スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナに批判続出!商業試合の必要性は?

お隣の韓国、中国にてバルセロナに批判続出で大混乱になっています。
これは日本にも関わる事なので、僕なりの考察を書きます。

事の発端は、4日に韓国で行われた「バルセロナVSKリーグ選抜」の親善試合。
なんでこんな時期にバルサが韓国で試合やってんだ?って話ですが、要は完全なる商業試合であり、アジアのファンを取り入れようとするため(だけ)の試合です。

W杯に出場したスペイン代表選手は1人も帯同していない上に、試合に出たのは3部リーグに所属するメンバーが半数以上。
おまけに事前の契約ではメッシが30分以上出場する事が決まっていたそうなのですが、直前でケガの可能性があるとかで16分だけの出場。
これに韓国ファンが激怒!!したのはいいのですが、その3軍チームに5点も獲られて大敗という笑えない結果になりました。

さらに8日には中国で、中国スーパーリーグの覇者である北京国安と対戦。
メッシは一応気を使ってか前半は出場したものの、韓国での余波もあって中国メディアもバルサを批判。
一流選手が帯同していなかったと共に、練習は非公開だったりチケット制だったり、練習予定がコロコロ変わったりした事も問題になっているようです。

韓国サッカー協会は、韓国ファンに謝罪し、バルサには「国内ファンとKリーグを無視するような行動はとても残念だ」と非難。
とりあえず、メッシの出場が短かったことの契約違反として20万ユーロ(約2300万円)をバルサが主催者側の支払う事は決定したようです。


こういう商業試合は難しいですね。。。



ただ、この件に関しては僕は韓国と中国を支持します。

W杯直後でリーグ戦前にメッシやスペインの各代表選手に無理させんじゃねーよ!!っという気持ちも分かりますが、そんなの百も承知で試合を組んでいるわけですよね?
選手とメッシを出さなかったグアルディオラ監督は責められないとしても、それはバルセロナ内の現場とフロントの意識の違い。
自国のオールスター選手を準備したのに3軍しか来ないのではね・・・ファンが怒るのは当然。

僕がメッシでも「なんで遠いアジアまで行って試合しなきゃなんねーんだよ。ケガでもしたら大変だろ」と思うかもしれませんが、バルセロナが金儲けしたいのであれば選手に対して納得してもらってから来るべき。
業務命令で無理やり出させられたような選手の試合なんか見てもつまらんでしょう。
ってか、3軍しかつれて来れないなら商業試合なんかやらなきゃいいんだよな。

これは他人事じゃないです。
日本だって同じような事が日本代表の親善試合で何度もありました。
W杯前の国内で行われた親善試合できっちり1軍をつれてきた国は皆無。
おかげでまともな強化試合にはならず。

日本人はいい人なので、ちょこっとメディアが騒ぐぐらいでたいした文句も出ません。
だけど、セルビアみたいに2軍どころか2.5軍をつれて来るようなひどい場合はもっと強く言ってもいいと思います。
W杯の強化試合なのでW杯出場国を選んだのに、本大会に出場する選手が誰もいないって状態でしたからね。

相手からすれば大事な時期に十何時間も掛けて1試合のために日本なんか行きたくないよと思うかもしれません。
だけど、あんまカネカネ言いたくないですが、ビジネスとして来てもらうためにそれなりの金額を支払っているはずです。
はっきり簡単に言ってしまえば、時間や労力を金で買っているわけで、一方的に強制で呼びつけているわけでもないし、WIN-WINの関係で契約をしているんですよね?

だから、どういう契約をしているのかわかりませんが、契約の段階である程度の条件をつけるべきだと思います。
それに違反するようなら厳しく言うべき。
もし、その条件を飲めなければ自らが行くしかないわけで、日本ももっと強気で交渉して欲しいです。

弱気な交渉で、蓋を開けたら3軍登場でまったく強化にならないってのが一番最悪な結果。
強化試合で、強化にならないのならばやらない方がいいです。

前にスポーツセミナーに行った際に、アメリカMLBの日本法人トップの方が膨れ上がるアジア市場を取り込みたいような事を言っていました。
特に中国なんかは欧州のクラブチームからすると、必ず抑えておきたい市場なのは理解できます。
そういう経緯もあって、日本も数年前はレアルとかバイエルンとかが来ていましたが、各チームがアジアツアーを敢行するようになりました。
(最近、日本には来ませんね・・・人気なし?)

だけど、商業的要素が強すぎるツアーって何だかな~って思います。

レアルが来た時なんかベッカムとかラウルとかがいろんな番組ハシゴして、テレビの中の人たちが勝手に騒いで、試合もいかにも親善試合って感じのヘラヘラ具合だったし。
そういう事全体を選手達が楽しんでくれているならばいいんですが、嫌々仕事としてやっているのであれば、っていうかきっとそうですが、必要なのかな?って思いますね。

今回の韓国・中国のニュースを見ても、勝手に悪者に祭り上げられちゃったメッシは終始ブスッとしているようでして、結果的にはバルサのイメージを悪くしただけの本末転倒な結果になってしまいました。

商業試合や代表の親善試合をやるならばビジネス的な要素ばかり先行しないように、両者に取って意味のあるものにして欲しいな~
まあ、そんな簡単なものではないでしょうけど。。。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。