スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表がアルゼンチンに勝ったどーー!!!

何がよかったって??全部に決まっとるだろ!!!


昨日、埼玉スタジアムにサッカー日本代表VSアルゼンチン代表を見に行きました!!

2010-10-08 19.53.17

今回はチケットが抽選という事で、友達4人が全員抽選申し込み日の10時過ぎに申し込み、2人が当たり2人が外れるという結構激戦のプラチナチケットになりました。
W杯予選辺りから東アジア選手権や前回のパラグアイ戦まで関東で行なわれた代表戦はほぼ全部行っているのですが、その中でもこの試合は特別。

何がなんでも行こう!と話していたのですが、本当に行ってよかった!!
これまで、アジア相手のW杯予選で煮え切らない試合を見せられ、東アジア選手権では韓国にボコボコの1対3で負けてハーフタイムからすでにブーイングの嵐。

W杯直前の韓国戦でのリベンジマッチでもパクチソンに華麗に決められ、岡ちゃんは最後の挨拶を逃げる始末。
「こりゃ~南アフリカW杯終わったな」とみんなグチを並べながら、重い体を引きずって家に帰ったものです。

パラグアイ戦はいい試合だったものの祭り感が否めかなったし、代表監督も決まらず何だかいまいち目的のわからない試合でした。

そして、今回は本当のザックジャパンの船出。この日が本当の出発。
しかし、相手はアルゼンチンでほぼフルメンバー。
W杯チャンピオンのスペインに4対1で勝ったばかりで絶好調。

正直、0対4とかボコボコにやられちゃうかも・・・なんて思いもよぎりながら、鬼のように混んでいた南北線に乗って埼玉スタジアムに向かったわけですが、目の前では目を疑うような光景が・・・


どんだけツンデレだよ!!!








誰がよかったとかそういうレベルの試合ではなかった。
一言で言えば「全員がよかった」。

これはやっぱり香川の影響が大きいと思いました。
本田さん、香川、1トップの森本、2列目に入った岡崎がともかく連動していて、前の4人が自由にポジションチェンジしながらアルゼンチンゴールを狙います。

本田さんと香川の組み合わせがめちゃくちゃよくて、この2人はキープ力があってアルゼンチンのプレッシャーにもボールを取られないし、これまでよく見られたプレッシャーもないのに横パス出すような事もなく、前が空いていたらどんどんゴールに向かっていくし、その動きがあるからアルゼンチンDFにも穴がたくさん出来る。
そうなってくると自分で何とかできないけど、穴をつくのがうまい岡崎が生きてきます。

前は本田さんだけだったのに、やたら自信つけちゃった香川がボールにものすごい絡んでいて、完全に一皮向けちゃいましたね。
岡崎も1トップより2列目の方が飛び出しが効いていてよかったし、ロシアでの不調が報じられていた本田さんも全然変わらぬ素晴らしいプレー。
森本がもう少しキープできるといいんだけど、まあセリエAで試合出れてないしこれからですね。

前半8分には本田さんの動きにつられたDFのスペースをついてウッチーがゴール前にクロス。
ぽっかり空いていたスペースにいた岡崎がキーパー正面のシュート。

おーーい!!それは決めなきゃいかんだろ!!!


僕の周りに人たちはみんなガッツポーズ準備で中腰になったからねw
ともかく、親善試合だと思って手を抜かれちゃたまらないので、先制してアルゼンチンに本気になって欲しいと思っていたわけですが、前半18分。

岡崎のサイドアタックから中央本田さんへ。
ここはブロックされますが、後ろにいた長谷部がミドルシュート。
これをアルゼンチンGKのロメロがはじいたところを岡崎がゴーーーール!!!

もう、GKがボールをはじいた時点で全員立ち上がりガッツポーズ!!


祭りじゃああああああ!!!!


歴史に残るゴールでしたね。歴史の瞬間に立ち会いました。

確かにメッシは随所に素晴らしいプレーがありましたが、日本の今後不安要素となっていたはずのセンターバックの栗原、今野が素晴らしく、ディエゴミリートやイグアインはまったく消えてました。
栗原が異常によかったな・・・

そして、ザックが空気読めているところが、前田の投入!!
ず~~~~~~と、前田を押していた僕なのですが、周りに人もやっぱりそうみたいで、出てきた瞬間すごい声援。
そして、後半24分にはボールを受けながら反転しDFをかわし、切り込んでシュート!!
やっぱ前田すげえええ!!!

さらに僕の中では最強のハイライトだった後半42分。
アルゼンチンのコーナーキックをはじいたところにいた前田はアルゼンチンDFの引っ張りに倒れず独走。
後ろからのスライディングにも耐え、DF1人をフェイントでかわしてシュート!!


前田行けええええええええ!!!!!


と大騒ぎですよ。まじで。
2つともゴールにはなりませんでしたが、簡単に転ばない体の強さとか、ゴールに向かう姿勢とか、DFを交わすフェイントの技術とか、

前田最高!!前田最強!!!!



なんで岡ちゃんが外したのか本当に謎ですわ。
見る目ないね。

最後はメッシのフリーキックが壁に当たったところでタイムアップ。
奇跡の勝利です!!

