スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で勝つため!カーリング本橋麻里が新チーム結成!!

カーリング界が騒がしくなってきました。

4年に1度の冬季オリンピックだけすごく注目されるカーリング。
バンクーバーオリンピックでも瞬間沸騰のように注目され、ネット上でもどこにいたんだプチ評論家みたいな人が増殖し、「がんばれ!」という応援から、「ヘタクソ!」という心無い批判が飛び交うような事態になっていました。
なんて言っていますが、そんな僕もプチ評論家気取りの一員だったわけで、家ではテレビに釘付けになり、会社ではリアルタイム速報をパソコンの裏に隠しながら、1回1回のスローにガッツポーズしたりガッカリしたりしていたものです。

日本VSイギリス戦では試合内容も痺れる試合でしたが、それ以上に「イギリスのスキップの子かわいくない?」とイギリス代表のミュアヘッドが人気になったり、「イエース!!!イエーーーーース!!」でお馴染み?解説をしていた小林さんが話題になったりと試合以外で人気者になる方まで出現。

ただ、祭りにはみんな参加するけど、飽きるのも早いのが日本人。
バンクーバーからまだ半年しか経っていないのに、カーリング???とすでに過去のものになっているよう感じます。

そんな中でも、1人だけしっかり話題なるのがマリリンこと本橋麻里。
カーリング=本橋麻里となっているのが悲しいかな今の現状であり、オリンピック後は「食わず嫌い」にフィギュアのスターである高橋大輔と共に出演し石橋貴明と「じっしょく!!」をおもしろ顔で連発したり、CMではチーム青森で出たもののアイドルグループ的に言えばしっかりセンターを確保し、過去にはイメージDVDまで発売していたり。
人気的にも実力的にもカーリング界のスター選手であることは誰もが認めるところです。



そんなマリリンですが8月16日にチーム青森を離れて新しい自分のチームを結成する事を発表しました!!

カーリング日本代表はイコールチーム青森であり、普段のクラブチームがそのまま代表になるという他のスポーツではあまり見られないシステムなので、これはただチームを移籍するという事以上の大事件です。
チーム青森を抜ける事は現在の日本代表チームを抜けるという事だし、新しいチームを作ってチーム青森と対戦するという事は、それまで所属していたチームと日本だ表を掛けて戦わなければいけません。

普通で考えれば揉め事?とか思いそうですし、実際にバンクーバーではチーム戦術を決めるスキップを目黒さんに譲る形になっていたので、マリリンからしても納得いかない気持ちがあったのではないか?と僕も思っていました。
そんな状況をスポルティーバのコラムで解説してくれています。

【カーリング】“カー娘”の顔、本橋麻里が新チームを結成した理由

http://blog.shueisha.net/sportiva/othersports/index.php?ID=51

「約5年間、所属してきたチーム青森を離れる決意をしました。
トリノ、バンクーバー五輪に参加するなど、チーム青森での5年間は本当に貴重な時間でしたが、新たな選択をするのは今しかないと思って、決断しました。
今後は、私の地元である北海道北見市を拠点に、同じ故郷の仲間たちとチームを組んで活動していきます」(マリリンのコメント)

「あれだけの環境でチーム作りを煮詰めたのに、大きな大会で結果が出ない。(本橋が)まだ世界と戦う意思があるのならば、新たなチームを結成して、違う角度からアプローチするしかない」(関係者)

日本では勝てるが、世界では歯がたたない。これが日本のカーリング代表チーム、つまりチーム青森の現状だ。(コラムの著者)



これらを見れば結論は明白ですが、今の環境では世界で勝てないということですね。
チーム青森は日本では完全に一強。
実力と共にアマチュアながら、環境やバックアップ体制なども抜けていいようです。

ただ、やはり競争がない中でひたすら勝ってもお山の大将になるだけの話で、今以上向上していくのは難しい。
僕自身バンクーバーでは何試合も見ましたが、そこまで実力に世界と開きがあるとは思えませんでした。
しかし、強豪国はここぞという時に必ずスーパーショットを見せてきましたし、日本は逆に大事な場面でのミスが目立ちました。
こういうギリギリのところってのはスキル以上にやっぱり経験しかないと思いますし、国内でもギリギリの勝負をしている各国の選手からしてみれば日常茶飯事なんじゃないかと思います。

