スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン1回戦。錦織圭はナダルにストレート負け!!

W杯前でそれどころじゃない面もあるのですが、散々煽ってまとめなしもいけないので、しっかり書きたいと思います。
ウィンブルドン1回戦。
錦織圭くんは世界ランキング1位のナダルと対戦しました。

なんせテレビ放送がW杯終了後の1時から朝の4時ぐらいまでだったので、とりあえず録画してその日は寝ました。
そして、やっと細切れに見て全部見終わりましたよ。
やっぱ、テニスの試合時間は長いな・・・
(これがテニス人気にも影響しているような気がする)

スコアは2-6/4-6/4-6でナダルのストレート勝ち。

数字だけ見ればナダルの余裕勝ちです。
ランキング的に見てもナダルは1位。
錦織圭くんはケガの影響もあって現在は189位なんですが、最高位でも56位。
冷静に見れば当たり前の結果です。

しかし、僕が見た感覚では全然勝負になっていたって感じです。
改めて錦織圭くんのすごさを実感しました。
これは本当に世界ランキング1位や四大大会の優勝が実現するかもしれないと。

僕のイメージだとテニスでの世界ランキング1位ってのは神なんですよ。
当時、伊達公子だったクルム伊達さんが、グラフに勝って燃え尽きて引退してしまうぐらい、世界1位に勝つという事はすごい事なんです。
それにここ15年ぐらいの男子テニスでまともに世界と戦えたのは松岡修造さんのみで、今ではあんなキャラですが僕からしたら修造さんは野球で言えばイチローだし、サッカーで言えばカズさんぐらいの人ですよ。

松岡修造さん自身も伝説的な大はしゃぎをかました1995年のウィンブルドンで、その時は2位だったようですが、当時の絶対王者だったサンプラス相手に1セットを奪う激闘を見せながらも力尽きました。
日本の男子テニスで言えば、ランキング1位の選手と同じコートで戦えているところまで来ている事が奇跡みたいなもんで、その相手を倒すなんて夢のまた夢のまた夢ぐらいの話です。

だけど、錦織圭くんは堂々とした戦いでした。
受けにまわることもなく、圧倒されることもなく、正面から打ち合った印象です。
ナダルが逆を取られてすっこけるシーンも何度かあったし、最高なショットも何本もありました。

確かにダブルフォールトが多かったり、些細なミスも多いし、勝負どころでのナダルの強さは圧倒的なものでした。
ブレイクもほとんど出来ないし、有利なカウントになってもすぐに取り返されてしまう。
本人もそこらへんは実感しているようで、ブログでは以下のように書いています。

自分次第でスコアはもっと競れてたと思うし、
今の実力で勝てたかは分からないけれど1セット取れたとかスコアはもっと良くなっていたと思う。
と いうのもブレイクされたゲームはたぶん全部40-0、40-15から取られてしまっていました。
そこに自分のあまさがまだあります。
そこ をしっかり取れていれば少しは変わってたかもしれません。

引用元:錦織圭公式サイト


いいコースにボールが行っても、ものすごい切り替えしで返されてしまう。
甘いボールを1つでも打てばすべて点は取られてしまう。
甘いボールを返せないからミスになってしまう。
ずっとこのプレッシャーを感じながらの戦いだったと思います。

まぁ、この行けそうだけど、気がつくとあっさり負けているってのがランキング上位の選手の強さですよね。
ナダルからしても「まだまだ青いな」ってところでしょう。

しかし、年齢差とか経験値を考えたら全然遠くない。
ナダルは現在24歳で、錦織圭くんは20歳。
20歳の時のナダルと今の錦織圭くんを戦わせればいい勝負なんて思ったのですが、ナダルは19歳で全仏オープン勝っているんですね・・・
じゃあ、今のナダルと4年後の錦織圭くんが戦えばいい勝負だ!きっと!!

今後はどんどんATPの大会にチャレンジしていくことにしました。
自分のテニスのレベルももうトップの選手と戦えるところまできてると思うし、
あ とは自分の中でワンクリックすれば、何かが吹っ切れて安定したテニスが身につけば
もっといいテニスができて勝っていけると思います。
そこ に早く近づけるよう日頃からもっと努力します!!

引用元:錦織圭公式サイト


そう、今まぐれでナダルに勝ったとしても、それは重要じゃありません。
今は経験を積む時です。
4年後にナダル以上の力をつけていれば、全部OKなのです。

なんか若い将来性のある選手が出てくると、本当にワクワクしますね。
錦織圭くんがウィンブルドンで優勝したら泣くな~間違いなく泣くな~
いや、決勝の舞台で試合している最中に泣くかも。




関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。