スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京J2降格の衝撃!今後はどうなるんだろう??

Jリーグここ数年の中で一番衝撃的な出来事ですね・・・

前回書いたようにゴルフ旅行に行っていたので、Jリーグ最終戦は携帯でチェックして確認していました。
そこでFC東京のJ2降格を知ることに。

ちょっと今さら感もあるのですが、これは試合を見ないことには何も書けないと思ったので、昨日の夜に旅行から帰ってきて、ひかりTVでレイソルの試合そっちのけでFC東京VS京都サンガの録画を確認しました。
それを見た上で感想を書きたいと思います。

正直言って、このメンバーでFC東京が降格するなんて思ってもいませんでした。
僕が思うぐらいなので、FC東京サポーターはもちろんそうだし、試合後に米本が「自分達は大丈夫だろうという気持ちがどこかにあった」と話しているように選手、監督、スタッフみんなが小さくても同じような気持ちがあったのでは?

FC東京の試合を見るといつも思うのですが、「若くていい選手が多いな~」というイメージ。
ピッチにいるほとんどのメンバーが、A代表もしくは年代別代表に選ばれていて、優勝してもなんら不思議のないようなメンバーです。

南アフリカW杯にも出た今野を筆頭に、石川、平山、最近選ばれた権田。
元日本代表の大黒、羽生。
さらには、梶山、徳永、森重、中村北斗。個人的にはレイソルから移籍した鈴木達也。

もっといるのかもしれませんが、僕がパッとメンバーを見て日本代表で見かけたことある選手がどんどん出てきます。
石川を除けば、この試合もほぼフルメンバーだと思いますし、それぞれが世界を相手に修羅場をくぐってきた選手ばかり。

なんでこうなっちゃうんだろう??


数年前にサンフレッチェ広島が降格した際に「なんでこのメンバーで降格なの?」と思った記憶があるのですが、それ以上の衝撃ですね。





さらに最終戦を前にしてギリギリの状況ではありましたが、ヴィッセル神戸側の気持ちになれば、FC東京の方が圧倒的に有利な状況でした。
FC東京は勝てば残留、引き分け同士でも残留。神戸は負ければもし負けても残留。

神戸からすると、神戸が勝つのは絶対。FC東京の負けか引き分けが必須条件でした。
そしてFC東京の相手はすでに降格が決定している京都サンガ。神戸の相手は浦和レッズ。
京都に至っては今シーズン3勝しかしておらず、普通に考えればFC東京は勝てるし、神戸はレッズ相手で苦しいと思うはず。

だけど、蓋を開けたら神戸はレッズ相手に4対0の圧勝。
FC東京は京都相手に0対2の惨敗。

選手メンバーや個々の技術レベルなど、数字では図れない結果となりました。

降格が近づいてくると突然いい試合するパターンはたくさんありますが、今回の神戸はその典型。
残留経験がある神戸や毎年残留争いをして落ちない大宮などは、「まあ、最初からやれ」って感じなのでしょうけど、勝負どころをわかっているというか、経験値が勝っていたというか。
逆にFC東京は「まだ大丈夫!」「まだ大丈夫!」と言っていたら、「大丈夫じゃなくなっていた」っと言ったところでしょうか。

京都サンガとの一戦。
アウェーながら東京からサポーターが大勢詰めかけ、控え選手、ベンチ外の選手も集合。
さらには関係者20~30人も駆けつけ、チーム、スタッフ、サポーターが一体になって勝利を祈ります。

ただ、梶山が「前半は急いで点を取るというよりも、90分間で勝つという気持ちでまずはセイフティに入った。」とコメントしていますが、結局ここら辺の守りの姿勢が裏目に出た感じでした。
残留争いというのは、やっぱり「自分達は残留争いをしているんだ=弱いんだ」を受け入れ、リスクを背負ってでもがむしゃらにいかなければいけません。

京都サンガの秋田監督もこう言っていますし。
「F東京さんは立ち上がりから多分、ガンガン来るかなと思ったんですけど、やっぱり、降格のプレッシャーというのがあって動きがあまり良くなかったので、逆にこちらがいい形でショートカウンターする形が多くなって。イメージ通りの展開が出来ました。」

