スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグが日本版プレミアリーグを発足するとかしないとか

これまたすごい話が出てきましたね。
Jリーグが2012年以降、J1の上にプレミアリーグを作ることを検討しているとのこと。
まだはっきり情報がありませんが、ニュースになっているのは以下。

・J1より上にプレミアリーグを組織
・資金面などで高い基準を満たす8から10クラブを選抜
・トップレベルの格上げ
・上位チームには高年棒


マンネリ化やクラブ財政難の解消などが目的で、質の高いプレーを見せることでリーグ全体の人気向上を狙っているようです。
スカパーの放映権更新の時期だからっていう大人の事情もあるようです。

新チェアマンである大東さんは否定しましたが、こういう話があるのは事実みたいですね。
新しい事を模索していくのは大変いい事だと思うので、僕も自分の考えを書いてみます。

そもそも思うのですが、プレミアリーグが出来たら質の高いプレーが見せられるんでしょうか?
プレミアリーグ発足⇒質の高いプレー⇒人気が出るっていう超基本的な部分がまずイメージできないんですけど。。。

財政面とか人気とか実力とかを考えるとプレミアリーグに所属しそうなチームはここら辺?

鹿島アントラーズ
浦和レッズ
清水エスパルス
名古屋グランパス
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
FC東京
横浜マリノス


例えばこの8チームだけでリーグ戦をやったとしたところで、別にお得感とかプレミア感とかないですよね。
所詮はJリーグのチームな訳でこの8チームを抜き出したところで質の向上なんてたかが知れてます。
上位チームと下位チームの実力が異常に離れていて、試合をしたら10対0とかになっちゃうならまだしも、この8チームで試合をしたらものすごいハイレベルで、ものすごい熱い戦いになるとはまず思えません。

どうやって質の向上を実践していくのかがまずナゾ。

サッカーなので質を向上させるには選手か監督かぐらいしか選択肢はないわけで、短期間で何とかしたいなら結局寄せ集めるしかない。結局、金か?
じゃあ、J1やJ2からいい選手を金で集めちゃって日本代表みたいなチームがプレミアリーグに出来たとしても、それを既存のサポーターが喜ぶか?とかJ1,J2のチームは死ぬね!ってことになるわけで寄せ集めが人気の向上に直結するとは思えません。

一番手っ取り早いのが大物外国人をつれてくるですが、枠の問題もあるし、外国人枠を撤廃なんてしてしまうと、今本家のプレミアリーグで問題になっているのの二の舞です。
イングランドのプレミアリーグはいい選手を外から連れてきちゃうので、選手が育たず代表チームが弱くなるというスパイラルに陥っています。

どちらにしても、中の人たちはいいですけど、外の人たちは「勝手にやってろ」感が強くなるだけの話だと思います。

これって入れ替えとかはどうなるんだろ?

入れ替えがなければもっとマンネリするだろうし、財政面が強いチームでないとダメなら「入れ替え戦」って訳にもいかない。
昇格・降格があれば盛り上がるとは思うのですが、金欠チームがプレミアリーグに入ったら意味ないので「入れ替えはない」ってことでいいのかな?

そもそも論ですが、資金がある=強いチームだとは限らないわけだし、世界の強豪チームがみんな健全な経営をしているわけじゃないし、そこばかりは選手やサポーターが協力したって限界があります。

ともかく僕が感じるのは、チームの実力以外でリーグ分けするってのが嫌なんですよね。
スポーツにビジネスは当然必要ですが、ビジネスがあまりに表に出てくるとなんかシラケマス。

例えばJ1とナビスコカップと天皇杯を優勝したのに、財務面の審査に落ちてトップリーグに入れないなんて事になれば「あーバカバカしい」でさっさとJリーグなんか見るのを辞めると思います。
こんな感じでプレミアリーグのチームより、J1のチームの方が強いなんて逆転的な現象が起きればプレミアリーグの価値は間違いなく低下。
最終的にはプレミアリーグとJ1,J2が分裂する可能性もあると思います。

スポーツなんだから、どのチームよりもたくさん勝ったチームが最強であり、単純に1番強いチームが1番であるべきです。
強いのに1番になれないのであれば、それは基本的な原則が破綻するだけです。

