スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ市場は大変冷え込んでいるようです。

石川遼君や宮里藍ちゃんの活躍で一見人気が高まっているような気がするゴルフ。
テレビでも夜の時間帯ながら海外ツアーを生中継で数時間に渡って放送したりと、メディアへの露出も高まってきていたように感じます。
選手も男子は石川遼中心ですが、女子は若い力のある選手がたくさんいて、昔の「男だけ」とか「おっさんだけ」とかのイメージも薄れてきています。

だけど、やっぱりゴルフ市場は縮小してしまっているようです。
8月4日に矢野経済研究所というところが調査結果を発表しています。

2009年のゴルフ用品国内出荷市場は、前年比91.5%と大幅に縮小
2009年のゴルフ用品国内出荷市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比91.5%の2,680億5,000万円と、大幅に縮小した。
各商品カテゴリーの中で、「グローブ」「その他用品」市場は成長を果たしたが、その他の市場は全て縮小となり、特に中心商材である「ウッド」市場の大幅な落ち込みが市場全体を押し下げる結果となった。

伸張を続けてきた「レディース」市場が、2009年は前年比93.1%と縮小に
2006年から2008年まで伸張を続けてきたレディース用品市場だが、2009年は前年比93.1%の544億6,500万円と縮小に転じた。成長率の高かったゴルフウエア市場においても、2009年は縮小となった。

2010年のゴルフ用品国内出荷市場は、前年比98.4%と縮小する見込み
2010年のゴルフ用品国内出荷市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比98.4%の2,638億4,000万円と、引き続きマイナス基調にて推移すると予測する。
中には一部回復が見込まれる商品カテゴリーも存在するが、金額構成比の高いゴルフクラブ市場が前年比95.9%の959億4千万円と5%近い縮小予測となっており、市場全体にも大きな影響を与えるものと予測する。

引用元:ゴルフ市場に関する調査結果 2010



まあ、不景気で用具だけ買わないって人も多いと思いますが、これだけ減少していれば間違いなくゴルフ人口も減っていると思われます。

まぁ、この結果は予想の範囲内の結果ですよね。
簡単にまとめれば、それなりにお金がある年齢が行った人がやるスポーツ。
40代と30代でガクっとやっている人の比率が下がります。

会社のカラーとかにもよると思いますが、僕が新入社員の頃は30歳ぐらいの人はかなりの人がゴルフをやっていました。
だけど、今ではもっと上の人でやらない人がすごく増えたせいか、ゴルフを継続的にやっている人をあまり見なくなりました。
この結果は当然です。

今では嘘みたいな話ですが、僕の親父世代では「ゴルフをやっていると出世が早い」なんて事がリアルにありました。
実際に僕の親父はたいした学歴もないのに、ゴルフで偉い人と仲良くなり、そのコネから上に推薦してもらったり、引っ張り上げてもらっていた張本人なので、すべてが都市伝説とは言えないと思います。

そんで、僕の親父がリアルに言い放った言葉がゴルフ業界縮小の原因だと思います。

ゴルフをやっている事が成功のステータス

たいした成功もしていないわけですが、はっきりと僕に言いました(汗)
まあ、普通に働いてそれなりの役職について、週数万円をゴルフに費やせるようになったら親父世代では成功者なんだと思います。
たぶん、今でも40代~50代以上のゴルファーはあまり考えが変わらないのではないでしょうか?

金がある奴がやればいいのだ!!

まあ、こんな事をこんなご時勢に言うのかな?と思うかもしれませんが、システム面を考えても金が掛かるようになっているのも事実。

・ゴルフクラブが高い
・クラブをレンタルは出来ないところが多い
・場所が遠い(車がないと行けない)
・無駄にクラブハウスが立派(あんな立派にする必要ある?)
・格好にいちいちうるさい(ゴルフ用のウェアを購入する必要がある)


僕は最近始めた1人なのですが、一応ゴルフをやっている人の中ではかなり若い方としての意見をはっきり言わせてもらえば、なんか面倒な事が多いし、手軽じゃないし、制約も多いし。
いいとか悪いとかを別としても、少なくともこれでは若い人はやらないだろうという事だけはわかります。
スキーとかスノボーの人気がなくなってきているのと同じような理由かな。

やってみてゴルフ自体は結構面白いんですけどね~

このまま縮小しちゃってもいいならいいんですけど、もう少し考え方を変えて、ゴルフ業界自体が変わっていかないとオワルよ。本当に。
僕が思う他のスポーツと違うゴルフをやらない理由は以下3点。

・お金
・時間
・場所

道具やプレー料金や移動料金の高さ。
1コースまわるのに掛かりすぎる時間、移動の時間。
車がないと行けない場所。

若い人はこんなに長時間、大金払ってゴルフをやるとは思えません。
もっと安くて、手軽で、短時間で出来る遊びを選ぶに決まっています。
結局、ゴルフというスポーツ自体に魅力がないのではなくて、それに付随する多くの壁が遠ざけているわけです。

