込まれならがらも、WBCの決勝を思い出すかのようにファールで何球か粘って、気合でピッチャー後方に転がしランナーが生還。
セカンドの判定はきわどかったですが、こちらは空気を読んだ審判がセーフの判定。

劇的なサヨナラ勝ちでした!!

昨年から古巣であるマリナーズに戻ってきたケン・グリフィーJr。
最近の成績が振るわないマリナーズの中でも、イチローはああいう性格なので孤立することが多々あって、内部分裂しかけていたそうです。
ただ、ケン・グリフィーJrが復帰し、スーパースターなのにい明るい性格でイチローにちょっかいを出したりすることでチームをまとめたと何かの雑誌に書いてありました。

ケン・グリフィーJrの最後のヒットは、5/20(木)マリナーズVSブルージェイズで打ったサヨナラヒットです。
「チームに迷惑を掛ける」と自ら身を引いたわけですが、とても残念ですね。

ジュニアお疲れ様でした!!


追記です!
完全試合を逃したガララーガ投手にタイガースのスポンサーであるシボレーが、試合後の紳士的な態度に敬意を表して車をプレゼントしたそうです。

さらに今日の試合前のメンバー表交換をコーチではなくガララーガがやって、ジョイス審判と握手をするシーンがあったとか。

アメリカはこういう柔軟な対応が素晴らしいです!
ガララーガも記録には残りませんでしたけど、まさにファンの記憶には残りましたね!
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。