スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコカップはジュビロ磐田が優勝!本当に最高の試合でした!!

ジュビロ磐田のフロント、監督、選手、サポーターの皆さん

おめでとうございます!!

本日行なわれたナビスコカップ決勝。
12年ぶりに優勝を狙うジュビロ磐田とまだタイトルを獲った事のないサンフレッチェ広島の対決。
静岡と広島のチームなのに国立競技場は超満員でした。

正直、今日ナビスコ決勝って事も忘れてたし、リーグ戦で現在9位と11位の対決だし、どっちが勝っても別にいいかな~なんて思いながら見ていたのですが、途中からは一気に試合に引き込まれていき、両チームの気持ちが伝わってくる本当にいい試合でした。

世間的には日本代表のジュビロ前田やサンフレッチェ槙野、そしてサンフレッチェ広島のゴール後のパフォーマンスあたりを注目していたと思うのですが、個人的にはサンフレッチェの李忠成とジュビロの古賀、そしてベンチにいた菅沼実を注目。

彼らは元レイソルの選手であり、チュンソンに関してはレイソルの将来を担う選手だと思っていたし、日本代表でもエースとして活躍を期待してた選手。
ミノルや古賀もレイソル時代はすごい好きな選手だったわけで、彼らが新しいチームで活躍している姿を見るのは本当に嬉しくもあり、複雑であり、でもやっぱり嬉しい感情で途中まではそこばかり見ていました。





試合後にジュビロの柳下正明監督がこう話しているように、

「120分のうちはじめの30分ぐらいは、もしかしたら、このグラウンドで見ている方たちには申し訳ないゲームをしたと思っていましたが・・・」

最初の30分ぐらいは両チーム堅いし、ミスも多いし、チャンスもないし、シュートもないような試合で「うーん、なんだかな~」って試合でした。
だけど、前半36分に前田のセンターリングから公式戦初ゴール?になるジュビロ船谷のヘディングゴールから一気に試合が動きます。

すぐ後の43分に、今度はサンフレッチェのミキッチが右サイドで素晴らしい切込みから中央へ。
そこで待っていたのはチュンソン。
当たりそこなったような、ダフッたようなシュートは川口の横をコロコロとゴールに吸い込まれ1対1の同点。
ミキッチもすごかったけど、あそこに入ってくるチュンソンもファインプレー。

そして、みんなが期待なんだか、心配なんだか、していたサンフレッチェのパフォーマンスはキーパーの西川までが駆けつけ、弓を打つパフォーマンス。
今日は審判も心配そうに近くまで来て見ていましたけど、全部やりきりました!!
ま~これぐらいなら批判も少ないでしょ(笑)



そして、1対1で前半終了。
後半に入ると、始まったばかりの3分にジュビロのDFイガンジンが負傷でバタバタしている間に、チュンソンを狙ったようなロングボールが後ろにいた山岸にフリーで渡り、冷静にゴール。
山岸は前半からいい動きをしていたので、やると思ってたよ!!(ドヤ顔)

2対1でサンフレッチェリードしたわけで、ジュビロが分かりやすく攻撃に転じ始めたのですが、サンフレッチェも守りを固めるわけではなく一進一退の攻防。
サポーターでもないチームの試合を見ていてこう思うことは少ないのですが、

もっともっと試合を見ていたい!!!

と本気で思い、別にジュビロを応援していたわけではないですが、ジュビロが追いついて延長戦にいかないかな~って思いながら見ていました。

ただ、時間は刻々と過ぎていき「サンフレッチェついに初タイトルか!!」「槙野が大騒ぎするのが目に見える!!」と思っていた後半44分。
右からのシュート性のボールを西川がはじいたところにいたのは、やはり前田!!
終了間際の奇跡的なゴールに僕も大興奮でした。

そして、僕が望んでいた延長戦へ。
もう、どっちにも勝たせてあげたいような気持ちでしたが、終了間際に追いついたジュビロがやはり勢いがあって、延長前半12分にななななんと途中出場のミノルがゴール!!
(ミノル~よくやったよ~~~涙)

さらに、14分にジュビロ山崎が追加点で4対2に。
さすがにこれはジュビロの勝ちだろうな~と思っていたのですが、延長前半のロスタイムにゴール前からFKを槙野が直接放り込む。

うおおお!!!すげええ!!

明らかにジュビロ勝利に傾いた流れを槙野が1発で引き戻しました。
うーん。さすがにお調子ものってだけじゃないな!!

そして、最後の15分。
後半4分にこれぞワールドクラスという左サイドにジュビロ前田が切り込み、角度のないところからDFに当たりながらも、ループのような形になりながらゆっくりとゴールに吸い込まれました。

槙野が引き戻した流れをジュビロのエース、いや日本のエースの1発で勝負あり。
このまま5対3という結果的には打ち合いのような点差でジュビロ磐田の勝利。

ジュビロは高原やゴン中山がいた全盛期以来、12年ぶりのナビスコカップ制覇。
MVPはもちろん前田です。

サンフレッチェは残り数分というところまで勝利を引き寄せていただけに辛い準優勝。
ただ、槙野は

100%の力を出し切ったので、あまり悔しさはないです

と言っているように、本当にがんばったので胸を張って欲しい。
サンフレッチェらしい素晴らしいサッカーでしたよ。

本当におもしろい試合だったな~ずっと見ていたかった。

ナビスコカップってどうしてもリーグ戦より下に考えられちゃいますけど、お互いにリーグ戦が優勝争いでも降格争いでもない位置にいるチームだっただけに、逆に本気の勝負が見れたのかな?って思います。

追いつき追いつかれのシーソーゲームだったし、終了間際の劇的なゴールや、槙野の意地のFK。
前田や槙野の決めるべき人が結果を出し、僕が個人的に活躍を祈っていたチュンソンとミノルが2人ともゴールを決めたし。
楽しみにしていたゴールパフォーマンスも見れたし。
川口がタイトルを獲ったのも嬉しい。
青空の天気、満員の国立競技場。

やっぱりサッカーっておもしろいね!!


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。