スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA公式HPで香川真司特集!!全文翻訳してみました!!

これはかなりすごい事ですが、FIFAのオフィシャルサイトに香川を特集した記事がアップされています。
もちろん英語ですが、ぜひ皆さんにも見て頂きたいので翻訳してみました。

ちなみに僕の英語力はTOEIC570点なので、細かい間違いは許してください。(決定的な間違いは指摘をお願いします)
それに適当にそれっぽい言葉に変えている箇所もかなりありますので。

(原文)
Kagawa: Pace and agility are big weapons
香川:ペースと機敏さは大きな武器
http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1344046.html

fifakagawa.jpg





(翻訳)
ボルシア・ドルトムントは他のどのドイツブンデスリーガチームが現在出来ていないペースで走っています。
無人地帯であったここ10年のあとに、1996/97年UEFAチャンピオンズリーグの勝者は前の輝かしい日々を思い出させてくれるような豊かなスタイルをヒットさせています。
そして、1位という順位を残りも明らかにそのまま駆け抜けようとしています。

ユルゲン・クロップ(監督)のチームは、バイヤーレバークーゼン相手にホームで2対0の敗北から始まりました。
しかし、そこから13ゲーム負けなし。それらの試合でも12試合は勝利で、1試合だけ引き分け。そして、ボルシアはアウェーで行われた7試合すべてを勝利しました。

驚きもなく、BVBはリーグのトップにいて、2位のマインツに7ポイントの差をつけています。
さらに彼らは35ゴールでリーグトップの得点、さらに9失点と最も少ない失点。

イエローとブラック(ユニフォームの色)の選手の中で個々で傑出しているのは、ゴールキーパー「Roman Weidenfelle」(ロマン・バイデンフェラー)、MFの頭脳である「Nuri Sahin」(ヌリ・サヒン)、ストライカーの「Lucas Barrios」(ルーカス・バリオス)、そして今までまったく無名で入団してきた香川真司。

その21歳の香川は昨年の夏にJリーグのセレッソ大阪から入ってきました。そして、そしてその時からヨーロッパサッカーシーンで爆発しています。
ドルトムントは日本に350,000ユーロ支払いましたが、しかし、香川のマーケット価値は数ヶ月で100万ユーロ以上に上がっているでしょう。。

香川のコメント

ドイツ人選手は一般的に高さと強さがあります。しかし、彼らに対してペースと俊敏さはとても使える武器となっています。


香川は14試合で7回ネットを揺らし、1アシストを記録。
しかしながら、ボルシアの日本の宝石は、FIFA.comに話したときには謙遜していました。

「僕達は最近のボルシア・ドルトムントにていくつかのすごい結果を残しています。しかし、僕は自分自身のパフォーマンスに100%満足できていません。改良すべき点がまだあります。」と香川は話しました。

神戸生まれの攻撃的ミッドフィルダーは、非常に早くヨーロッパでの彼の新しい生活に適応しています。そして、彼自身もまた「とてもなじんでいます。それは僕が考えていたよりもかなり早かった。ドルトムントに来れてとても嬉しいです。」

とは言っても、背番号23のユニフォームを着るその男は、彼のホームリーグでクオリティをアップさせるために、彼の要求する基本レベルまで到達するために一生懸命仕事をしなければなりません。。
「重大な違いがある」と香川は言いました。「BVBで本当に重要な事は、チームのためにみんなが一生懸命にプレーすること。私はその中の一部です。そして、いい結果に貢献出来ていることが嬉しい。」

身長172cm、ちょうど63kgと華奢な体の香川は、たくさんのドイツの一流の対戦相手とのフィジカル面での戦い方について素早く学んでいっています。

彼は先週末にスリリングなBVBの8万人ホームサポーターの前でシーズン7ゴール目となる彼の重要な得点をたたき出しました。そして、彼のサイドで組み立て下位チームであるボルシア・メンヘングラートバッハ相手に結局勝利を収める原動力となりました。
称賛のすべての賛美歌のために、香川はグラウンドの上では力強くプレーし、そしていつも自分の事よりチームについて話すことを好みます。
「僕達の選手全員が本当に毎試合一生懸命プレーしています」彼は話します。「僕達のチームは若いし、ハングリーです。そして、勝ったすべてのゲームにおいてもっともっと刺激を受けています。」

