スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明暗の分かれた東京ヴェルディと大宮アルディージャ

ちょうど大分トリニータの歴史を綴ったこの本(「社長・溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年」を読みました!)を読んだ後だけに、いろいろ考えさせられるニュースですね。

2009年に日本テレビが撤退し、経営難に直面した名門東京ヴェルディ。
説明する必要もないと思いますが、東京ヴェルディはカズやラモスなどスター選手がいてJリーグ創設期にはJリーグの象徴とも言われるチームだったし、ライバル横浜マリノス戦は僕もワクワクしながら見たものです。

元々、読売クラブっていう名前だった事から分かるように、読売グループのクラブチームだったわけですが、日テレはよく事情は知りませんがヴェルディを見捨てました。

TBSといい日テレといい・・・

それからは存続自体が危ぶまれる状況が続き、大分トリニータ同様にJ2で3位以内に入ってもJリーグの規程に達していないためJ1には上がれない立場となり、もう潰れちゃうのかな?と僕も思っていましたよ。

そんなヴェルディですが、やっとスポンサーが名乗り出てくれたみたいですね。
スポーツ店などを経営するゼビオが、ヴェルディと5年間のメインスポンサー契約を結んだことを発表しました。




東京V、存続確実に=受け入れ先、支援企業固まる―Jリーグ

経営不振のためJリーグが運営に乗り出している2部(J2)の東京Vについて、大東和美チェアマンと東京Vの羽生英之社長(Jリーグ事務局長)は19日、 来季以降のクラブ存続が確実になったことを明らかにした。新たな受け入れ先がほぼ固まったほか、スポーツ用品販売大手のゼビオと5年間の包括スポンサー契 約を結んだ。
 6月にJリーグ子会社のジェイリーグエンタープライズが東京Vの株式を取得し、羽生事務局長が社長に就任。リーグが加盟チームを直接運営する異例の方法で再建の道を探っていた。
 羽生社長によると、新たな出資者は個人を含む複数。Jリーグは29日に臨時理事会を開き、新たな出資者を承認する。「東京ヴェルディ」の名称はそのまま引き継がれ、本拠地も現在の味の素スタジアム(東京都調布市)を使用する方針。 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101019-00000136-jij-spo



これでヴェルディは消滅どころかJ1復帰も可能となって、現在J2で5位なのですが3位までに入れば来年J1にいるなんて状況もありえる話です。
本当によかったですね~

レイソルもちょっと前にヴェルディと試合をして、その試合をテレビで見ましたが大苦戦しました。
前回、大分に負けるまではレイソルの成績は19勝8分1敗だったのですが、その1敗をつけられた相手こそ東京ヴェルディ。
その時のヴェルディの気迫はすごいもので、結果だけでなく内容でも負けていたと思います。

現在、5位にいることからもわかるようにJ2ではかなり上位の実力がありますね。
さらに高木豊さんの息子である高木兄弟がいたりと、若手がかなり活躍していて(てかお金がなくて若手しか使えないんだろうけど)、まだまだ強くなりそうです。
J2で優勝したってJ1にいけない立場だったわけで、一気に選手のモチベーションも上がっただろうし、レイソルまでは届くのは無理としても3位以内なら十分可能性がありそうです。

とは言っても、同じ味の素スタジアムをホームにしているFC東京に観客をごっそり持っていかれている状況なので、これで安心せずに人気回復の策が何かしら必要です。
やっぱりカズを戻すか??前園も出来るだろ。

そして、同じ時期に逆にピンチになったのが大宮アルディージャ。
2007年から3年間にわたって観客の水増しを行い、主催した全58試合で合計11万1737人もの観客を上乗せして発表していました。
これによって社長が辞任したり、今後勝ち点の剥奪などもあるかもとの事です。

ただでさえ、毎年降格争いをしているアルディージャに取ってこれは大ピンチで、落ちそうで落ちないアルディージャだったわけですが、現在も14位とギリギリラインにいるのでもし勝ち点を剥奪されるような事になると、J2降格が濃厚になってしまうかもですね。
自分達のチームで決めた「年間観客動員三十万人という目標」とか、スポンサーへの価値低下を防ぐためにやったことらしいのですが、これも結局はスポンサーが撤退したら「トリニータやヴェルディと同じ道を歩んでしまう」という経営陣の危機感からやってしまったんだと思います。

まあ、不正はいかんよね。

とは言っても、野球の試合なんかで明らかに空席があるのに満員です!みたいな事もあるし、サッカーとか野球とかそれ以外のスポーツでもどの程度正確に観客数を数えているのかよくわかりませんしね。
こういう事を言ってはいけないんでしょうけど、まあ他でも普通にやってんじゃないの?って気も・・・

規模が大きすぎたって事があるにしても、僕が最初にこのニュースを見た時も「ふーん」ぐらいで、勝ち点剥奪!なんて騒ぎになるとは思いもよらず。
どっちかというとJリーグとか協会の方が怒っちゃっているので、ある程度の処分は覚悟しないといけませんね。

ばれちゃったのでスポンサーが撤退とかJ2降格とかになれば、観客も収入も減ってしまうしなおさら経営的にはダメージを受けちゃうので、リスクの大きすぎる嘘になっちゃったみたいで。

まあ、僕の本音で言えば「責任者は謝罪して辞任しているし、ここら辺で許してあげれば」と。(甘い?)
他のチームに迷惑掛けたわけでもないし、会計を誤魔化していたわけではないし、嘘と言っても誰かを傷つけるような嘘でもないし。(スポンサーぐらい?)
粉飾決算とかして警察沙汰にでもなれば話は違いますけどね。

まさに両チームにとって明暗を分けるニュースというか、スポンサー探しとか資金集めとか経営面での難しさを痛感するようなニュースでした。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。