文句があるなら財務面をしっかりしなさいって事なら、ゴールドマンサックスとかモルガンスタンレー辺りから「稼ぐのだけはプロ」を呼んできて、アメリカウォール街風にチームも選手もみんな証券化しちゃって、サポーターのため(株主のため)とか都合のいい理由をつけてジャンジャン稼げばいいじゃん的な。
なんか書いていたら大企業優遇、中小企業冷遇みたいな雰囲気ですね。

ただね。僕はリーグが1つ増えることはいい事だと思っているわけなんですよ。
ヨーロッパなんかだと、1部リーグから3部、4部リーグまであるような国もあるわけでして、リーグを増やすことができればJリーグに加盟したいと思っているクラブへの審査も緩くできそうです。

ちなみにウィキペディアで調べるとこんな感じ。
・スペイン:リーガ・エスパニョーラ 1部、2部、2部B、3部
・ドイツ:ブンデスリーガ 1部、2部、3部
・イタリア:セリエA、セリエB、セリエC、セリエD、エッチェッレンツァ?
・イングランド:プレミアリーグ、フットボールリーグ・チャンピオンシップ、フットボールリーグ1、フットボールリーグ2・・・8部まで?

下の方はアマチュアとかも入ってきちゃうのでよくわかりません!!

ただ、こうやってリーグがたくさんあることが層の厚さや選手の育成にもなっているのだと思いますし、国中にサッカーが根付いている原因ですね。
これまで設備とか資金とかがハードルになって参入できなかったチームが、もう少し気軽に入れれば裾野は広がっていくと思います。

だから、普通にJ1,J2,J3じゃダメなんですかね?

J1のチーム数を少し減らせば同じ事。
J1を10チーム程度にするために、来年はJ1から8チーム降格で、J2から10チーム降格で!とかになったら、来年だけはとりあえず超盛り上がりますよ。
むちゃくちゃですけど、お金で審査されるよりはよっぽど公平です。

いろいろ考えながら書いたわけですが、ポイントは以下2点だと思いました。

・審査基準
・入れ替えの有無


とりあえず、みんなが納得する基準を作るのはかなり困難なので揉めるのは必死かと。。。

おまけなのですが、もし3リーグ制になったとしたら一番上のリーグの試合数は減らすなりして、国際試合を増やして欲しいな~
現状でもACLを掛け持ちの過密日程で、ACLもダメ、Jリーグもダメになっちゃっているチームが結構あります。
Jリーグで何連覇もしている鹿島アントラーズがACLでコロッと負ける姿を見ると、Jリーグ同士でやっていてもダメだな~と思うわけです。

空いた時間を使って他国のカップ戦に参加しちゃったり、国際Aマッチデーとかでヨーロッパリーグなどが止まった瞬間を狙って遠征に行ってみたり。
ACLがパッとしないので、ヨーロッパCLに混ぜてくれないかな~
そしたら、サポーターじゃないチームでも全力応援できるんだけど。

関連記事

この記事へのコメント

アロー : 2010/07/31 (土) 15:31:24

プレミア化を推し進めて年俸が高騰して横浜フリューゲルスの悲劇が繰り返される気がしてならないのは私だけでしょうか…

レイ : 2010/07/31 (土) 16:10:38

そうならないように財務チェックをするとかいう話のような気がするのですが、結局親会社とかスポンサーとかの業績しだいでどうなるかわかりませんしね。。。
ベルディもそうですが、フリューゲルスとか野球の近鉄のようになるチームが出てこないようにしないように、しっかり検討して欲しいですね。

ゆうき : 2010/08/23 (月) 00:55:26

まだ投稿できるのかな?
浦和レッズを応援している者です。
投稿者さん案のJ1・2・3に賛成です。全く同感でJ1を8~10にして海外クラブとも試合やって欲しいです。
そっちの方が良い経験できるし盛り上がると思います。
資金面で…とかスポーツとして歪んでて絶対成立できないと思います。
強い者が頂点なのですから。

レイ : 2010/08/23 (月) 21:49:01

いつでもコメントできますよ~(笑)

やっぱり強いチームが一番上にいなけいとしらけちゃいますよね。
そして、レベルアップのためにも日本を離れて海外のチームと試合をして欲しい。
実際は、国内で試合をしないと興行的に難しいのかもしれませんが、もっとまともな議論をして欲しいですね。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。