スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表監督候補のビクトル・フェルナンデスはどういう人?

なかなか決まらない日本代表監督。
すでに来月のパラグアイとの試合も迫っており、一部では15日ぐらいには決めないと間に合わないと言われています。
てか、今日ですけど・・・(笑)
今日流れているニュースだと22日以降にズレルと言われていて、9月4日はどうなるんだろう。

僕もパラグアイ戦は観戦に行きますので、できれば代行監督ではなく正式な監督の初戦として見に行きたいな~

その中でも現在最有力とされているのが、スペインのビクトル・フェルナンデス。
予想もバラバラだった各スポーツ誌もやっと足並み揃ってきていることもあり、フェルナンデスジャパンの発足も間近なんですかね?
フェルナンデスジャパンって長いな・・・

つーことで、僕もよく知らないので軽く調べてみました。

ビクトル・フェルナンデス(スペイン)
1960年11月28日生 49歳

サラゴサの下部組織で監督としてのキャリアをスタート。
1990年からは6年間にわたってサラゴサのAチームで監督を務め、コパ・デル・レイ準優勝(92-93)、リーガ・エスパニョーラ3位およびコパ・デル・レイ優勝(93-94)、カップウィナーズカップ優勝(94-95)等の実績を残す。
その後テネリフェを経てセルタの監督に就任すると、3年連続でリーグ戦で上位に食い込み、コパ・デル・レイ準優勝も果たすなど結果を残す一方で、スペイン人好みのファンタスティックな攻撃サッカーを展開し更に評価を高めた。

その後ベティスを経てポルトガルのポルトの監督に就任。
トヨタカップを制覇し同クラブを世界王者に導くも、成績不振で中途解任されている。

2006-07シーズンからは古巣のサラゴサへの復帰が決定。
同シーズンではアイマールやダレッサンドロらを擁し、攻撃的なサッカーを展開した。
チャンピオンズリーグ出場権には惜しくも届かなかったが、6位でシーズンを終えUEFAカップ出場権を獲得した。
07-08シーズンは、シーズン前に大型補強をおこなったことで大きな期待を集めたが、UEFAカップで早々に敗退し、国内リーグも低迷した。
そして、その責任を取らされる形でシーズン終了前に解任された。

2010年1月、アントニオ・タピアの後任としてベティス監督に復帰するも、4位で昇格を逃したため契約打ち切りとなった。

引用元:Wikipedia


ともかく、いろんなブログをまわって見る限り



思いっきりスペインサッカー



ちょこちょこ出てくるワードは「クライフ信者」。攻撃的で美しいスペクタクル?なサッカーをする方のようです。
このように聞くと聞こえはいいですが、実際のところどうなんでしょうかね~

海外サッカーに詳しい方などは2006-20007のサラゴサでの活躍を挙げる方が多いです。
この時は選手に恵まれていた事もあって、そのタレントをうまくまとめてバルサのような素晴らしいサッカーをしていたようです。

それ以上にポルトでのトヨタカップ制覇が光りますが、これはトヨタカップ1戦だけ勝っただけなので評価はなし。
ポルトがチャンピオンズリーグで奇跡的な快進撃をしたのはモウリーニョ体制での話であり、その後ポルトで結果を出したならまだしも途中解任ですからね。。。

うーん。大丈夫かな?

ちょっと経歴としては物足りない気もするな~
詳しい方になればなるほど意外と評価が高かったりだったり、スペイン代表監督やバルサの監督の噂もあったぐらいの人ではあるようですが。

ただ、一応日本もスペインサッカーを目指していたわけで、その方向性が合っているのか?は別にしても戦術面が突然180度変わるって事はなさそうです。
これまで積み上げてきたものは生かして欲しい。

戦術面はすごく長けているようで、選手交代のうまさとか早さなどにも定評はあるようです。
特に日本の場合は、アジアでは強者、世界では弱者という微妙な立場であって、アジアのチームとヨーロッパのチームで同じ戦い方ではダメだと思いますし柔軟な戦術を期待したい。

守りを固めるアジアのチームだったら、3トップだろうが4トップだろうがともかく攻撃的に攻めて相手を圧倒するぐらいの戦い方をして欲しいし、ヨーロッパのチームならW杯のようなしっかり守ってカウンターでもいいと思う。
日韓W杯のトルコ戦とか南アフリカW杯のパラグアイ戦で行かなければ行けない時に行けなかったし、言われた事しか出来ない?やらない?のはずっと言われてきた日本の弱点なので、スペイン的な?クライフ的な?サッカーをするならば戦術+精神を鍛えて欲しいです。

ただ、結局スペインサッカーに届かないから本番で方向修正をせざる終えない状況になったのも事実なので、そもそもそこを目指していいのか?っていう疑問は残ります。
だって、パスサッカー目指したのにW杯でのパス成功率が出場国の中で最下位ですからね・・・出来るの?本当に?
なんて言ったところで僕自身も、日本サッカーがどこを目指すべきかよくわからなくなっているので大きなことは言えません。

スペインのサッカースタイルが最先端である事は間違いないし、いわゆるクライフ信者?らしき人も多数入るのも現実。
守備的になるとウダウダ言い出すプロの方々は特にそういう傾向があるので、やらせてみれば彼らの言っている事が正しいのか?がはっきりしていいんじゃないでしょうか?(笑)

個人的に心配点を挙げると、やはり代表監督の経験がない事と、海外での経験が少ない事。
クラブの監督と代表監督はまったく別物ですからね。
それに加えて、指導者歴のほとんどっていうかポルト以外はすべてスペイン国内でしか監督歴もなくて、遥か彼方の島国に来てやっていけるのかってのも心配。

もちろんサッカーについてもそうですけど、ライフスタイルとか生活習慣とか。
初めての海外生活ってきっと大変ですよね・・・

全体的に言うと情報が圧倒的に足りない感じでした。
戦い方は明確なのですが、人間としてどういう人なのか?を書いている人はまったくいませんでした。

日本では知られてなくてもヨーロッパではそれなりの知名度っぽいですし、先入観がないのは逆にいいと前向きに捉えたいです。
まあ、決まれば僕はひたすら応援するのみですけど!!



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。