スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エバートンがベッカムにラブコールな件!!

ベッカムさんは35歳だってのに、人気ありますな~

プレミアリーグのエバートンのマネージャーであるDavid Moyes(デビットモヤ?)さんがベッカムに短期のレンタル移籍をしないかとオファーしているんだとか。

Everton manager David Moyes has offered David Beckham the opportunity of returning to the Premier League on a short-term loan deal.
(エバートンのマネージャーデビットモヤは短い期間のローン契約でプレミアリーグに戻ってくる機会を与えるためベッカムにオファーしている)

引用元:Everton boss David Moyes offers David Beckham loan move


今でもベッカムはアメリカのロサンジェルスギャラクシーにいるわけですが、昨年もオフシーズンにACミランでプレーしていました。
どんだけタフだ!ってわけなのですが、はしゃぎすぎちゃってアキレス腱切って、夢のW杯に出られなかったのでさすがに超人でもこのスケジュールは無理だったのか?

エバートンのマネージャーは、「オレかネビルに電話してくれ!」なんて気軽なコメント。
フィルネビルはエバートンのキャプテンですが、マンU時代からのベッカムの友達だからです。

"We would have to look into it financially. But if he came and said to me 'I would like to come and play' then I would have to go to the chairman and ask if we could make it work by selling enough replica shirts."
(我々はお金の話のしないといけない。しかし、もしベッカムがエバートンでプレーしたいと言ってくるならば、その時はチェアマンのところに行って、もし作ればレプリカシャツが飛ぶように売れるから問題ないよと言ってくるよ)


とまーある意味ベッカムの給料はベッカム人気で稼げるよ!とまた軽いコメント。
ついでに昨年からエバートンにいるアメリカ代表のドノヴァンも契約延長して欲しいそうで。
ギャラクシーは大変だね・・・

さすがにベッカムはケガ明けでMLBのシーズンを戦って、行く気はないような事を言っていますが、この記事ではエバートンでプレーすればイングランド代表監督のカペッロの目に止まるかも・・・なんて煽っています。
カペッロはもう呼ばない的発言をしていますが、ベッカム自身イングランド代表でのキャップ数は115試合らしく、あと10試合でイングランドNo.1になるらしいですし、本人は代表と言うものをすごく大切なものと考えているので代表復帰はして欲しいですけどね。

ただ、これじゃ何のためにアメリカ行ったんだ状態ですよね・・・

生活環境とかもあるんでしょうけど。

ともかく、いくつになってもベッカムは人気ですね。
現在はオーストラリアでギャラクシーの一員として試合なんかをやっているようですが、この後は2018年のW杯招致活動に参加する事になっていますので、すぐにスイスに飛ばなきゃならない多忙ぶり。

まあなんつーか、スターの中のスターって事ですね。
若い頃は激しい嫉妬で「別に・・・by沢尻エリカ」ってわけで、特に好きでもなかったのですが、今となってはネ申に近い存在です。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。