スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー監督はつらいよ(平野史)を読みました!!

サッカー監督はつらいよ (幻冬舎文庫)サッカー監督はつらいよ (幻冬舎文庫)
(2010/06)
平野 史

商品詳細を見る


この本はエルゴラッソのコラムをまとめた本です。
ちょっとわかっていないのですが、ハードカバーの本が2006年に出されているのですが、この文庫本だと南アフリカW杯直前までの事が書かれているので、たぶんW直前のタイミングに合わせて内容を追記・修正して出された本だと思われます。


本の概要

見ればわかると思いますが、これはサッカーの監督という職業について書かれた本です。
前半はJリーグの監督というものにスポットを当てて、名前は出ていませんが実在する監督の日常業務を追っています。
後半は代表監督が中心になり

オフト→ファルカン→加茂→岡田→トルシエ→ジーコ→オシム→岡田

とW杯に関係する監督を順番に記者目線で追っています。

今回のW杯では岡田監督が選手と同じぐらいに目立って賛否両論を巻き起こしたわけですが、サッカー監督という職業について知るにはいい本だと思います。
この本はW杯前までしか書かれていないので、岡田監督がボロカス言われていた頃で終わっています。
著者もまさかW杯でこんなに結果が出ているなんて、この時は想像できなかっただろうな~


Jリーグの監督

前半のJリーグの監督については、モデルがいるはずなのですが、ちょっとわかりませんでした・・・
誰だかはっきりわかるとより面白かったのですが、わからないのでどうも「サカつく」でもやっている気分?
まぁ、監督は試合だけでなくたくさんやる事があって大変なんだな~って印象です。


日本代表監督とは?

面白かったのは後半の日本代表監督についてです。
岡田監督にW杯前は非難がたくさん上がりましたが、こうやってオフト監督から順番に見ていくと批判を受けなかった監督なんていないという事がよくわかります。
そして、「批判」とか「反乱」とか「衝突」とか、そういうマイナスな事が起きた時の方が、本番の成績はいいんですよね。

あまり問題が起きなかったのが、オフト監督とW杯初出場を決めた後の岡田監督とジーコ監督の時だと思うんですよね。
結果、ドーハの悲劇、W杯3連敗、ドイツW杯の惨敗。

逆に何かしら問題があったのが、W杯初出場決定前の加茂監督とトルシエ監督、今回の岡田監督だと思います。

ともかく加茂監督の時は今回なんかと非にならないぐらい混乱していて、終了直前でゴール決められちゃって川口がバンバン地面叩いていたり、山口のスーパーループシュートの後に韓国に劇的逆転負けをしたり。
サポーターがバスを取り囲んで、カズとつかみ合いのケンカになりそうになったり。そして、加茂監督のすごいタイミングでの更迭。
揉めに揉めましたが、ジョホールバルで岡野のゴールという結果になりました。

トルシエの時は、サポーターというより選手内での批判が出まくっていて、これはトルシエの作戦なのですが、逆に選手内はまとまってベスト16。
(六月の勝利の歌を忘れない「DVD」を見る限りは仲良さそうにも見えますけどね)
そして、今回も渦巻く批判の中ベスト16。

やっぱり、日本人って人種はこう「反骨心」とかを煽らないとダメなんですかね?www
追い込まれると団結するみたいな。

でもさ。よく考えると日本はW杯に4回しかまだ出てなくて、その内2回もベスト16に残っているんですよね~
これってかなりすごいと思うんですが。


ネルシーニョ監督

ネルシーニョ監督は僕の好きな柏レイソルの監督です。
オフト監督後の日本代表監督の一番手に上がっていたのがネルシーニョ。
その時の話がすごく面白いんですよ。

表にはあまり出ていない話ですが、ほぼネルシーニョ監督で決定していたのですが、直前に変更になって加茂監督が就任しました。
この時にこの決定の理由がはっきり語られなかったので、いろんな憶測が飛んだそうです。

本によると、ネルシーニョは大激怒したらしいのですが、その変更理由は単純に「ネルシーニョが高い」という理由だったそうです。
その見積もりを受け取った岡野会長が、ネルシーニョを雇えるほどお金がないので加茂監督へと指示しました。
しかし、この本の著者はその見積もりが改ざん?、要は実際の金額より高く見積もられた資料を誰かが岡野会長に渡した、という事を示す確実な証拠があるんだとか。
その存在は結局伏せていますが、裏の黒いものがいろいろ蠢いたと推測されます。

僕はネルシーニョをもちろん好きなのですが、もしかしたら岡田監督がガッツポーズしながら飛び出して行ったあの映像が、ネルシーニョが飛び出していく映像だったかもしれないと思うと、何かゾクゾクしますね。


次の日本代表監督

せっかくサッカー監督についての本なので、この本読んだ上で簡単に次の監督について書きます。
言うまでもなく「褒めて伸ばすタイプ」の監督はダメですね。
まぁ、ジーコみたいなタイプで成功している人はいないか・・・

それに加えて岡田監督が揉めた際に、代わりにオリベイラ監督や西野監督なんかでいいじゃんと思っていたのですが、これも少し違うかも。
これは僕のイメージなのですが、オリベイラ監督とか西野監督は優しそうだし、長期的な目線で育てるのがうまい監督のような気がします。
チームは強いけど、日本代表で活躍できないアントラーズの選手を見ると、なんかそう思います。

あまり監督としてのカリスマ性がありすぎると選手がイエスマンになりそうなので、ベンゲルとかモウリーニョとかは除外。
(やってくれると言うなら全部撤回して土下座しますけどwww)

選手から嫌われるぐらいの気性とか選手を鼓舞する気性なんかがあるといい。
岡田監督の場合は、本人が言わないからサポーターがいう羽目になったと考えられる?

パッと浮かぶのがやはりドゥンガかストイコビッチ。それと兵隊特訓で有名なマガト。
現在はビエルサが一番手みたいですが、ビエルサは戦術マニアで厳しい練習を課す人です。
マガトと同じ匂いがするからもしかしたらフィットするかも。

ただ、マスコミ嫌いみたいので記者は苦労するかもね。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。