結果的にセーフティーに入ったはずが、セットプレーでよもやの失点。
この1点がプランを崩してしまい、焦り、混乱を招いたと言えるでしょう。
最初から「2点取られても3点取って勝つ!」ぐらいで考えていれば、1点ぐらいであそこまでの動揺はなかったと思います。

とは言っても、今野のヘディングや平山あたりにも2~3本決定的なチャンスがありました。
どれか入っていれば全然展開が違ったと思うのですが、降格決まって開き直っちゃった?京都サンガのDF陣とGKが素晴らしい集中力を見せて、パワープレーで放り込んでくるボールをことごとく跳ね返します。
(サンガもこの試合ぐらい出来れば、こんな成績にならなかったろうに)

そして、どこまで情報が入っていたかわかりませんが、神戸がレッズ相手に早い時間に3点ぐらい取っちゃって、引き分けではダメの状況に。
画面を通しても伝わる焦りと、僕も一昨年同じ事をしたサポーターの祈るシーン。

ただ、後半残り後少しのところで前掛かりになっていた隙をつかれ、京都GKの投げたボールがそのままスルーパスのような状態になり、GK権田が1対1の場面でファールしPK献上。
これを決められて万事休す。
95%降格が決定した瞬間でした。

試合終了のホイッスルがなり、呆然としながらも神戸の結果をベンチの方を向いて確認する選手達。
ただ、神戸の試合は終わっていなかったものの、残りちょっとの場面で4対0でレッズを突き放しており、それを知っているベンチの選手はすでに号泣。
ピッチ上の選手も泣き崩れるか、状況が把握できずに呆然としているか。

本当にここ数年では見たことないような強豪チームの逆転降格になってしまいました。
これで東京にJ1のチームはなくなり、悲しくもJ2でヴェルディと東京ダービーをやることに。

どこかが落ちるとはいえ、これだけいい選手がいて、サポーターの数も凄まじく多いし、Jリーグ全体や日本代表を考えてもこの降格は痛いと思います。

降格2回のレイソルサポとしてはサポーターの気持ちは痛いほどわかります。。。

うーん。残念だ・・・

相手の京都も降格が決まっているので、ヒーローインタビューを受けたドゥトラもはしゃげるわけでもなく、両チームとも複雑な終わり方でしたね。

決まってしまったのは仕方ないとして、注目は各選手達の動向です。
主力が残れば、今年のレイソルじゃないですが、ダントツ1位で昇格は可能でしょう。
ただ、まだまだ日本代表を目指せる選手が多いだけに、1年いや1年じゃないかもしれないJ2生活は明らかにマイナス。

他のチームからも山のように各選手にオファーが来るでしょうし、今野とか梶山クラスならば海外でも出来る実力があります。
FC東京一筋の選手も多いようなので、選手も苦しい選択を迫られるでしょう。
サポーター心理から言えば、「もちろん残って欲しい」と「もっと高いところでがんばって欲しい」の複雑な気持ちになるかもしれません。

どちらにしても、J2なんかにいちゃいけないチームなのは間違いないし、J2の他のチームからしても「勘弁してよ」って思っているに違いないので、来年であっさり昇格を決めて欲しいですね。
FC東京がJ2にいるなんて、僕もまだ想像できませんね・・・

関連記事

この記事へのコメント

東京都民46歳 : 2010/12/10 (金) 22:22:06

確かにFC東京の降格は予想外も予想外。
でも、BS観てましたけど、神戸は動きが良かったですね。

FC東京が京都にPK献上するシーンに何か運命の手のようなものまで感じてしまいました。

しかし、来年のFC東京は、今年の柏のようにJ2内ではブッチギリの成績でらくらく昇格ではないでしょうか?
予算規模、面子…みんな他とは違っていますし。

来年は東京Vと「東京(味スタ)ダービー」。
またまた「オオ オオ オオ オオオ ヴェルディ川崎!」のチャントがこだましそうです。

ガイナーレ鳥取とは「ゲゲゲの鬼太郎ダービー」
両方とも鬼太郎をマスコットキャラに採用しています。
(厳密に言うと、ガイナーレからは撤退しているそうですが、グッズの一部ではまだ使用しているようです)。
水木しげる御大のキックインで「味スタ・ゲゲゲのダービー」ってことになるかも?

