スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田さんのアシストを見ようと思ったらうちのドゥンビアが大活躍な件!

本田朋ちゃんと長谷部が別れましたね。
やっぱり遠距離は大変だもんな。いやー大変だ~大変だ~(意味深)

あっ、そっちの本田ちゃんじゃなかった。
寒いところにいる本田さんが欧州リーグのパレルモ戦で華麗なアシストを決めたという事で、その動画をさっそく見てみました。

凝縮された“本田らしさ”非凡な2タッチでゴール演出

【欧州リーグ1次リーグF組 CSKAモスクワ3―0パレルモ】アシストの場面は圧巻だった。展開を読む戦術眼と、競り合いで踏ん張る体の強さ、難しいパスを狙い通りに出す技巧。わずか2タッチのプレーに、MF本田圭佑の持ち味が凝縮されていた。

 左サイドで縦に走り込み、前方から受けたボール。右側から体を寄せてくる相手を抑え、右足のトラップで左横へ落とす。ゴールを背にした姿勢から左足かかとで、相手選手2人の狭いすき間を抜くスルーパス。待ち受けていたドゥンビアがゴールへ直進して決めた。


引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101022010.html









本田さんはどこに???


いや、正直まったくわからないんですけど・・・
これ本当に圧巻なアシストだったのか?盛ってないか??

そしたら、うちのセイドゥが大活躍してるじゃないですか。
えっ?誰って?

そんなの元柏レイソルの

ドゥンビア・セイドゥに決まってるじゃないですか!!

知らない??

CSKAモスクワの1点目を華麗にヘディングで決め、2点目は怒涛のドリブルで2点目。
あーこの一瞬だけ写ったのが本田さんか。。。
どう見てもドゥンビアの力だろ。

ドゥンビアはスイスリーグのヤングボーイというチームでスイスリーグ得点王!!
スイスでの2年間、計77試合で55ゴール。

コートジボワール出身のドゥンビアはあのドログバと2トップを組み、W杯にも出場した逸材。
そして、今年鳴り物入りでCSKAモスクワに移籍してきました。

ほっほっほっ。
そんなドゥンビアさんは2006年、2007年に我が柏レイソルに在籍していたのです。
コートジボワールで埋もれていた逸材を見つけたといっても過言じゃないのです。
まあ、僕らサポーターからすると子供みたいなもんですな。

もちろん今では世界のトップリーグで2点も取っちゃう逸材だったわけなので、レイソルでも大活躍かと思いきや


ほとんど出番なし!!!

スーパーサブという時間稼ぎ交代要員!!

どんだけ見る目ないんだ!レイソルは!!



その後、徳島ヴォルティスに寄ってからスイスに行ったらすでに手の届かないスーパースターへ。。。
今ではレイソルの資金では買えないほどの存在へ。

レイソルのベンチ要員が、いつの間にかに本田さんのスルーパスから得点決める選手へ。
いつの間にやらドログバと同じステージで戦う選手へ。

子供は親を超えていくのだな・・・

大きくなったなドゥンビアよ・・・




戻ってこいやーーー!!!!!




いや、これが言いたかっただけです。
レイソルは移籍した後に突然開花して、活躍する選手が結構いるのでちょっとしたグチです。
ドイツにいる矢野さんとか、ガンバにいる中沢さんとか、山形にいる長谷川さんとか。。。

みんなレイソルを踏み台にして大きくなっていくのだ。
てか、育て方が悪いだけじゃないか?って疑問は受け付けません!!


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。