日本のセクレター達は日本でやっていたガンバでの(セレッソの間違いだと思う)127試合出場中57ゴールを上げた時の香川のスタイルと変わっていないという印象を受けているようです。そして彼らはドイツでの香川の現在の活躍に魅了されています。
「自分の国を代表しているのは大変な名誉です」と2008年に日本代表にデビューした香川は言いました。
「私がその期待に応える事が出来て、日本サッカーの進歩や改善に貢献し続けることが希望です」

前の日本代表監督の岡田武史は2010年南アフリカW杯で彼のチームから香川を外しました。しかしザッケローニ監督の下で、21歳の香川はサムライブルーとして中心的な役割を担っています。
「日本代表でプレーする時はとてもいい気分です。そしてフォワードとしてゴール前で得点チャンスを作ることを期待されている事はわかっています」と香川は話しました。
香川は数週間前に行われたパラグアイ戦で代表3点目のゴールで1対0での勝利に貢献しました。

香川のコメント

とても注意深く、相手の誰1人として過小評価したことはない。しかし僕達は明確な目標を持っている。僕らはアジアカップで勝ちたい。


AFCアジアカップは1月にクウェートで行われます。そして香川とそのチームメイトは高い視線を持っています。
香川は我々の単独インタビューに答えてくれました。
「アジアカップは最も大きなトーナメントの1つです。そして、僕は本当にアジアカップを楽しみにしています。僕らはそれに勝つためにそこにいきます。」
4回目の優勝を日本のコレクションに加えるという日本の願いを隠さずに彼は宣言しました。

しかしながら、香川とチームがドーハでトロフィーを掲げる前に、日本はヨルダン、サウジアラビア、シリアとの1次予選をクリアしなければなりません。
ボルシアのミッドフィルダーはそれが簡単なタスクでないことを知っています。
「グループステージの試合はとても重要です。とても注意深く、そして相手選手の誰1人も過小評価しません。しかし、僕らは明確な目標があります。アジアカップで勝つことです」

香川がクラブでの生き生きとしたスタイルを維持できれば、そしてBVBで観客を痺れさせたのと同じように彼のチームメイトやサポーターを奮い立たせることが出来れば、香川と日本チームは大陸決戦において優勝する見込みが十分にあるに違いありません。
(ここまで)

おまけに外国人からのコメントも何個か入っているので紹介します。(日本人はカット)

・香川はボルシアで最も素晴らしいプレイヤーの1人です。彼は素早いひらめきと動きがあります。香川は相手にとって悪夢のような存在です。(アメリカ)
・香川は新しい中村です。(インドネシア)
・香川は歴史を作っている。(台湾)
・私は彼のようなプレイヤーを見るのが好きです。メッシやシャビやC・ロナウドのような。(アメリカ)
・私に取って彼はヨーロッパ全体の中でも最も驚くべき出来事です。(ナイジェリア)
・香川はアジアカップにて日本の最も重要な選手です。(バーレーン)

っと、すべてがいいコメントでして、日本やドイツだけではなく各国で香川の活躍は広まっていることがわかりますね。
正直、日本人の僕でさえここまですぐに結果を出し、大活躍するとは思っていなかったので、名前もろくに知らなかった海外の方はもっと衝撃が強いでしょうね。

いやー素晴らしいとしか言えません!!

関連記事

この記事へのコメント

岩渕猛(たけし) : 2010/12/05 (日) 09:32:04

書き込むのは初めて?だと思います。
ちょくちょくお邪魔して拝見させていただいております。

これを翻訳していただき、感謝です!

これからも楽しみに、ちょくちょくお邪魔させていただきますねっ

レイ : 2010/12/05 (日) 16:37:01

たぶん初めましてですね!!
コメントありがとうございます。

つたない翻訳でしたけど、僕自身興味があったので訳して読みました。
香川はすごいですね。

今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。