他にも横浜FC、FC岐阜、愛媛FCなどと「FCダービー」などもできます。
水戸には凍傷(わざと)柱谷氏が監督就任。この人、FC東京サポにはさんざんいじられそう。

柏レイソルとの「金町ダービー」が入れ違いになってしまいましたね。ちょっと残念。
それから川崎フロンターレとの「多摩川クラシコ」もないし。

東京Vに向って「お前らかつては川崎だろ。お前らとは『多摩川代理クラシコ』だ」などと言い出したりして。

そう考えると、FC東京がJ2にやってくるのも、けっこう楽しみになってきませんか?

レイ : 2010/12/11 (土) 15:29:39

都民さんて事はFC東京サポですか??
京都にPKを与えた瞬間、万事休すって雰囲気でしたよね~
異様に京都のサッカーもよかったですし。

でも、やばいっすよね。FC東京。
社長?の発言で結構他サポから激怒されてますから。
僕も昇格は堅いと思いますけど、J1とまったく違う試合になるでしょうし、引いて守ってくる相手を崩すのは大変です。

僕もJ2は今年詳しくなったので、いろんなダービーも楽しみです!!
特にベルディはレイソルも負けましたし、東京ダービーは楽しそうですね~

東京都民46歳 : 2010/12/11 (土) 22:36:51

>都民さんて事はFC東京サポですか?

いえいえ、そういうわけでもありません。
別に嫌いというわけでもありませんが。
一応、親の里なので北九州サポのつもりです。
でも北九州の試合はひとつも観ていません。
ついでに言うと柏の隣町・松戸で生を受けたので柏も嫌いではありませんが。

>社長?の発言で結構他サポから激怒されてますから。

いいじゃありませんか。
相手チームのサポ席が熱くなりますよ。
「全勝だ~? 土をつけてやる」とどこもはりきります。
ヒールチームもリーグ盛り上げのためには必要です。

>僕も昇格は堅いと思いますけど、J1とまったく違う試合になるでしょうし、引いて守ってくる相手を崩すのは大変です。

順応してくるでしょう。すぐに。
面子も違いますし、圧倒するものと思います。

>僕もJ2は今年詳しくなったので、いろんなダービーも楽しみです!!
>特にベルディはレイソルも負けましたし、東京ダービーは楽しそうですね~

また、FC東京サポは「ヴェルディ川崎チャントができる!」と喜んでいるような。

東京Vは一番予想しづらいチームかもしれませんね。
柴崎選手が早速川崎フロンターレに引き抜かれましたが、優秀なユースからの昇格選手が活躍すれば、また今年のような戦いが展開できるかも。
今年は若手の大爆発で予想外の躍進でしたし。
高木兄弟を見ていると、西鉄ライオンズ末期の東尾・加藤初を思い出します。戦力層の薄いチームで試合に出ざるを得ず、試合のなかで育ったという選手たち。
サッカーと野球は本来、比較はできない高木兄弟のお父さんは下関出身の元野球選手・高木豊氏ということでご勘弁ください。

しかし戦力層が薄いのがなんとも。怪我人が続出し、若手も期待はずれだとJFL行きレースにからむかも。
(来年、JFLにJ2昇格チームが3チームできると、マジで来年のJ2は降格チームが出ますし)。

東京VはJ1昇格もJFL降格もありえるような…。

レイ : 2010/12/12 (日) 21:46:35

> >社長?の発言で結構他サポから激怒されてますから。
>
> いいじゃありませんか。
> 相手チームのサポ席が熱くなりますよ。
> 「全勝だ~? 土をつけてやる」とどこもはりきります。
> ヒールチームもリーグ盛り上げのためには必要です。

そうですね。
ヒールにならなくても、どのチームもモチベーションは高くなりそうです。

> 順応してくるでしょう。すぐに。
> 面子も違いますし、圧倒するものと思います。

そうですね。今のメンバーが変わらないならば圧倒するとは思います。
ただ、ガチガチに守られて引き分け狙いされたら、どんな強いチームでも苦戦しますから、その可能性はあると思います。

> 東京Vは一番予想しづらいチームかもしれませんね。

ヴィルディは今年、ややムラがあったような気がします。
レイソル戦はモチベーションがめちゃ高かったですからね。
若い選手しだいですね!!

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。