スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうひとつのワールドカップ」のお知らせ

結構前にコメントで「もうひとつのワールドカップ」について書かれた方がいまして、初めてその存在に僕も気づきました。
オリンピックの年にはパラリンピックがあるように、サッカーW杯でも同じ年に知的障害者のW杯があるそうです。
W杯真っ只中に記事を書いても注目は薄いと思いまして、ちょこちょこ調べつつW杯終わり直後に書くことにしました。

「もうひとつのワールドカップ」とは?

■INAS-FIDサッカー世界選手権大会とは?
1994年にオランダで初めて開催され、オリンピックとパラリンピックのように、FIFAワールドカップ開催年に同じ開催国で行われる、4年に1度の祭典 となっている。この世界選手権を「もうひとつのワールドカップ」と呼ぶ。

■INAS-FID(アイナスエフアイディー)とは?
国際知的障害者スポーツ連盟。
International Sports Federation for Persons with Intellectual Disabilityの略。
知的障害者がすべてのレベル(競技からレクリエーションまで様々な段階)のスポーツ活動に参加する権利を保障すること、及びスポーツによる知的障害者自身 の成長と地域社会との交流(社会参加推進)の促進を目的として、1986年にオランダで設立された。2000年の時点で、正式加盟国は60の国と地域、準 加盟国は26の国と地域におよぶ、知的障害者のスポーツ振興、講習会やセミナーの開催、国際競技規則の確立、記録の管理、知的障害者の社会参加推進など様 々な活動に努めている。

引用元:日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID


大会概要

1.大会名称  第5回INAS-FIDサッカー世界選手権2010南アフリカ大会
2.開催時期  2010年8月21 日~9月12日
3.開催都市  南アフリカ共和国 リンポポ州 ポロクワネ市 及びその周辺地域
4.運営主体  INAS-FID(国際 知的障がい者スポーツ連盟)
5.参加国数  16カ国
6.参加人数  約480名(選手約320名・役員約160名)
7.日本選 手団 30名(選手20名・役員10名)
8.実施競技  サッカー
9.試合形式  FIFA(国際サッカー協会)ルールに準ずる
        4カ国、4グループに分かれ、それぞれ3試合のグループリーグ。
       グループ1位と2位は決勝トーナメント戦へ進出。
        グループ3位と4位は順位決定戦へ進出。
       最終的な順位を決するためにグループリーグを
       含めて各 国6試合を行う。



すでにグループも決まっているようで、日本はBグループに入りました。

Bグループ
・サウジアラビア
・フランス
・日本
・エジプト


前回優勝がサウジアラビアらしいので結構厳しいグループのようです。

4年前のドイツ大会では、日本は開幕戦で地元ドイツと対決しました。
日本ではまったく報道などはされていないと思うのですが、開幕戦はスタジアムに3万人の観客が集まり、ドイツではテレビ中継されました。
さらに大統領も訪れまして、結構な盛り上がりを見せたようです。

日本では2chでスレッドが何個か立ったようで、細々とスレッド上で知っている人たちが情報交換するのみ。
メディアが取り上げないと、発信できる場所はブログか2chぐらいしかなかったので仕方ないですかね。
今回はツイッターがあるので、もう少し情報を流してくれる人がいるといいんですが・・・

2chから拾ってきた前回ドイツ大会の順位です。

優勝 サウジアラビア
2位 オランダ
3位 ドイツ
4位 南アフリカ
5位 ハンガリー
6位 北アイルランド
7位 フランス
8位 イングランド
9位 ポーランド
10位 ポルトガル
11位 メキシコ
12位 ロシア
13位 日本
14位 韓国
15位 オーストラリア
16位 ボスニア・ヘルツェゴビナ


現在、遠征費用が足りないそうで援助を求めています。

「日の丸を背負ったもうひとつの日本代表」を応援しよう!
http://fidsoccer.blog130.fc2.com/

今回はわかりませんが、前回は中村俊輔も200万円ほど寄付しているようで、悲しいかなそのニュースはきっちりニュースサイトに載っていました。
俊輔は「みなさん必死に頑張っているし自分なんかまだまだだと思う」とコメント。
「お互い頑張りましょう」と代表のユニフォームを渡したとか。

えーと、ここでは紹介はしましたが支援してあげてくださいというつもりはありません。
支援を求めている人は世の中にたくさんいるでしょうし、それにすべて答えられるわけでもありません。
こういうのは誰かに押し付けられてやるものでもないと思いますし、1ヶ月前ぐらいに存在を知った僕が「支援してあげてください!」なんていってもイラつかせるだけでしょうし、僕も絶対にやりたくありません。
僕自身は数千円レベルですが支援をしましたが、支援については個人個人で考えて決めてください。

とまーお堅い話を抜きにすれば、パラリンピックもそうですけど、こういう試みはいいことですよね~
遠征資金が何百万も足りないってのは計画的にどうなんだ?って気もするのですが、これだけ大きな国際大会は少ないでしょうし、きっといい目標になっているんじゃないでしょうか?
行くからには少しでも上に行って欲しいし、ベスト16に入った日本代表と同じように決勝トーナメントにいけるといいですね。

ドイツ大会の開幕戦。日本VSドイツ。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。