スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オラのラウル様がハットトリックで感動の涙な件!(内田もがんばったw)

ラウル様に抱かれたい。

昨日、行なわれたブンデスリーガ。

シャルケVSブレーメン

僕もCS放送でやっていたので生中継を観戦しました。
シャルケとブレーメンと言えば、昨年2位と3位のチームであり、本当であれば優勝争いとして戦うべき試合のはずなのですが、ブレーメンは11位、シャルケに至ってはこの試合前までで12戦2勝しか出来ておらず16位とまさかの降格圏にいるという状況。
バイエルンも含めて強豪チームが絶不調である今年のブンデスリーガを象徴するような両チームの戦いになりました。

ブレーメンの不調は明白であり、チームの中心だったドイツ代表のエジルがレアルに移籍した事が原因で、1人いなくなったぐらいでここまで調子悪くなるか?と言いたいとこですが、それぐらいエジルはすごい選手という事でしょう。

逆にシャルケは今年からスペインの至宝ことラウル様とオランダ代表でも活躍するフンテラールを獲得し、監督は去年と同様に鬼軍曹マガトが引き続き指揮をしているので、この不調は誰も予想できなかったんじゃないでしょうか?
日本人からすると、鹿島アントラーズから草食系日本代表の内田が移籍して、ウッチーのクロスでラウル様が決めるなんてすでに夢心地シチュエーションを期待していましたが、それどころじゃないチーム状況。
(一応、前節?前々節?にうっちーのクロスからラウル様が決めて、両者が抱き合う奇跡のシーンが見られましたが)

ラウル様は12試合時点で3点しか点を取れていなくて、ややトップ下のポジションにいたり、ディフェンスに献身的に戻ったりとしている事が影響しているものの、やはりあのラウル様からするとシャルケサポーターも物足りない現状です。
そして、この試合・・・



いつも通り、フンテラールをトップに置いて、ラウル様は下がり気味。
うっちーも9試合連続(だったかな?)出場で試合は始まります。

ともかく何がひどいって、ブレーメンがひどすぎる。。。
これは勝てんわ・・・と僕でも感じるパスミスの多さとか連動のなさとかひどかった。
特にディフェンスにおいては、ブンデスリーガで下から2番目と崩壊していて、確率からいうと1試合に2.5点ぐらい取られている計算になるぐらい。
11位にいる事すら不思議な数字です。

逆にシャルケはやっとかみ合ってきていて、前節も0対2の状況から2対2に追いつくしぶとさを見せましたし、まあ僕から見ればフンテラールがもうちょっと簡単なシュートを入れていてくれていればこんな状況にはなってないと思うわけですが、内容は間違いなく上昇中。後は結果。

そして、試合になると何気にウッチーがめちゃくちゃ効いていて、右サイドの前にいるファルファンと右サイドバックのウッチーの連動からの攻撃がシャルケの攻撃パターンになっており、解説の風間さんもウッチーとファルファンの動きや連動を何度も絶賛するぐらい。
香川の活躍が大きく取り上げられていますが、僕もここ数試合を見る限りウッチーもチームの中心となってものすごい活躍していると思いますよ。

そして、これがハイライトです。



結果は4対0でシャルケが圧勝。
そして、そして、ついに、ついに


ラウル様ハットトリック!!!

ラウル祭り開催中!!!



やっぱさ~ラウル様は最高のストライカーだよな~

1点目と2点目はラウル様らしく、シュートのこぼれ球をしっかり詰めてゴール。
この得点感覚が他のストライカーと違うところです(キリッ!)
1点目のシュートとか簡単にやっていますが、難しいシュートだと思いますよ。

そして、3点目はチームのために献身的に高い位置からプレスを掛けていた事が実を結び、DFからボールを奪取して、やや角度のないところからループシュートでビューティフルゴール。
僕も感極まって涙がポロリです(嘘です)

これで得点も6点になり、何より一番チームにとって活躍して欲しい選手がやっと結果が出ました。
現在は中盤が不安定でボールが来ないので下がってきちゃう事の多かったラウル様ですが、もう少し中盤がしっかりしてくれば下がってくる必要も少なくなるだろうし、やっぱりゴールエリアで勝負をして欲しい選手ですよ。

もう途中からブレーメンも折れちゃって、4対0になった後にフンテラールが2~3本決定的な場面がありましたが、GKのファインセーブに防がれます。
今日はラウル祭り開催中だからいいんだけど、フンテラールのこの「決められなさ」と言うか、「運のなさ」が後は心配の種です。
6対0とか7対0でもおかしくない試合でしたからね。

これでシャルケは降格圏をやっと抜け出し14位まで浮上しました。
完全に出遅れちゃったので、優勝争いに加われるかはかなり微妙ですが、まだまだ上は狙えそうな雰囲気になってきましたね。
ウッチーも完全に中心選手になっているし、今後もシャルケとラウル様とウッチーに注目していきたいと思います!!

ちなみに香川がいるドルトムントと矢野のいるフライブルク戦も見ましたけど、ドルトムントが逆転勝ちでした。
香川は相変わらず攻撃の中心で、決定的なシュートが2本キーパーにはじかれる場面もあり、もったいないな~ってところでしたが、ドルトムントの強さが際立った試合でしたね。

オウンゴールで失点しちゃって、その後は相手ゴールキーパーのスーパーセーブ連発で「おしい場面」ばかりが続き、こうなると焦ったり、ツキや流れが相手に行っちゃいそうなもんなんですけど、まったく動じることなく自分達のサッカーをして、同点どころか逆転してしっかり勝ってしまう。
うーむ。勝負強いっていうか。優勝しちゃうっていうか。香川がスターになってしまうというか。

日本を代表するDFWの矢野さんは後半終了間際に出場しそうでしたが、結局出ませんでした。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。