スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・スポーツ評論家の今後(杉山茂樹さん)

前にスポーツ評論家について書いたらかなり好評だったらしく多くの方から拍手やコメントを頂きました。
「杉山 金子 批判」でググルと1番上に出てきてしまうという恐ろしい状況なのですがwww、ひとまず僕の記事に対する批判的なコメントはなかったので、みんな同じように考えているんだな~と思っています。

スポーツ評論家の今後(金子達仁さん/杉山茂樹さん)

そして、ついに同業界の方からも意見が出てきました。
20日に宇都宮徹壱さんが素晴らしいコラムを書いていて、僕もウンウンとうなずきながら読みました。

南アでの日本代表の戦いを総括する

宇都宮徹壱さんの経歴を見ると評論家ではない?カメラマン?よくわからないのですが、ジャーナリストである事は間違いないようです。
このコラムを読むと

・今大会の日本の目標は「ベスト4」であったわけで、情緒に流されて「感動をありがとう」で終わらせてよいのか
・意外と日本はスペインに対して「いい試合をしていた」かもしれない
・準備さえしっかりして、何がベストかをギリギリまで模索して、持てる力のすべてを出し切れば、グループリーグを突破するだけの力を持っている


などすごく共感できる内容が多いです。
逆に

・高地順応がうまくいったこと
・現地の季節が冬で体力の消耗が少なかったこと
・遠藤保仁と中澤佑二のコンディションが直前で戻り、最高のパフォーマンスを発揮できたこと
・中村俊輔は間に合わず、それ故に攻撃の主軸を本田圭佑に切り替える踏ん切りがついたこと


ここら辺のことをラッキーと取らえていることは、ちょっと疑問です。
カメルーンの内紛やデンマークの不調は完全に外的要因なのでラッキーと捉えられるでしょうけど、高地順応や選手のコンディションはチームとして個人としてしっかり対策をとったからでありラッキーではありません。
冬の開催も日本は運動量で勝負するチームという考えがあるからだと思いますが、どっちにしても全チーム同条件であることなのでこれもちょっと違うと思います。
しかし、ラッキーという言葉を使うからいけなくて、僕もいろんな条件がすべていい方向に向いたという考えでは同じような意見です。

その中で何よりビックリしたのはこの箇所。

しかしながら、今回の結果をもって「岡田監督を批判したメディアは謝れ!」という論調に対しては、私は正直「ちょっと違うのではないか」と考えている。
確かに、岡田監督に謝った方がよい人が業界内に存在することについては、異論はない。
それはすなわち、戦術面とは一切関係のないところで人格攻撃をしたり、対案もないまま「岡田以外だったら誰でもいい」と解任を声高に叫んだり、さらには「3戦全敗した方が日本のため」などという理不尽な主張を展開していた人々である。


僕は素人ブロガーなのではっきり名前書いちゃいますが、

戦術面とは一切関係のないところで人格攻撃をしたり「3戦全敗した方が日本のため」などという理不尽な主張を展開していた人々=杉山茂樹さん

であることは明白です。
それなりに発言力があって同じジャーナリストである人がはっきりとほぼ名指しで批判しているのには驚きました。

そして、この意見は前回僕が書いた意見とほぼ同じです。
僕も「岡田監督を批判した人々」「3戦全敗を予想した人々」はわざわざ謝罪する必要はないと考えています。
結果がよかったことで、それまでのすべてがよい評価に変わるわけではありませんし、本田さんも言っていましたが批判があったからこそまとまったとも考えられます。
予想はあくまで予想であり、予想を外しただけで非難を受けていたら競馬記者なんて全員失業ですよね。

ただ、宇都宮徹壱さんの言っている「理不尽な主張」が重要。
僕の考えをもっと正確に言うと、「評論家という立場の人の根拠のない主張」が問題だと思っています。
ファンレベルの人たちまでいちいち根拠を求めていても仕方ないのですが、評論家という立場はその名の通り評論をする人であるべきです。

