スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカヤマフェスタとヴィクトワールピサが前哨戦で激走!!(動画あり)

10月3日の競馬界最高峰レースである凱旋門賞に出走するため、フランスに渡っているナカヤマフェスタとヴィクトワールピサがそれぞれ前哨戦に出走しました。

ナカヤマフェスタはフォア賞で2着!!

ヴィクトワールピサはエニル賞で4着。


動画を見つけました。

ナカヤマフェスタ(蛯名)

フォア賞(G2)
ロンシャン競馬場2400m 6頭




ヴィクトワールピサ(武豊)

ニエル賞(G2)3歳限定
ロンシャン競馬場2400m 7頭




ナカヤマフェスタおしいいい!!




2頭は違うレースに出ましたが、両方とも本番と同じロンシャン競馬場の2400m。
フォア賞は1999年にエルコンドルパサーが前哨戦として使って勝っております。(凱旋門賞は2着)

ナカヤマフェスタは結構好きな馬で、2歳の頃から結構買っていただけにこの結果は逆に驚きですね~
正直、力の衰えが見えてから挑戦したメイショサムソンばりに期待してなかった・・・(すまん!)
宝塚記念を勝って凱旋門賞挑戦という運びになったわけですが、宝塚では完全に伏兵扱いの勝利でしたし、宝塚前の成績やこれまでの重賞実績を考えれば「さすがに力不足だろうな~」と追っかけてきた馬だけに逆にそう思っていました。

それに気性の問題は前から指摘されていましたし、切れ味で勝負するタイプなので馬場も合うかな~とか。
ロンシャンに限らず「日本の馬場=堅い、ヨーロッパの馬場=やわらかい」という違いがあるので、ヨーロッパではパワーが要求されます。
でも、よーく考えると、ダービーの時にドロドロの馬場で唯一後ろから突っ込んできた実績があるので、そこまで緩い馬場を苦にしないタイプなのかな?

実際にレース前はかなりいれ込んでいたという話なのですが、レースでしっかり走ったところを見ると大人になったと言う事ですね。
6頭立ての2着とは言え、本番でも有力候補になるような馬もいたようなのでこの内容は素晴らしいです。
いやーまさか、まさかがあるかもですね。

逆に期待を掛けていたヴィクトワールピサは4着。
4着といっても1着からは8馬身も離されているので簡単に言えば惨敗です。
直線で最後方に下がり(なんで?)、大外からグングン進出したものの止まりました。

ただ、普通に考えてもダービーからひさびさの出走な上に、初遠征、初コースでいきなり激走はしないでしょう。
武豊も太め残りだったというコメントをしているので大丈夫だと思うのですが、あの止まり方を見るとやっぱり距離が長いかもな・・・

ただ、凱旋門賞は斤量面で3歳馬が圧倒的に有利なのは有名な話ですし、自在性とか反応の良さとかが武器なのでうまく立ち回って、早め先頭で我慢の展開になればいけるんじゃなかと思っています。
(3歳馬:56kg、4歳以上:59.5kg)

ドバイでは前哨戦で好走し期待を掛けられたレッドデザイアが本番で失速。
逆に前哨戦がダメで心配されたブエナビスタが好走するという事もあり、前哨戦の成績がよければ本番もいいといかないところが難しいところ。
前哨戦を7割で仕上げて負けたけど、本番ではしっかり勝つような馬はたくさんいるし、むしろ直前に走りすぎて本番は山越えちゃったなんて可能性もあるので、ピークの持って生き方は人間以上に難しいかもしれません。
ともかく両方とも同じコース、同じ距離で走ったことに意味があるし、長期滞在することもすごく馬にとってはプラスだと思います。

最近はさすがに本番に直行するような事例が減りましたね。
一時期はポッと行って、ポッと出て、ポッと負けて、ポッと帰ってくるような馬が多かったですからね。
人間だって初海外で、すべてが初めての場所で、いきなり世界一決定戦に出たらそりゃ実力出せませんよ。
そして、僕は海外帰りの馬は買わないって決めていた時期があるほど、海外レース後にしばらく立ち直れない馬を結構みました。

きっと調教師さんとか馬主さんとかが慣れてきたというか、海外レースに対するノウハウが出来たんだと思います。
今でもまったく力を出せずに大失速しちゃうような場合もありますが、精神的な面はある程度仕方ない部分もありますし、前よりは確実に実力をそのまま出せるようになってきているように感じます。
日本に帰ってきてからガタガタと崩れちゃうような馬も減ったし、遠征における体調管理の努力が詳しくは知らないですが、なんか伝わってきます。

ともかく、僕は凱旋門賞、キングジョージ、ドバイワールドカップ、ブリーダーズカップのどれかに勝つようなことがあったら泣くという事です。

エルコンドルパサーが凱旋門賞2着
トゥザヴィクトリーがドバイワールドカップ2着
ディープインパクトが凱旋門賞3着
ハーツクライがキングジョージ3着

と後一歩のところまで来ているわけです。

今回はちょっと小粒かな?っと思っていたのですが、前哨戦の結果を見て可能性が十分ある事がわかりました。
後は無事にスタートラインに立って欲しいですね。

ディープの時みたいに民放のテレビでやってくれるといいんだけどな。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。