スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れの正体もっと野球が好きになる(手束仁)を読みました!

流れの正体 もっと野球が好きになる流れの正体 もっと野球が好きになる
(2010/06/04)
手束 仁

商品詳細を見る


手束 仁
1956年生まれ。愛知県出身。國學院大卒。高校野球を中心に、幅広い分野で活躍するスポーツジャーナリスト

引用元:アマゾン


概要

プロ野球というかスポーツには流れというものが存在します。
解説の人でも普通に「流れが変わった」とか「流れが来た」なんて言葉を使いますが、では流れとは何なのでしょうか?
「流れとは何か?」を明確に説明できる人はまずいないと思います。

この本は野球を取り上げて、実際にあった試合を解説しながらその流れを解き明かそうという新しい視点の本です。
高校野球や社会人野球の試合を5試合を解説後に、流れについての考察が最後にあります。


間違いなく存在する流れ

うーん。確かに流れというものは存在すると僕も思います。
しかし、科学的根拠もないし、説明しろと言われると困ります。

ただ、サッカーなどではよく「攻められていても、必ず自分達の時間が来るから」とか「自分達の時間の内にゴールを決めておきたい」なんて言葉が普通に使われます。
そして、実際に耐えに耐えた後のある瞬間から、急にリズムがよくなって反撃するような場面を何度も見ました。
それは、誰かが退場したとか得点が入ったとかそういうきっかけがある場合もあれば、まったくそんな予兆もなかったのに流れが変わる場合もあります。

野球もありますね。
最近たまたまMLBのマリナーズ戦を見ていた時の話なんですが。
マリナーズのピッチャーは名前忘れちゃいましたが、確か5回ぐらいまで無安打で相手はまったく打てそうにないぐらい完璧なピッチングをしていました。
2アウトをあっさり取った後に、簡単なセカンドゴロをセカンドのフィギンズがエラーして2アウト1塁。
ただ、そんなピンチでもないし、そんな焦る場面でもなかったわけですが、それまで1安打も打たれていなかったピッチャーが次の打者にスコーンと2ランホームランですよ。

いやー確かに不思議。

フィギンズのエラーは明確なポイントがあったわけですが、ピンチでもない場面でのエラーでいちいち壊れるようなピッチャーならばメジャーリーグにいるわけありません。
明らかに流れの変わった瞬間だったと思います。

個人競技ならば疲れとか気の緩みとか試合の経過などからくる精神的なものでの変化はあるかもしれません。
だけど、野球はピッチャーVSバッターという1対1の勝負とも言えるかもしれませんが、サッカーである瞬間から全員が突然弱気になるとかそんな事はありえないと思います。


流れのリズム

この本に書いてありますが、流れにも短期的・中期的・長期的なものがあります。

短期的とは1打席での流れとか1試合での流れ。
中期的とはその大会での流れ。
長期的とは1年や数年間での流れ。

著者が高校野球を多く取り上げているのは、この流れのリズムがわかりやすく出るからだと思います。
そこまで強くない高校が勢いに乗って、一気に優勝しちゃうような場面もかなり見られますが、これは短期的な流れを生かすことで中期的な流れに繋げていると思われます。
この本では監督とのインタビューや試合の経過を分析することで、ただ何となく勢いに乗ったわけではなく、その流れを掴むための瞬間がある事がよくわかります。
監督という職業はきっとそういうポイントを生かせるかも1つの大きな仕事なのかもしれませんね。

プロ野球では1年間を通して結果を出すことが重要視されるので、長期的な流れを重く捕らえていそうです。


流れを掴むには

流れとは都市伝説みたいなものなので、必ず流れを掴める方法は存在しません。
その中でも著者は以下3つのポイントを挙げています。

流れの三大要素

天の時
地の利
人の和


勝負の三大要素

確率
勢い


結局曖昧なものも多いですが、これらを勢いや運を引き出すためには、日々の努力が必要なんだと思います。


この本について

えーと。確かに流れという新しい着眼点でデータを基にした考察なので半分ぐらいまではおもしろかったです。
ただ、途中で辛くなって飛ばしちゃいました・・・

試合自体を見ていないで、文字だけで試合を追うのは結構苦痛。
プロ野球なんかだと選手の顔とか特徴がわかるのでイメージできるのですが、まったく知らない監督や選手ばかりの試合を追うのでイメージしにくい。
著者の頭にはその時の光景が浮かんでいるのでしょうが、読者に同じ光景を見せるのは難しいという事ですね。

僕のようにサラッと読みたい人には向かないと思いました。
逆にアナライズ派?分析好きなの人には面白いと思います。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。