評論というのはいわゆる「評価」する人なんだと思うのですが、当たり前ですが相手や相手の作成物について評価するのであれば、それに対する考えや根拠が必要。

「何となく弱いから3連敗」では評論にならないですよね。

だから、事前の評論とまったく逆の結果が出たわけですが、僕はそれに対して評論家としてしっかりとした考察をするべきだと思っています。
自分の事前の分析がもし違ったとしても、その試合前後の違いをしっかり考察できていれば、こんな騒ぎにはなっていないと思うわけです。
この人の場合は、人格批判したり、自分で「予想が外れたら謝罪する」って言っちゃったので、それは評論家としてじゃなくて人間として最低限の対応をすべきだと思いますけどね。

ちなみにコメントで、W杯直後に杉山さんがTBSラジオに出ている音源を教えて頂いたので聞いてみました。
全部聞くと2時間ぐらいあるのですが、最初に出てくるので15分もあれば聞けるかな?

http://podcast.tbsradio.jp/dig/files/dig20100630.mp3

たぶん聞くとイラつくと思いますので、声も聞きたくないような方のために要点をまとめます。

・岡田さんは僕が提案していた戦術を取った
・謝罪はすでに書いた
・みんなだって同じような意見だったわけで、スケープゴート(身代わり)にされた感じ


どこにいるんだかわかりませんが、


乗り込んできていいですか??


別に僕だって皆さんをイラつかせるために書いているわけじゃありませんよwww
まぁ、いろいろ言いたいことはあるわけですが、一番気になったのはもちろんこれ。


謝罪はすでに書いた すでに書いた すでに書いた・・・


とりあえず、このラジオ自体もかなり前なのですが、その当時から今に至るまでどこを探しても謝罪らしい文章は見当たりませんし、書いたという情報もありません。
このラジオでもかなりMCに突っ込まれているのですが、もちろん謝罪らしき言葉は1つもありません。

サッカーを論じる以前の問題ですね。

物書きが自分の書いたものに責任を持てないなら、とっとと辞めちまえ!!

こういう状況に対して宇都宮徹壱さんやサポティスタなどが指摘しているわけでして、発言力がある人たちがどんどん言ってあげて欲しいわけです。
悲しいことに今週のNumberには杉山さんが登場していて唖然としました。
日本の南アW杯報道は妙な「バラ色」。「ネズミ色」の現地情報も大事では?

僕はNumberを楽しみにしている1人なわけですが、なーなーにしないためにも買うのを辞めることを検討しています。
とりあえず、先ほどNumberには苦情を出して、「今後、1度でも杉山さんのコラムがあったら買うのはやめる」と書いておきました。

NumberWebおよび雑誌「Number」へのご意見・ご感想
http://number.bunshun.jp/list/contact

もう、不買運動とかまでしないと変わらないと思います。
まともな記事を書けない評論家は自然と淘汰されていくと思いますが、僕はもう我慢できません。
できる事はやっていこうと思います。
ちなみにもう1人のK子さんも相変わらずトンチンカンな記事を書いているようですねwww


関連記事

この記事へのコメント

ぶろんそん : 2010/07/23 (金) 15:20:34

こんにちは。
ツールも文字通り山場のステージも終わり、マイヨ・ジョーヌはほぼコンタドールに決まりとなって、
さてレイさんのブログを閲覧してたら、あれまビックリw

こりゃまた、熱いですねー。
この間、この件に関してはほかの人に任せるって仰ってませんでしたっけw
しかし判りますよ。その気持ち。

今回の杉山氏(以下:杉)の記事”ねずみなんたら”Number webで読みました。
内容は冒頭部はともかく、前半~後半部にかけては何ほざいとる!のオンパレード。

・来るなら来てみろ!W杯
杉コラムから引用>”それに加えて、FIFAのメディア対応も悪すぎるものだから、「来るなら来てみろ!」と脅されているような毎日だった。”

→杉だけだ、そんなこと言ってるのは。杉も色んな国でサッカー観てきた割にはいきなり素人化。にもかかわらず杉は本人ブログで来た俺エライ!と自己賞賛。
しかも、自分で”自分と同じ位サッカーが好きならここに来るべき”とホザく。
事情があって行けなかったファンもいるだろうに!ホスト国に対しても敬意を欠いてるぞ!


