スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田翔がマー君から4戦連発弾!!覚醒した怪物!!

日本ハムの中田翔がまた打っちゃいました!!

先ほどまで行われていた日本ハムVS楽天。
楽天のピッチャーは田中将大。
試合は8回までで7対0で日ハムリードとワンサイドゲームで、日ハム打線はマー君を打てず完封ペース。

その完封を消したのは、ななななんと中田翔の一発。
シュート系のボールをレフトへ放り込み、この日日ハムが獲った唯一の点となりました。


すんげえええ!!!




これで、4試合連続で11試合で8ホームラン。
またもやマー君というエースから打った事で、エースキラーなんてあだ名すらついていますよ。

うーん、これは覚醒したのか??

あまりに短期間の話なので、本当に覚醒したのかはまだナゾ。
たまたま調子がいいだけの可能性も十分ありますが、これぐらい打てるポテンシャルは間違いなくあるということだけはわかります。

今日の試合もニュースで見ただけですが、スコアーを見ればマー君の調子が悪くなかったのは明白。
7対0で負けている場面のランナーなし8回。
ここはホームランを狙っていい場面ではありますが、それを確実にものにしたのはやはりすげええ!!
マー君だって完封したかっただろうから気を抜いたって事はないっしょ。

もともと怪物とされてプロに入ってきた中田翔。
正直、ここ2年は期待ほどの活躍は出来ずに、入団当初の話題性もなくなっていました。
本人もケガがあったり、守備のポジションも何度もコンバートしたりと、なんかバタバタしててやっとプロ野球に順応してきたって感じでしょうか?

それにしても、何でこんなに打てるようになったのでしょう??

スポニチにはこんな記事も。

「凄い投手から打てて自信になります」。日本ハム・中田がエース級を仕留められるようになった理由の一つは、狙い球を絞れるようになったことだ。

積極性が持ち味で、昨年まではどんな球も打ちにいったが、これでは確率は低い。この打席では何を考えたのか。「これまでの打席で直球を見せ球にしていたので、変化球を狙った」。


引用元:なぜ?中田翔がエース級を仕留められるようになったワケ


コーチも話しているので間違いないのでしょうけど、ホームランの映像を見ていると僕の素人目ですが、中田本人がコメントしている方が大きいのではないのかな~と思っています。

「今までだったら突っ込んだままで終わっていたが、下半身で粘りながら打てたことは大きい」


中田は、新打法として下半身を低くして、軸となる右足を大きく曲げて構えるフォームに取り組んでいるようです。
そして、それに負けない

下半身の強さ


が今の好調に繋がっているのでは?と勝手に思っています。

この動画は昨日のホームランなのですが、これを見ると大きな変化球を泳がずに下半身をうまく使って打っているような気がします。



下半身が強くないと泳ぎそうですし、打てても左に切れたのではないでしょうか?
ピッチャーがファールだと思ったボールが切れずに残ったのは、下半身の強さだと思うんですよ。

横浜ベイスターズで覚醒しているハーパーとなんかそっくりなんですよね。
ハーパーはでかい体をしている割には、どんな球が来ても体のバランスが崩れません。
少しヒザを深く曲げた姿勢から、しっかりボールを引きつけてドカン。
そして、ハーパーも中田が言われているように「選球眼の良さ」が特徴として挙げられています。



前にゴジラ松井も打撃におけるポイントとして、より体に近いところで打つ事を意識しているような事を言っていました。
ゴールを捕らえるポイントを遅らせる、いわゆるボールを引きつける。
ただ、それにはバットスピードを上げなければできませんし、軸足の強さも重要だという事でした。

なんとなくバットスピードは速そうなので、下半身が今の打ち方で耐えられるようになってきたのならば、

中田翔覚醒した!!

って期待も高まりますね~
まあ、素人のたわごとっていうか、あんまり根拠無いので、打てなくなっても責任は取れませんが・・・www


関連記事

この記事へのコメント

gkrsnama : 2010/08/08 (日) 19:42:46

白井さんがそういっていました。飛距離を出すにはバットを高速にふらなければならないが、それには高度な技術とパワーが必要であり、極めて難しい。中田は入団時にすでにできていた、とのこと。

他打者なら外野定位置のフライやライナーになりそうなあたりが、ことごとくHRになる。中田が普通の外野フライを打っているのなんかみないでしょ。今の中田を抑えるためには、普通の打者相手なら「外野に球が飛ばなかった」位の出来でないとと思います。

レイ : 2010/08/09 (月) 20:42:03

なるほど。「飛距離にまぐれはない」いい言葉なので覚えておきます。
っということは、中田翔の活躍はまぐれではないという事ですね!!

僕ではバットスピードの速さとか細かい技術はわかりませんが、プロの目線で見ればきっとわかるんでしょうね~
このまま中田翔が開花してくれるとプロ野球界は盛り上がるのでぜひがんばって欲しいです。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。