スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水野晃樹の名言「(オシムの)何がどう凄いのか、わかりませんでした」キリッ

今年、セルティックから柏レイソルに移籍してきた水野晃樹選手がスカパーのインタビューを受けていました。

水野といえばワールドユースやらオリンピック代表やらA代表にも選ばれているサッカーエリートなわけで、間違いなく「日本サッカーを背負って立つ男」だと僕も思っていました。てか今でも思っています!!
そんな期待の選手が、我が柏レイソルに移籍したわけで僕も大注目しています。

セルティックでなんかおかしくなっちゃって、日本に帰ってくると思ったらジェフじゃなくてレイソル。
レイソルサポの僕も「おっしゃーー!!」と「おいおい、よりによってレイソルはまずくないか?」という複雑な思いがあったわけですが、もう水野はレイソルの一員じゃ!!と割り切って考えてたわけです。

そんな中、水野がベンチ入りしたのはなんとジェフ戦。
いやーこれは激しいブーイング必死だな~なんて思ったいたら、後半39分から出場し6分で交代。
右ひざ前十字じん帯損傷で全治約6カ月。もちろん今年は絶望という笑えない結果に。。。


ちょっとーーー!!!


ケガなので仕方はないとは言っても、6分でオワリとはあまりに不運だし、サポからしても・・・という心情。
いくら水野といっても、現在のレイソルは今のままでも十分調子はいいし、若い選手がたくさん出てきているし、水野の主戦場である右MFはペルーMVP男の澤がいるし。
ネルシーニョがどういう使い方するのかすごく楽しみだったのですが、それはJ1に上がってからの楽しみにするか。

そんな水野がスカパーのインタビューを受けていたので僕も期待して見ました。


Jリーガーの素顔「水野晃樹選手編」
http://soccer.skyperfectv.co.jp/Jleague/column/2010/08/sptv-16110501.html

mizuno_20100817210716.jpg  


水野は今でもオシムチルドレンのイメージが強いですが、オシムの最初の印象はこんな感じらしいです。

当時の監督は前日本代表監督のオシムさんでしたよね?

はい。周りの人たちからは偉大な監督だと聞かされていたのですが、僕自身は何がどう凄いのか、まったくわかりませんでした(笑)。
でも、オシムさんの練習メニューをこなしていくうちに、その凄さをだんだん感じるようになりました。



おーなかなか言うね~


若いうちはこうでないとね。
いちいち有名監督とか有名選手を目の前にして舞い上がっているような小物はレイソルには不要!キリッ
ちなみに現柏レイソル監督のネルシーニョも日本代表監督筆頭になった事もあるすごい人なのですよ(自慢)

そんでやっぱり気になるのはセルティック移籍をどう考えているのか?

・やれなくはなかった
・チームメイトと打ち解けるのにも、あまり時間は掛からなかった
・環境によって臨機応変にできるようになった
・複数のポジションをこなせるようになった


不完全燃焼は自分でも感じているようですが、それでも自分のためにはなったと前向きなのでよかった。
僕らが見える試合の時間ってのは本当に一部だと思いますし、どんな環境でも恐れずできるようになったと言うのは心強い。

そんで、知らなかったのですがFWから左サイドなんかもやっていたんですね。
それなら、右は澤か水野のどちらかにしか使えないなんて事もなくなるし、これはレイソルだけでなく日本代表を見据えてもユーティリティプレイヤーとして監督もきっと使いやすいはず。
香川とか阿部ちゃんなんかは典型ですが、現代サッカーはすごくユーティリティさを求められるのでいい傾向です。

だけど、何でレギュラーになれなかったのかな??
俊輔がいた頃は、セルティックの試合も何度か見ていますがお世辞にもうまいチームじゃないし、水野が出れないほどメンバーが揃っていたとも思えないですけどね・・・
サポーターとしてはそこら辺が気になりますが、そこは多くを語っていないので謎です。。。

本人が言うとおり

サッカー選手はどんなにいいチームにいたとしても、

試合に出なければ評価されません


と言うのは僕もっというかみんな同意見だと思います。

正確に言えば「試合に出て結果を残さなければ評価されない」だと思いますが、どんな理由があれ試合に出れていなかった事はしっかり自分の中で考察して、次に生かして欲しい。
そして、J1で爆発して欲しいな~ブラジルW杯にももちろん出て欲しい。

レイソルの試合はJ2に落ちてからなかなか見に行けてなかったのですが、ひかりTVに入ったので録画ながら見れるようになりました。

見違えるようないいチームになってたよ・・・

昨年までは「運動量を生かした前線からの激しいプレス」みたいなかっこいい言われ方していましたが、実際は何となく放り込んでみんなでワーワーする。
日本代表が昔「ワーワーサッカー」と言われていましたが、それのクオリティ低いバージョンでした(涙)
攻撃はフランサに預けて後はフランサが何とかしてくれっだろ!!状態でしたしね。

J2だからってのもありますけど、今はしっかりパスがまわるようになっていて、運動量は以前と同じぐらいあって、サイドバックの上がりとか、前線の連動とか、攻守の切替とか。
前線は若い選手だらけだし、トップにホジェルというブラジルトップリーグで6試合6得点とスーパーなFWが加入したし、大黒が移籍した今事実上の得点王である工藤君もいます。

加えて、実質エースの大津君がケガで出れていない状況であり、もっと選手の成長とか戦術がしっかりして大津君が戻ってくれば、素晴らしいサッカーをしていたオシム時代のジェフのようなサッカーが出来るじゃないかと期待しちゃうような状況でした。

それは、水野にとってすごくやりやすいシステムだと思うし、違和感なく戦術に溶け込めると思います。
ネルシーニョの戦術に加えて、オシムから学んだ事を選手に伝えて欲しい。
水野クラスの選手ならば日本代表に本人だけでなく、工藤やタナジュンや茨田辺りの将来性のある選手を引き上げるぐらい技術や経験を伝授して欲しい。
(大津と菅野は勝手に入るので必要なし!!)


き・た・い・してるぜ!!


最後に水野の言葉。

サッカーをやっていない自分は想像がつかない。
サッカーしかやってきていませんし、サッカーをやるためだけに生きてきている感じです。
僕の中でサッカーと人生はイコールです。



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。