スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLBのFA選手の格付けで黒田15位、松井37位でした!!

松井は厳しいな・・・


アメリカのスポーツ誌スポーツ・イラストレーテッドにて、ベン・レイターさん?(Ben Reiter)がMLBで今年FAになる選手の格付けを発表しております。

スポニチに記事がありました。

松井秀 マリナーズがピッタリ?格付けは黒田の方が上

米専門誌スポーツ・イラストレーテッド(電子版)が4日、大リーグでフリーエージェント(FA)となった選手の格付けを発表し、エンゼルスで打率2割7分 4厘、21本塁打、84打点だった松井秀喜外野手は37位だった。ドジャースで11勝13敗の黒田博樹投手が15位とされた。

引用元:http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20101105058.html


他の順位も知りたいし、どうせなのでスポーツ・イラストレーテッドに直接行ってみました。
この記事ですね。

http://sportsillustrated.cnn.com/2010/writers/ben_reiter/11/04/reiter.50.free.agents/index.html
si.jpg




FAマーケットは日曜日のAM12:01から開くようで、日本人選手は日本へ帰国を匂わせているドジャース黒田とエンゼルスが契約更新しなさそうで行き場が難しいゴジラ松井が対象です。
前述したように黒田は15位にランキングされており、マーケットの価値も十分高そうですね。
だけど、松井は37位とあまり評価は高くなく、今年の後半は盛り返したものの、やはり前半の不振が響いているのでしょうか?ケガもあるしね。

要約はかなり適当です。。。(汗)

15位 Hiroki Kuroda

CURRENT TEAM:
DODGERS
BEST FIT: METS

Kuroda has been quietly excellent since coming over from Japan in 2008, and might not be more highly regarded only because of his lack of luck: Among the top 30 leaders in ERA over the past three seasons, he alone has a losing record (28-30). While he has expressed his desire to return to Japan, a multi-year offer from a pitching-needy team -- the Mets are a good fit -- should delay those plans.

黒田は2008年に日本から来てから静かにすばらしい活躍をしている。しかし、運がなかったため高い評価が得られないかもしれません。過去3年以上のERAのトップ30の中で、彼は唯一負けが多い。(28勝30敗)。彼は日本に帰るという希望を表明しているが、ピッチャーの弱いチームから複数年のオファーがあるだろう。メッツが合う。
(帰国する)計画を遅らせるべきだ。

37位 Hideki Matsui

CURRENT TEAM:
ANGELS
BEST FIT: MARINERS

The Angels signed Matsui to a one-year deal to replace Vladimir Guerrero, a move that seemed to have seriously backfired at the All-Star break, at which point Matsui was hitting .252 with 10 home runs. Matsui improved in the second half, in which his .955 OPS was 12th-best in the majors. Another one-year deal seems to be in his future, and the Mariners -- who had no player hit more than 15 homers -- could use his power.

エンゼルスはゲレーロの代わりに松井と1年間の契約をしました。その動きはオールスター休みには大きく裏目に出たように感じましたが、打率252、ホームラン10本の数字を残しました。
松井は後半に改善し、955OPSはメジャーで12番目でした。次も1年契約になるだろう。そして、ホームランを15本以上打った選手のいないマリナーズであれば彼の力を使う事が出来る。

このような評価であり、松井は複数年契約は厳しそうなのでこれからは1年1年が勝負ですね。
そんで、マリナーズって!!
そりゃ~イチローと同じチームになったらすごく嬉しいけど、日本の最強バッター2人が弱小チームにいるのも複雑。
すでにポジションはDHになっていて、やっぱり守備は厳しいのかな~

黒田については、もう本人しだい。
日本に帰るも、メジャーに残るも後悔のないように決めて欲しいですね。

そんで他の順位なのですが、そこまで選手に詳しくない僕でも知っている超大物選手が意外と低評価だったりとなかなかおもしろいです。

1位はレイズのクロフォード。

9年間レイズにいて、昨年の851OPSという数字はMVP級の活躍だったようです。
ヤンキースやエンゼルスが狙っているとか。

2位はレンジャースのクリフ・リー。

昨年最初はマリナーズに移籍してきて期待されていたのに、途中でレンジャーズへ移籍。
そして、ワールドシリーズまで行ってジャイアンツに負けるというなかなか動きの大きなシーズンでした。
ヤンキースで元チームメイトのサバシアと左の2枚看板になるとか。

3位はフィリーズのウェルズ。

すいません。よく知りません・・・
2008年まではそこまでの選手じゃなかったけど、今は3位に入るほど素晴らしい選手だ?みたいな感じかな。

ここからは、注目選手を。

6位にヤンキースのリベラ。


ご存知ヤンキースの守護神です。
もう41歳なのにすごいな~まだまだ実力は衰えていないっということですね。
てか、ヤンキースを出て行くことがそもそもあるのかな?

14位にレッドソックスのオルティーズ。

僕の中ではレッドソックスの象徴みたいな選手ですけど、まあ打撃にはムラありますね。
ちなみにオルティーズはレッドソックスと契約延長のニュースが今日ありました。
年俸は1250万ドル(約10億1000万円)だと。貰いすぎだろ。
15位の黒田の1つ上です。

19位にななななんとヤンキースのジーター。


確かに今年はそこまでじゃなかったけど、19位ってのは評価が低いんじゃないの?
まあ、ヤンキースを移籍するとは思えませんけどね。
ちなみにジーターは6年契約を希望しているとか。長くね??

24位にレンジャースのゲレーロ。

エンゼルスに松井が加入と同時に出て行ったゲレーロ。
最初は松井よりゲレーロの方がよかったなんて言われていたようですが、最終的にはどうだったんでしょうか?
一応このランキングでは松井より評価が高い。

26位にホワイトソックスのマニーラミレス。

ラミレスはあまり評価高くないのね。
レッドソックス時代のイメージ強いな~
ケガの影響で今後はDHしか出来なさそうな事も評価に響いているとか。
本人はトロントブルージェイズに行きたいようなのですが、トロントは合っていないと書かれちゃっています。

45位はタイガースのデーモン。

デーモンももう年ですかね?
キャリアを下げたとしても、彼の人柄でチームにはフィットしやすいとか。
いい奴なんですね。

こんな感じで。
ヤンキース関連かレッドソックス関連ばかりですいません。
正直、BSでやっているレッドソックスとかマリナーズ、松井がいた時代のヤンキースとかの選手ばかりイメージが強いんですよね。

もうすぐマーケットが始まるので、MLBの移籍状況は注目ですね!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。