スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画あり】ジャパンカップはブエナビスタ降着でローズキングダム優勝!

先ほど行なわれた第30回ジャパンカップ。
衝撃的な結果となりました・・・

こんなに豪華メンバーが揃うことは見たこと無いぐらいのメンバーで、僕もハートビートがハンパない(byだいご)って事でドキドキしながらレースを見ました。

古馬勢はG15勝のブエナビスタを筆頭に、凱旋門賞2着のナカヤマフェスタ。
天皇賞春の優勝馬ジャガーメイル。
昨年のJCでウオッカに迫った菊花賞馬のオウケンブルースリー。

さらに3歳勢はほぼ全員集合で、ダービー馬エイシンフラッシュ。
皐月賞馬のヴィクトワールピサ。
2歳王者でダービーと菊花賞2着のローズキングダム。
天皇賞で出遅れながらも2着に突っ込んできたペルーサ。

いないのは菊花賞馬のビックウイークと牝馬勢ぐらいで、ほとんどの馬がそれなりの体調で無事に出走しました。

海外勢も実績は劣るものの8頭も出てきて、たくさんの一流外国人ジョッキーが出てきていて、まさに国際レースって感じでしたね。





スタート後、ゲートで暴れていたペルーサがいつも通り?の出遅れ。
僕の馬券もかなりこの時点で死亡(涙)
そして、玉砕覚悟?でシンゲンが逃げる展開となりましたが、ペルーサ最後方以外はそれぞれがいいポジションを取りました。
1000mが1分0秒7と平均からちょっと遅いぐらいの展開。

そして直線に入り、ヴィクトワールピサが抜け出したところにブエナビスタが鬼足で突きぬけ、ローズキングダムがヴィクトワールピサを差したところがゴール。
その後ろはジャガーメイルやペルーサ、エイシンフラッシュなども来ていましたが届かず。



ただ、審議になりよーく見ると、ローズキングダムがヴィクトワールピサとブエナビスタに進路を阻まれローズキングダムは手綱を引いた場面がありました。
おまけにローズはエイシンフラッシュにもぶつけられてるし・・・

30分近くに及ぶ審議の結果、まさかのブエナビスタ降着。
ローズキングダムが繰り上がり優勝。ブエナビスタが2着に。

1着ローズキングダム
2着ブエナビスタ
3着ヴィクトワールピサ
4着ジャガーメイル
5着ペルーサ


まさかの結果に、びっくりですね。
正直、あれぐらいの不利で降着にはならないと思っていましたから。

とりあえず、これでケガで出遅れていた武豊が中央G1獲得記録を更新しまして(地方G1は勝っている)、僕個人的には2歳時から応援していたローズキングダムが勝ったので馬券は外れましたけど、素直に喜びたいと思います。
本当に成長していますね!!

それと、驚いたのはヴィクトワールピサの激走。
正直、切れ勝負には厳しいし、凱旋門賞からの挑戦で体調も不安視されていましたが、ギュイヨン騎手はヴィクトワールピサの力は120%出しましたね。
素晴らしい騎乗でした。

それで、ブエナビスタですが、正直ちょっと降着は厳しいよな・・・
ヨーロッパ競馬なんかではあれぐらいのぶつかりや不利は日常茶飯事ですし、凱旋門賞でもナカヤマフェスタはバチバチぶつけられた上に手綱を引く場面もありましたけど、審議にすらなりませんでしたし。
ブエナビスタ騎乗のスミヨンからすれば「何で?」って感じでしょうけど、まあ日本のレースなんで日本のルールでやるのはある程度仕方ないかな。

圧倒的に強かったし、現在最強馬である事は証明したので、有馬記念が楽しみですね。
これでブエナビスタの価値が下がるわけではないので、来年はどうするのかわかりませんが、レッドディザイヤとの戦いがまた見たいな~

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。