そもそも、1回やってもらうまでのハードルが高すぎる。
それに加えてウェアはいまいちだし、ルールとは違うよく知らんマナーでガチガチだし。

サッカーがなぜこんなに世界的なスポーツになっているか?を考えれば、それはボール1つあれば誰でも出来るからです。
貧しい国では紙をくるんだようなボールを使って遊んだり、ちゃんとしたゴールがなかろうが、着る服がなかろうが、ただボールらしきものが1つあれば人種とか環境とか貧しさとかそんな事関係なく誰でも出来るのです。

プロ選手ならばしっかりとしたマナーは大切ですし、ラインを踏まないとか、前の選手がちゃんといなくなってからプレーをスタートするとか、明らかにスコアに関係してくるものや危険であるからやっているマナーならばいいと思いますが、襟付きシャツじゃないといけないとか、ジーパンはダメとか、プレー自体にまったく関係ないこういう事までアマチュア選手が厳格に守る必要ってあるのでしょうか?
クラブのレンタルが出来ないとか本当に理解不能だし、そういう小さな事がどれだけ初心者を遠ざけているかわかっているのだろうか?

文句ばかり言っているみたいんであれなんで、ゴルフ初心者から見た前向きな提案をしてみようと思います。
それは、でかいコースはもう不要だから、ショートコースをもっと増やすべき。

しっかりとしたクラブをレンタルできるようにして、立地も駅近にする。タクシー1メーターぐらいでいける距離。
靴は芝を痛めないものじゃないと困るからスニーカーまでOKとして、ウェアは何でもあり。

ショートコースとかハーフコースとかって、どうも練習のイメージが強いし「ハーフはゴルフじゃない」なんて人がいるようなので、なら別の競技にしちゃえば?
ショートゴルフとか名前つけて。

いい例がサッカーとフットサル。
サッカーとフットサルは似て非なるものだと思うし、フットサルがサッカー以上に細かい技術やボールタッチ、スピーディーな展開が求められるように、ショートコースならグリーン周りの技術とか、パッティングとか、そういう技術がより求められます。
僕の経験上、ショートコースでも十分面白いし、ホールインワンとかチップインとかのスーパーショットで十分魅力あるプレーも出来るはずです。

これなら安く出来るし、1回1時間半ぐらいでプレー時間もちょうどいい。それも手ぶらで出来るし。
立派な食堂や広いお風呂もいらないし、キャディさんもいらないから人件費も掛からないし。


きっと「何する?ゴルフでもするか!」ってぐらい手軽になるし、そこから本格的にやりたいと思う人はしっかり道具も揃えて18ホールに挑戦すればいい。
お金がある人は立派なゴルフ場に行ってやればいいし、お金がない人はショートゴルフをやればいい。
子供も連れて行きやすいし、ヘタでも気にならないし、デートの選択肢にもなります。

現在もショートコースはたくさんあるのですが、どうもゴルフの悪いところはしっかり引き継いだただのミニゴルフ場に見えます。
小さいからこそ出来る企業努力をもっとして欲しいし、普通のゴルフ場とまったく違うような驚きのサービスなんかがあればいい。
隣にショッピングモールがあったり、ドトールとかマクドナルドがクラブハウスにあったりとか・・・なんて考えたのは完全に適当意見なので無視でいいのですが、それぐらい斬新にやっていかないと時代について行けないよ。

なんにせよ、みんながお金を持ってた時代ではないわけで、成長を望みたいと思っているならば何かしらの施策を打つ必要があるのでは?という僕なりの考えです。
せっかく、プロゴルフは若い選手で盛り上がっているのに、このタイミングを逃すのは惜しいと思います。


関連記事

この記事へのコメント

ビジネスマナー : 2010/08/21 (土) 21:51:26

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

ナイトダンサー : 2010/09/24 (金) 12:25:34

あなたの視点によるコメント、長々とご苦労様でした。

お金がかかるからやらない(やれない) はい、どうぞやらないでください。

時間かかりすぎ はい、駅前のゲーセンででもお遊びください。

遠いから車が無いと行けない(行きづらい) はい、来なくて結構。

日本で、ゴルフを庶民のスポーツ(娯楽)にしようとしたこと自体が誤り。庶民のものではないのだから、庶民の身なりや格好、考え方でゴルフ場を変えてしまっては困るのです。

海外の一部地域では別ですが、日本でのゴルフは、庶民の憧れであったほうがいいのです。
そう言い切って諦めてもらったほうが、日本のゴルフ界が世界からバカにされずにすみます。

きついこと言ってごめんね。

レイ : 2010/09/24 (金) 21:23:00

> きついこと言ってごめんね。

いえいえ(笑)
典型的なおじさんの意見で参考になりました。
このような人たちの集まりがゴルフ市場を縮小させているってこともわかりました。

ちなみに僕はこれまでのゴルフ場は残しながら、手軽に出来るゴルフ場も作るべきでは?という意見ですよ。
ゴルフ業界全体の状況も考えずに、建設的な意見も出せないんですもんね~
庶民の憧れですか(笑)

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。