そういう現状を一番よく理解しているマリリンだからこそ、チーム青森が持つ力、バックアップ体制、環境、日本代表をすべて捨てて新しいチャレンジに踏み出せたのかもしれません。

このコラム中にもありますが、先週辺りに富士急が「チーム・フジヤマ」というカーリング部を発足させました。
このチームのヘッドコーチにはバンクーバーの解説で話題になった小林さんがついています。
どのような経緯があったのかわかりませんが、少なくとも国内のカーリング界を盛り上げる気持ちがあったことは間違いないでしょう。

このご時勢に新しいチームを作ってくれた富士急さんには感謝ですね!!

今度富士急ハイランドに行かせてもらいます!!

群雄割拠時代なんてワードが書かれていますが、これまでの競争が少ない状況が一般的なスポーツ界からズレていたとも思えますし、これまで安泰だった選手からすれば大変でしょうけど、全体的に見ればいいことだらけなんじゃないでしょうか?
国内の試合がもっと面白くなれば4年に1度の風物詩状態から抜け出せるかもしれませんしね。

ただ、ただ、ただ、ものすごい個人的な事を言えば、僕はチーム青森所属の近江谷さんを応援していて、バンクーバーでもマリリンと近江谷さんの美人コンビが並んで相談している姿がすごい好きだったので、もうあれが見れないと思うとすごく悲しい。
ソチオリンピックでは、マリリンも見たいし近江谷さんも見たいしどっちを応援すればいいのやら。

もっと言えば、近江谷さんの妹である近江谷七海さんも

鬼かわいいんですわ!!!



もう、誰をどう応援すればいいのかわかりません・・・


全員がんばれ!!!


目黒さんは引退し、マリリンが抜けた王者チーム青森がどうなるのかも気になるところです。。。


関連記事

この記事へのコメント

ぶろんそん : 2010/08/20 (金) 06:38:34

こんにちは。

ミュアヘッドもいいですが、ロシアのシドロワもいいなと思ってます。ええ、ミーハーです。
さらに言うならバンクーバーではフィギュアのキーラ・コルピが個人的に一番ビューティーでした。異論は認めません(嘘)

さて、本橋の新チーム結成のニュース。
驚きもありましたが、”やっぱりそう来るか。。”というのが感想ですね。どうも他メンバーと温度差があったような気がしましたから。画面を通してからですが。
これで、小野寺(旧姓)&林がチーム青森に復帰して本橋のチームと戦う事になったらそれはそれで面白そうだと多少いやらしい考えを持っている自分がいます。
いい意味で女子カーリングに群雄割拠の時代が到来したんじゃないでしょうかね。

レイ : 2010/08/20 (金) 20:35:06

こんばんは。
なかなかお詳しいですな~www
それを言われたら僕はタニス・ベルビンになっちゃいますね。。。

僕も画面を通してマリリンに不満がありそうだな~とは思っていました。
目黒さんの優柔不断さによくイライラしているような話も実際ありましたからね。
カーリングも盛り上がってくれるといいんですけどね~

ぶろんそん : 2010/10/14 (木) 15:09:13

来ましたねーー!
このニュース観てそういえばレイさんブログにコメントしたなーと思い出し再コメントです。

チーム青森に復帰では無く新チーム結成とのことらしいですが。まさかこのチームに目黒が電撃復帰ということは???

トリノでカーリングの面白さを教えてくれた彼女達の復帰を個人的に歓迎します!

このチームにチーム青森や本橋のチームそれにその他有力チーム。。面白くなってきやがったw

こりゃ国内大会のTV放映の可能性大かな。

レイ : 2010/10/14 (木) 20:27:07

来ましたね~!!
だけど、チーム青森じゃないんですよね。なんでだろう?

これで一気に大激戦になりそうですね。
テレビでぜひやってくれるといいんですけどね。
CSだったらお金出すのにな~誰かUstream配信とかしてくれないかな~

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。