スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク優勝に感じるコーチ出身監督の躍進!

すでに2日も前の話なのですがパ・リーグはソフトバンクがリーグ優勝を決めましたね!!

本当に今年の野球はセ・リーグもパ・リーグも大混戦です。
こんなに両リーグが接戦だった年ってないのではないでしょうか?
優勝争いを行っているチームのファンは毎日が戦いで、気が気じゃなかったと思いますよ。
僕の友達の西武ファンも大変そうでし。。。

我が横浜ベイスターズは完全にっていうか何ヶ月も前から蚊帳の外なので、僕自身鼻をほじりながら上位争いを見ているわけですが、おかげでこっちは来年を見据えた若手投手に対してまじに攻撃してきたり、9回ツーアウトにちょっと反撃したぐらいで岩瀬やらクルーンやらを1人相手に出す大人気ない継投をしてきたりといい迷惑です(笑)
まあ、冷静に見ても赤ヘル軍団以外は「横浜相手に落とせない」のは当然なので気持ちは十分わかりますが、そんなマジにならなくても勝たないから安心して欲しいところです。



っと、自軍のグチをぶちまけたところで本題に。

ソフトバンクは残り6試合で3.5ゲーム差をひっくり返すという大逆転劇でした。
そんな感じはしないですが7年ぶりのリーグ優勝だそうです。

序盤はロッテが絶好調で、日ハムがベイスターズ状態だったのは覚えているのですが、ロッテの勢いも止まるわ、気がつけば日ハムもCS争いに加わってるわ、抜け出していた西武は勝手に連敗して大失速するわ、でどのチームにもチャンスがあった大接戦でした。
現在、5位のオリックスでさえ貯金があるんだもんな~

そして、自力優勝がないところまで行ったソフトバンクは、西武の失速に便乗してジワジワと詰めて、直接対決で3連勝。
結局26日に西武が日ハムにサヨナラ負けをして、ソフトバンクの優勝が決まりました。

ソフトバンクの秋山幸二監督はまだ2年目なんですよね。
2008年に西武が優勝した時に渡辺久信監督も1年目だったですし、巨人の原監督もそんなに監督経験ない時にWBCの監督になって優勝しちゃったり。

最近は監督のイメージが本当に変わったな~

っというのが、僕の印象なんですよね。
少し前までは、野村監督を筆頭に長く経験を積んだ監督、それも結構おじいちゃんみたいな監督も多く、監督を選考する基準は監督としての経験値が重視されていたと思うわけです。

それにコーチってやっぱりちょっと地味というか裏方のイメージあったし、選手として一流だった人は華々しく監督に就任ってのが普通だったような。
だから原さんほどの人が、最初巨人のコーチをやるって聞いたときは「えっ、監督じゃないの?」って思いましたから。

そんで、誰でも監督1年目ってのがあるわけですが、華々しく監督になっても1年目とか2年目とかで優勝しちゃうような人って少なかったと思うんですよね。

これは普通で考えれば、監督前にコーチ経験があるっと言う事が一番の要素だと思うのですが、いつからかこういう流れが普通になってきました。
偶然かもしれませんが、ヤクルトなんかも今年は小川コーチが監督に繰り上がったら急に強くなったり。
うちのおばにゃんは全然ダメですけどね!!

ここら辺はイメージなので、昔もコーチ出身の監督がたくさんいたよ!!って感じだったらすいません。

最近読んだ野村監督の本に書いてあったのですが、新しい監督は「前の監督のやり方を引き継ぐ人」と「まったくオレ色に染めたい人」に分かれるようです。

エースの品格 (小学館文庫)エースの品格 (小学館文庫)
(2010/07/06)
野村 克也

商品詳細を見る


ノムさんが例に出していたのが若松監督の後を引き継いだ古田で、選手兼監督と言う難しい立場だったの仕方のない部分はあるかもしれませんが、それまでのチームとして続けてきたものを生かせなかった?生かさなかった?のが失敗した原因だ!みたいな事を書いていました。

秋山監督も渡辺監督も実際はどうなのかわかりませんが、コーチ時代に監督だった王監督と伊東監督のやり方をまったく変えるのではなく、引き継ぎながらチーム作りをしたのではなのかな~なんて勝手に思っています。
引き継ぐのが一番利口であることぐらい誰でもわかりますが、自分が監督になれば「オレ色に染めたくなる」のが人間の性って気もするので、そこを継承していく事も簡単なようで大変なんじゃないかと思います。

やっぱりそう考えると、別チームで輝かしいコーチ実績があるという理由で尾花監督にしたベイスターズはやっぱりトンチンカンだよな。
そのチームのコーチをやっているから意味があるわけで。
監督代行もやった田代2軍監督は辞めちゃうし。。。

ソフトバンクと秋山監督はここからが本当の戦いですね。
リーグでは2度も1位になりながらプレーオフで2回も負けてみたり(この時はプレーオフに勝ったチームがリーグ優勝だった)、リーグで1位のソフトバンクが優勝できないという理由で作られたリーグ優勝チームに1勝のアドバンテージを、日ハムに逆に利用されて負けてみたり。
ともかく勝ちきったことが無いのが現状。

プレーオフやCSでことごとく苦い経験をしているソフトバンクなので、せっかくリーグ戦を大逆転優勝しても、CSで負けてしまったら「またか・・・」と言った感じで嬉しさも半減してしまいそうです。

今年は普通に試合に出れればWBCでもクリーンアップを打てるおもしろ多村さんが珍しく絶好調なので、僕はそこに注目しています。
ちなみに多村さんとトレードした、未完の大器こと寺原は未だに未完のままですけどね・・・

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。