ガチガチに守って勝ったわけでもないし、試合終了まで2点目を目指して攻めたし。
アルゼンチンが少しパスミスが多かったような気もしますが、相手は2軍でもないしガチンコ勝負。
試合内容やシュート数でも勝り、イエローカードの数を見ても日本のDFはすごくクリーンだった。
冷静に見ても日本の方が決定的な場面は多く、2点目3点目が生まれてもよかったと思います。

顔見せか?なんて言われていたメッシや僕がメッシより好きなテベスもフル出場してくれて、アルゼンチンにも感謝です。

これがザッケローニ効果なんだかまだよくわかりませんが、ともかく希望とか期待だけをかみ締められる試合でした。
日本サッカーの未来は明るいぞ!!

だけど、僕はまだあの屈辱を忘れていません。
目の前で見た韓国戦での2連敗。

次の韓国戦は何が何でも勝って欲しい。
それもアウェーでボコボコにして欲しい。
W杯ベスト16同士の戦いだし、直接勝ってやっとつっかえが取れるはずです。

待ってろ!韓国よ!!
関連記事

この記事へのコメント

ミネバ様某♪ : 2010/10/09 (土) 19:34:29

杉山サン、再び沈黙。

……ああ、解りやすすぎるなぁ……。

ザックジャパンについての評論評価は、韓国戦に代表が負けるまで待つつもりなんだろうかなぁ。

だろうなぁ(笑)

タケ : 2010/10/10 (日) 01:05:15

沈黙しようが何かを語ろうがあんたに何が理解できるんだ?
へらず口はサッカーが語れるようになってからにしな。

ミネバ様某♪ : 2010/10/10 (日) 07:02:30

おお、さすがは杉山サンを貶めることに情熱を燃やすタケサンだ。
この二行でさらに杉山サンの権威や威光が失墜した(笑)。

うまいなぁ。
感心する。

ちなみに私が「理解」できるのは、杉山サンの基本的「根性」。
誰であれ誰にとっても、とてもとてもあからさまで、当然タケサンも深く深く理解している常識的なところで♪

レイ : 2010/10/10 (日) 17:42:39

まーまー。
本当にタケさんは杉山さんの話に敏感ですね。。。

いい試合でいい結果だったんだからいいじゃないですか。
これでもタケさんは「まだまだだな!」とか言うんですかね(汗)
杉山さんはどうでもいいから、日本代表の未来について話しましょうよ。

タケ : 2010/10/10 (日) 21:13:44

ミネバはわかっていないだろうが杉山は南アフリカ大会の総括も先ごろ終わらせているんだぞ。
すでに1冊の本にまとめて出版している。代表が勝つ事を都合の悪い事として片づけるような奴だとでも思っているのか?
お前がただ単に都合の悪い情報とは向き合おうとはしていないだけだろうが。

改めて言っておくが杉山が大会前に批判していたのはあくまで大会前までの代表の戦いぶりであって、大会での戦術変更は一定の評価をしている事を知らんのか?
以前から推奨していた本田を疑似CFとして起用する戦術が結果的に本番で功を奏したのを見てそれなりの見識の持ち主であることぐらいまだわからんのか?

それに比べたらお前は何だ?
勝ったか負けたかしか伝えないような子供向けマスコミの情報ばかりしか耳に入れずに、何故勝てたか負けたかまでは考えが及ばんような奴にはそんな事まで情報の網が広げられないだろうがな。

Joker : 2010/10/11 (月) 03:22:13

杉山氏は長年「観てきた」だけあって相応の知識があるようですね。
ワールドクラスのサッカーとの比較からのコメントには説得力を感じることが多々あります。

ただ、将来を見通す見識はどうなのでしょうか。
例えばトルシェは本番直前の戦術変更を踏まえて日本の活躍を示唆していましたが、杉山氏は直前まで否定的な見解を崩さなかった。
初戦直後にコロッと態度を変えた時は、その辺りのサッカーファンと変わらないんだなあ、と思いました。
「お詫びのコラム」はありませんでしたがw

なので、単なる予想という意味ではなく、将来的な見通しという意味での杉山氏の記事は「また言ってる」的に感じてしまうのが残念です。
「お詫びコラム」の嘘も含め、良いことも言うがどこか信用できない、という印象です。

TF-Kbar : 2010/10/11 (月) 05:57:03

タケ(命名:NSCW=粘着杉山コメウオッチャー)
は杉山に告白すればいいんじゃないか?
『好きです♥』って。
杉山ブログにコメすれば承認してくれると思うぞ(笑)
既に告白してたらスマン。
おえっ。

ミネバ様某♪ : 2010/10/11 (月) 06:27:13

タケサンの杉山サンいじめにつきあうのもそれはそれで楽しいのですが。

やはりこの試合の感想を語らねば間抜けですな杉山サンのごとくに(笑)

さて今回の勝利。
新監督の手腕というより、前回杯での成果のモチベーションがまだ大きいかと。
「あの程度」と吐き捨てていたものと、「ここまでやれた‼」と前向きに捉えたものでは、そりゃ「次」につながる気合いが違うのは当然。
また。
地味な成果ではありますが。
岡田前監督采配から顕著になった、「相手選手が本気でむかつくほどの主力封じ」が、今回も機能していたのは高く評価すべきでしょうか。

強力なストライカーや、攻守の起点となる名選手を擁する強豪チームには随分有効でしょう。
ぜひ、「主力殺しの日本代表」とか言われるくらいのお家芸に磨き抜かれて欲しいものです。

「アンチフットボール」でしょうけどね(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。