スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社長・溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年」を読みました!

社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年社長・溝畑宏の天国と地獄 ~大分トリニータの15年
(2010/05/25)
木村 元彦

商品詳細を見る


もうちっとましな写真を表紙にすればいいのにな・・・

見ての通り表紙はよく知らないおっさんがジャンプしている写真です。
出た時から話題の本で、何となくこのおっさんが大分トリニータの経営危機に追い込んだ張本人なんだと想像が出来て、それなのにこの反省のないというかふざけている写真にどうも本を手に取るを拒否していましたが結局読みました。

いや~すごくおもしろかったです。
読んでよかったかも。

特に家本審判の本を読んだ後だっただけに、家本さんの言い訳がましい内容と正反対の内容で、溝畑宏社長を擁護するための本ではなく、溝畑さんがやってきた事をそのまま本にした内容なのですがそれだけで十分に伝わる本でした。





僕の想像通りこの表紙のおっさんが溝畑さんであり、サッカー不毛の地である大分県にJリーグチームを発足させ、ナビスコカップ優勝に導き、その翌年J2に落ち、経営難に陥った大分トリニータの現在までの歴史をすべて作った人です。
溝畑さんはエリート国家公務員だったのにも関わらず、海外で見たW杯に見せられ、出向していた大分県庁職員として大分でW杯開催をするためにプロサッカーチームまで作ってしまった変わり者。

誰もサッカーチームなんか求めていない逆風の中スポンサー集めや資金集めにまさに体を張って奔走し、自らが社長となり、最後は経営難の責任をすべて背負う形でサポーターからも罵声を浴びせられる存在になりました。
確かに僕もJ1で強豪になった大分が突然失速してJ2降格。
さらに経営難に陥ったと聞いて「なんでだろう?」と不思議に思いましたが、その裏側が赤裸々に書かれていてはっきりと理解することができました。

ともかく、読み終わって感じたのはすべてを急ぎすぎましたね。
溝畑さんの人柄の良さやチームに対する情熱はすごく伝わってきました。
誰よりも這い蹲って、誰よりも時間、お金を注ぎ、誰よりも苦しみながら大分トリニータのために働いていることがすごくわかりました。

だけど、やっぱり経営者としては失格なんだろうな~
何か一時期流行ったITベンチャー企業とか一気に有名になったけど、何かが原因であっという間に名前を聞かなくなってしまったような会社を見ているようでした。
僕は会社を経営したことがないのでわかりませんが、経営にはリスクがつきものなんだと思います。
特に一気に大きくなったような企業は、見えないところで一か八かの勝負に勝ってそこまでの形になっているのではないかと思うのですが、大分トリニータの経営は同じように綱渡りの経営だった事がよくわかります。

親会社のない大分トリニータは溝畑さんの熱意だけでスポンサーを獲得し、そのスポンサーが経営難になったり撤退したりするたびに資金繰りが危なくなり、その都度なんとか溝畑さんがギリギリで見つけてくるといった感じでした。
さらに、スポンサーに小室哲哉のレコードレーベルでスポンサー料が支払われなかったり、パチンコメーカーのマルハンがJリーグの規程に引っ掛かったりと不運もありましたが、そこら辺のリスクマネージメントが出来ていなかったと言われても仕方ないし、Jリーグに入って大きくなっていくチームに経営が追いつかなかったわけで、もっと時間を掛けて少しずつ大きく強くなっていくのが健全な形だったような気がします。

それに加え後半では溝畑さんを快く思わない大分県の権力者の黒い動きについても匂わせており、力のある地元の権力者達を引き込めなかったところも原因の1つかもしれません。

それでもやっぱり溝畑さんがいたから大分トリニータというチームが今あるのは間違いないです。
溝畑さんだからナビスコ王者まで行けたとも言えますし、溝畑さんだから何とか生き延びてきたとも言えます。

それぐらい重要なキーマンですが、やっぱり1人じゃ辛いよ。
実際は1人でやっているわけじゃないのでしょうけど、同じぐらいの熱意を持ったいい同士なり部下なりがいれば結果は違ったかもしれません。
1人で全部やるのではなく、もっと周りを引き込んで協力しながらやれれば1人だけ悪者になるようなことはなかったと思います。

スポーツチームの経営の難しさを痛感できる本でしたね。

現在、大分トリニータはJ2でJ1昇格圏内に入っても確かJ1に上がれないはずです。
大きな負債を抱えている状況は変わらず、ヴェルディ同様に危険な状況は抜けていません。
早く経営改善してあの強かった大分トリニータに戻って欲しいですね!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。