スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦のデンマーク戦!絶対に負けられない戦いがここにはある!

今日の27時30分に決戦のデンマーク戦があります。
まさかW杯前に、このような状況でデンマーク戦を迎えられるとは期待はしていましたが、実際は思っていませんでした。
きっとドイツの時みたいに、「ブラジル相手に3点差以上で勝たなければいけない=限りなく無理」なんて状態か、最悪の場合すでに予選敗退なんて事まで覚悟はしていました。

ただ、現在1勝1敗でグループ2位。
それも日本が有利の状態で今日の試合に望めます。

簡単におさらいすると、2勝のオランダの予選突破と2敗のカメルーンの予選敗退は決定しています。
まだ決定していない日本とデンマークは共に1勝1敗の勝ち点3。
もし勝ち点が並んだ場合は得失点差で順位が決まりますが、現在日本は得失点差0、一方デンマークは得失点差-1。
引き分けの場合は、両チームとも勝ち点は4になりますが、得失点差もそのままであるため日本が上に来ます。

勝ち、引き分け → 日本予選突破
負け → デンマーク予選突破


もう、至って単純な話でして直接対決で負けなければいいわけです。
オランダVSカメルーン戦の結果次第ではで1位、2位の変動はあるかもしれませんが、こっちの試合はもう気にする必要はありません。
勝ち抜けた場合に当たるグループFは、イタリア、パラグアイ、スロバキア、ニュージーランドが大混戦になっていて、当初2位通過だとイタリアと当たると言われていましたが、実際どこが1位、2位になるのかもわからない状態なので日本が2位通過だからといって別にそれがまずい事では全然ありません。

もうデンマークだけを見ましょう。
デンマークについては僕もベントナー・・・とかロンメダールが・・・とか思うところはありますが、もう細かいこと言っても仕方ないので以下だけを気をつけて欲しいです。

・退場
・ミドルシュートの処理
・オウンゴール


どの試合でもそうですが、特に上2つに関しては今大会を象徴するようなキーポイントです。
あっちこっちの試合でレッドカードが頻発していて、ドイツのクローゼやフランスのシャツキフなどキーマンの退場で自滅していく場面が多発しています。

しかし、守備的な布陣を敷いている日本ですけど、実はイエローカードはあまり出ておらず、カメルーン戦では阿部の1枚。オランダ戦はなし。
たぶん、不要な突っ込み&プレスをしていないからだと思うのですが、デンマーク戦もクリーンかつ強固な守備で対応して欲しい。
逆に焦ってくるデンマークに退場者が出るなんて事もありえるので、攻撃陣は積極的に突っかけていって欲しいです。

次はやっぱりミドルシュートの処理です。
川島が苦渋を舐めてしまったのですが、その反省はきっちりと生かして欲しい。
ぶれるボールに対してキーパーだけで対応するのは厳しいので、シュート体制に入られた時の寄せとシュートコースに入る事が大切ですね。
デンマークはサイド攻撃が基本で、あまり無理な体勢からのミドルはなさそうなのですが、引き分けのまま後半に入っていけばそんな事は言っていられないので、常にミドルシュートには注意です。

逆に日本の攻撃陣は攻撃に人数を掛けられないので、ミドルシュートを多用するのも1つの手です。
ただ、ともかく枠にいかないので、100%の力でなくてもいいから枠に飛ばすことを心がけて欲しいです。

最後はオウンゴール。
さすがにこれはカメルーン戦とオランダ戦を見ている限り大丈夫だと思うのですが、前述したようにデンマークはサイド攻撃が多いのでもしかしたら一番注意しなければいけないチームかもしれません。

イングランド戦で中澤と闘莉王が入れてしまったオウンゴールは両方ともサイドからのボールの処理を誤ったものです。
っていうか、オウンゴールの多くはDFの後ろのスペースをゴール側に飛び込んで処理しようとした場合に誘発します。
デンマークのベントナーがカメルーン戦で決めた得点は、DFラインの後ろに出たボールを押し込んだゴールで、もしDFが追いついていたとしてもボールの処理は大変難しい。

クロスを上げさせなければ一番いいのですが、あーいうボールを入れてくることを狙っていると思うので気をつけて欲しいです。
何より、オウンゴールで負けて予選敗退なんてのが一番悔しいから。

ともかくこの試合は、阿部から後ろのディフェンス陣の忍耐力が問われる一戦です。
見ているほうも相当忍耐力が必要そうですが・・・

アジアの国が2チーム決勝トーナメントに残らないとアジア枠をアフリカ枠に持っていくなんて話があるので、今後のためにも韓国と共に日本が勝ち上がる必要があります。
日本だけではなく、アジア全体でW杯を目指して戦っている国々のための試合でもあるのです。

今日の1戦はただのW杯の1試合ではなく、それ以上の意味を持つ試合だと僕は思います。
日本サッカー界の未来、サッカー人気の回復、子供達の希望、日本やアジアを応援してくれる世界中のすべての人たちのため、選手本人達のため、日本は何が何でも引き分け以上を勝ち取って決勝トーナメントに進出しなければならないのです。

たかが後90分じゃないか。
ドイツ大会から4年間。
選手達の人生の時間で見れば、長い選手なら30年ちょっと。
長くサッカーに費やしてきた時間から比べれば、90分なんて一瞬です。

その90分を終えた後には、選手はスターになり、世界は驚き、日本は希望に満ち溢れる。
90分後には世界が変わるのです。






歓喜の瞬間はあと少し。





あと少しで世界が変わる。





日本に太陽が昇る頃





日本サッカー界も





輝かしい夜明けを迎えるのだ!!


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。