・全英オープン中継を引き合いに出して、W杯中継を批判
杉コラムから引用>”かたや南アW杯は、現地から登場するのは試合の実況と解説のみ。コントロールタワーは、南アではなく東京サイドにあった。”

→民放、NHKの質の違いはあれどそれで結構だし、杉の言う空気感(熱気?)は十分伝わったと思う。
南アから帰ってきて早々でボケてるのを差し引いても、だいぶおかしい。
どうも実況、解説、応援団長w、その他もろもろすべて現地に居ないと”空気感”を感じることができない
らしい、杉は。
 コントロールタワーの意味もよく判らん。中継仕切る人のことかいな?


後半からマスメディアに文句垂れたりして、書きたい放題。サッカーライターの本分は一体どこに??


極めつけはコレ。
7/23付【杉山茂樹コラム】ワイドショウと報道の境界線 http://news.livedoor.com/article/detail/4902051/
腹が煮え繰り返ること必至w 機嫌が悪いときには読まないことをお勧めしますw
ご存知かもしれませんが、杉ブログ http://blog.livedoor.jp/sugicc402/ と上記は内容同一です。
しかし、杉ブログは批判コメは一切反映されません。これもおかしいですけどね。


もうね、杉は確信犯ですよ。こうして話題性を高めてる。
ここまで堕ちたか..としかいいようがない。最早スポーツライターでもなんでもない。
自分は杉のお詫びコラムはどうでもいいですね。こんなヤツにもう何言っても無理。
スポーツメディアから消えて欲しいだけ。
Numberにこいつを批判した上でどう思ってるのか?とちょっと前にメールしました。返事無いけど。
それも当たり前か。そんなメールのオンパレードだろうし。




長文、乱文失礼しました。。

レイ : 2010/07/26 (月) 20:48:17

こんにちは。
いやーもう書くのやめようと思ったんですけどね・・・
自分のお金で買ったNumberに彼が出てきたので無性に腹が立ちまして。
雑誌には他の企画でも出てるんですよね。そこでもまた腹立つコメントしていまして。

新しいコラムも見ましたが、すごい量の批判コメントを見る限り皆さん同じ思いのようですね。
まず、杉山さんは何が批判されているかわかっていない。
自分に対する批判をしっかり分析できないと、杉山さんの今後はないですね。

>もうね、杉は確信犯ですよ。こうして話題性を高めてる。

であれば、もうどうしようもないですが。。。

Numberからの回答は僕もまだありません。
相当冷静な文章にしたつもりですけど、やっぱり回答は期待できませんね。

今後も注意して動向を見守る事にします。
納得いかなければブログにも書いていく事にしました。

都民46歳 : 2010/07/27 (火) 22:49:43

はじめまして。
大分前からチェックさせていただいております。
面白いです。

私としては、杉山氏はいまピエロ化しているので、これぐらいでいいんじゃないか、と思うのですが…。

http://www.tanteifile.com/newswatch/2010/06/28_01/index.html

それよりもこの「0勝3敗」というムックで締めのコラムを書いた「原悦生」氏。
代替案もなく岡田監督解任要求なんぞしていた方のようですが、

なんと

SAMURAI 2010 ワールドカップ南アフリカ大会 日本代表メモリアル写真集 [大型本]

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4781604501.html

なるものを出されたそうで。

これぞ変わり身の妙技、と感心しております。
かなり売れ行き好調のようで。

レイ : 2010/07/29 (木) 20:58:29

「0勝3敗」って本も結構話題になりましたね。
本自体を見ていないのでわからないのですが、W杯前に見るべきでしたwww

なんですかね~なんでこういうプライドのない方が多いんでしょうね。。。
売れれば何でもいいということですね。
もう、ダメな記者や評論家があっちにもこっちにもいて名前を覚えられませんよ・・・

>面白いです。

こういって頂けると嘘でも嬉しいです。
ありがとうございます!!

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。