スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全仏オープンはナダルが優勝!10月には錦織と対決も??

今年の全仏オープンテニスは、第2シードのナダルが第5シードのソデルリングをストレートで退けて優勝です!!
まさに「クレイコートの鬼」ですね。

ナダルが5度目の優勝=全7戦にストレート勝ち―全仏テニス

【パリ時事】テニスの全仏オープン最終日は6日、当地のローランギャロスで男子シングルス決勝が行われ、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのロビン・セーデリング(スウェーデン)を6―4、6―2、6―4で下し、2年ぶり5度目の優勝を遂げた。四大大会は昨年の全豪以来の通算7勝目。全仏男子の5度制覇はビョルン・ボルグ(スウェーデン)の6度に次ぐ単独2位となった。優勝賞金は112万ユーロ(約1億2300万円)。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000001-jij-spo


これまでの全仏オープンテニスの結果を見れば、ナダルがどのくらい全仏オープンを得意にしているか一目瞭然です。

2005年 優勝 ナダル 準優勝 プエルタ
2006年 優勝 ナダル 準優勝 フェデラー
2007年 優勝 ナダル 準優勝 フェデラー
2008年 優勝 ナダル 準優勝 フェデラー
2009年 優勝 フェデラー 準優勝 ソデルリング
2010年 優勝 ナダル 準優勝 ソデルリング


現在の男子テニスは、フェデラー、ナダルの2強時代なのですが、ランキング的にいうとナダルはずーとフェデラーを越えられませんでした。
フェデラーは世界ランキング1位通算在位が「285週」と歴代2位。
歴代1位のサンプラスの「286週」まで後1週というところまで来ている、いわばテニス界最強の男。

逆にナダルはウィキペディアで見る限り、2位の在位期間が「180週」を越えており、すでに歴代1位の名誉なんだか不名誉なんだかわからないような記録を打ち立てています。
北京五輪金メダルでナダルは一時ランキング1位になった事もあるのですが、またフェデラーに奪われ、定位置である2位に戻っています。

これを見てもわかる通り、現在の男子テニス界は

3位以下<<<<ナダル<<フェデラー

といった状況だったわけです。
ただ、今回の全仏オープンでフェデラーは準々決勝で、準優勝したソデルリングにまさかの負け。
そして、ナダルが優勝したことで、ついについにランキング1位に返り咲きました。

とりあえず、

おめでとう!!ナダル!!!

全仏オープンだけ見れば、上に書いた結果の通り、ナダル<<フェデラーって事にはならないのですが、これは全仏オープンが「クレイコート」だからです。
「クレイコート」とはいわゆる土のコート。
大きな大会では、「ハードコート」「グラスコート」「クレイコート」に分かれているのですが、選手によって得意不得意があるんですよね。

硬式テニスだと、「クレイコート」はボールが止まってバウンドが高くなると言われています。
ですので、打ち合いに強い選手が強いのです。

さらに、僕も高校時代は軟式テニス部だったので、クレイコートかオムニコートってのでよく試合をやっていたのですが、クレイコートは下が滑るのがすごい特徴だと経験上思います。
大学に行ってから「ハードコート」で硬式テニスをやった時に、あまりの滑らなさにびっくりしましたから。

下が滑ると一見やりにくそうに思うかもしれませんが、「ザザー」とわざと滑らしてボールを処理できるので、ハードコートより取れる範囲が広がると思います。
僕も力はあまりないタイプだったので、滑らせまくってボールを繋ぎまくっていました。

それに間違いなく「クレイコート」の方が膝に負担が掛からない。
ナダルは膝のケガを慢性的に抱えており、これもナダルがクレイコートに強い理由ではないかと思われます。

しかし、いくら「クレイコート」が得意といってもナダルの全仏の成績はすごすぎですね・・・

4連覇+2010年優勝ですから。

そんなナダルですが、こんなニュースが流れていました。

全仏Vのナダル、10月ジャパンOPで初来日! 錦織と対決も!?

赤土のコートで完全復活を遂げたナダルが、日本ファンにその華麗なプレーを披露する機会がついにやってきた。10月4日から10日まで東京・有明テニスの 森公園で開催されるジャパンオープンの超目玉選手として初出場が内定したことが明らかになった。
ナダルの母国・スペインのテレビ関係者が明らかに したもので、ナダルは9月末にバンコクで行われるタイオープンへの参加を考えていたが、全仏期間中に東京のジャパンオープンから、翌週の上海マスターズへ と転戦する出場計画が決まったという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000238-sph-spo


これが実現すれば初来日のようでして、テニスファンに取ったら感動モノの事件になりますよ!!

そして、日本の希望!!日本のエース!!である錦織君も、このジャパンOPに参戦予定だとか。
ナダルVS錦織の対戦なんかが見れたら、本当に感動モノじゃないですか!!

正直言えば、錦織君には4大大会を優勝して欲しいと思っていますし、優勝できる力はあると思っています。
だから、ナダルと試合するだけでいちいち感動していたらキリがないっていうか、4大大会で何度も当たるぐらい上位に進出して欲しい。
なんなら、全仏オープンでナダルを倒すぐらいの期待をしています。

ただ、今の年齢でナダルとできるのは錦織君にとって素晴らしい経験になります。
テニスの選手寿命は長くないので、フェデラーもナダルも錦織君の成長を待ちきれないかもしれません。
だからこそ、ジャパンOPでナダルが来日したのならば、何がなんでも勝ち上がってナダルと試合をして欲しい。

それが実現できたら、選手人口は多いものの、どうも人気の上がらないテニス界にとってもすごい盛り上がりを見せる大会になると思います。
僕も軟式テニスとは言え、一応中学・高校・大学の途中までずっとテニスをやってきましたし、

テニスはやるだけでなく見てもおもしろいんだ!

という事を心から伝えたい。
なんて偉そうなこと言っていますが、僕もかれこれ7~8年テニスの試合を現地に見に行ってないので、本当にナダルが来るなら有明コロシアムに行く事も検討しようと思います。


      ∧_∧ |||
   C-(  ・∀・∩ テニース
   //`ヽ、   ノ
 γ`ヽ  )  ,) 〉
 ヽ__ノ  し' (_)


         パコン
         ☆  ―=≡三○
     ∧_∧
    (  ・∀) しようよ!!
    / ⌒ミミヾ
   ,ノ ノ |  `(⌒)
   し' (_)    ̄
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。