スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローが10年連続200安打達成!200安打への思い。

イチローが10年連続200安打を達成しましたね!

イチローにとって1シーズンで200本安打を打つことは目標と言うよりノルマのようになっているわけで、きっと本人もホッとしているでしょう。
日米通算3500本安打の際には、アメリカでまったく認められない記録に騒ぐマスコミを見て「???」と僕もなりましたが、この記録はイチロー本人も意識している記録ですし、ここは素直に喜びたいと思います。

後2本に迫っていた今日のブルージェイズ戦。
3回の2打席目にレフト線2塁打で199本目のヒット。
そして、5回の3打席目にセンター前ヒットで200本安打達成。







試合後のインタビューでは相変わらず淡々としていたみたいですが、内容を見る限りすごく喜んでいるように感じますし、何よりチームメイトから祝福されたようで本当に良かった。
年間200本打つ1番バッターがいてあのマリナーズの成績を見ると、「お前らも働けや!」という気持ちが沸き起こるのをグッと堪えて(笑)、チームに溶け込んでいることが僕は嬉しい。

そんな中、なぜかスポーツ誌ではないのにいつも素晴らしいコラムを書く日経新聞のコラムに深い~話がありましたのでご紹介を。

8月半ばからマリナーズは今季最長の2週間にも及ぶ遠征に出掛け、その間、ニューヨークで1日だけ休みがあった。
それを利用してイチローは、クイーンズにあるカルバリー・セメタリーを訪れたそうだ。
マンハッタンのスカイラインを一望できるその大地には、ウィリー・キーラーが眠っている。
イチローが2009年、9年連続シーズン200安打のメジャー記録を打ち立てるまで、100年以上も記録を保持してきた選手だ。

引用元:イチロー、200安打への思いとキーラーとの繋がり



8月19日にイチローはウィリー・キーラーの墓を訪れているそうなんです。
ウィリー・キーラーは8年連続200本安打の記録を持っていた選手で、昨年イチローがその記録を超えていきました。
イチローが抜くまで108年間というすごい期間記録を持ち続けていて、逆にそれが年間200本安打を続けていくことのすごさを物語ります。

どういう心境とか、何を思ったのかはイチローの口から語られていませんが、1日の休みをこのように使ったという事は、イチローの中で10年連続200本安打に対する思いが見えるような気がします。
そして、夏になって調子を落としていたイチローが、この日を境にまた打ちまくって一気に記録達成まで来たという話です。


ちょっと深くないですか?


コラム内にもチーム内の混乱が書いてありましたが、実際マリナーズはクリフ・リーやフィギンズの移籍で開幕前には優勝候補の一角と見る人もいたぐらいでした。
だけど、やっぱりそんな簡単にうまくいくはずもなく、クリフ・リーは移籍しちゃうし、フィギンズはチャンス潰しまくるし、ケングリフィーJrは引退しちゃうし、ドン・ワカマツ監督は解任されちゃうし。。。
お約束のようにチームは最下位。
イチロー自身もいつもは最初がダメで夏に入ると打ちまくるという傾向があったのに、今年は夏に突然打てなくなるという状況に陥りました。

チームは勝てないし、打っても点にならないし、そういう状況で何か気持ちをリセットする必要があったのかもしれません。
墓参りしたぐらいでリセットして次の日から打ちまくるなんてそんな簡単なものじゃないような気もしますけど、僕のような凡人には到底理解できないレベルの話なので何とも言えません。

次に目指すのはピート・ローズが持っている年間200安打を(連続じゃないけど)10回っという記録越えになりますが、1年間ケガなく出来ればこれも越えていくでしょうね。
とりあえず、僕からも言わせてください。

ピートローズの記録を

ぜひ、超えてあげちゃってください!!


だけどな~やっぱりマリナーズが強くなった欲しいな~
イチローの記録しか話題がないってのは何だか寂しいですよね。

マリナーズを移籍するつもりはどうもないみたいなので、もっとピッチャーががんばってプレーオフとかワールドシリーズでイチローの姿が見たいのです!!



関連記事

この記事へのコメント

太郎 : 2010/09/25 (土) 10:48:51

イチロー選手が、年間200本安打を打ち続ける事について
チームメイトの城島選手(現在は阪神)が語った言葉ですが
「ヒットへの考え方は超越している。

いい打球を打った後、僕ら普通の打者は「落ちろ!」
「抜けろ!」と思う。

でもね、その打球か野手に捕られたときはショックが
大きいじゃないですか。

イチさんは打った後「捕れ!」と意識している。

打った後の出来事は、自分で制御できないという理由。

アウトになると思った打球が野手の間を抜けると精神的に
プラスになるんですって。・・・」

スゴイな~ そんな風に考えられるなんて。
生きていくヒントをもらったような気がしましたよ。

レイ : 2010/09/25 (土) 14:15:34

おーそれは、タイガーウッズと同じですね!!
タイガーウッズも相手のパットとかは「入れ!!」って思うらしいですよ。

トップアスリートは同じ考えでやっているんですね。
頭でわかっていても実践するのは難しいですよね。。。
僕には無理だな~

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。